二日酔いには味噌汁やコーヒーが効果的って本当?!ならない方法は?

二日酔いさえなければ、お酒も楽しく飲めるのになぁと言いたくなる時ってありますよね。頭が痛くなったり、吐き気が止まらなかったりとすると本当につらいものです。

今回は、二日酔いの原因や効く飲み物、ならないための予防法などについてお伝えします。

スポンサーリンク

二日酔いの原因は?どんな症状が現れるの?

二日酔いの原因

二日酔いは、体内で分解しきれないアルコールによって引き起こされる症状です。二日酔いの症状を引き起こすのは毒性が強いアセトアルデヒドという物質です。

アルコールは、肝臓内で二段階の分解が行われます。

一段階目はアルコール脱水素酵素によって分解されて、アセトアルデヒドという物質になります。

ニ段階目はアセトアルデヒド脱水素酵素によって分解されて、酢酸になり、さらに炭酸ガス(二酸化炭素)と水になります。

それで、アセトアルデヒドの分解が追いつかなくなると、血液中のアセトアルデヒド濃度が上昇するので、二日酔いの症状が出るというわけです。

二日酔いによる症状

アセトアルデヒドの分解が追いつかないという原因やその他の原因によって、さまざまな二日酔いによる症状が出るようになっています。

吐き気

二日酔いにによって起こる吐き気はいくつかの原因があります。

最も多い原因は胃酸過多によるものです、アルコールは胃酸の分泌を促進するため、胃酸が多すぎて吐き気を引き起こしてしまいます。

また、アルコール分解されているアセトアルデヒドや、アルコールに含まれるメタノールが吐き気の原因になることもあります。

脱水症状

アルコールには利尿作用があります。この利尿作用によって必要以上に尿を出してしまうのです。すると、体内の水分が尿として排出されて脱水症状になってしまいます。

頭痛

アルコールには血管を拡張する働きがあります。頭部の血管が拡張されると、二日酔いの症状であるズキズキとした頭痛の原因です。

他には脱水症状によるのどの渇きや、アルコールの刺激による胃酸過多、胸焼け胃の不快感などの症状もあります。

二日酔いに効く飲み物は?

まず、二日酔い対策に対して水分補給は非常に効果的です。

水分補給に期待されるのは、脱水状態の緩和、水分補給による代謝の活発化、血液中のアセトアルデヒドの濃度を薄める効果です。

二日酔いの症状を緩和することが期待できる飲み物には、

  • コーヒー
  • しじみやあさりの味噌汁
  • グレープフルーツジュース
  • トマトジュース

などがあります。

コーヒー

二日酔いの頭痛の原因は残されたアセトアルデヒドで血管が拡張し、神経を刺激され、頭痛が起きてしまいます。

コーヒーに含まれるカフェインの「血管収縮作用」によって頭痛を軽減することができるのです。

糖分は肝臓の疲労回復にも効果があるので、コーヒーに砂糖やミルクをたっぷりと入れて飲むことをおすすめします。

しじみやあさりの味噌汁

しじみやあさりの味噌汁が二日酔いに良いと有名ですね。

味噌に含まれるコリンという成分にアルコールが肝臓に溜まるのを防止する作用があるとされています。

またあさりやしじみには、豊富なミネラル・アミノ酸が含まれ、特に「オルニチン」という良い成分はアルコールやアセトアルデヒドの分解を促進する働きがあります。

アルコール分解を早くして、アセトアルデヒドの発生期間を短くすることで二日酔いの症状を和らげる効果が期待されます。

グレープフルーツ

グレープフルーツに含まれるフルクトースという果糖には、アセトアルデヒドを分解する働きがあります。

トマトジュース

トマトに含まれているブドウ糖、アラニン、グルタミンには、アルコールの分解を促す効果が期待されます。

二日酔いにならない方法

時には二日酔いが全然抜けない、長引くこともありますよね。実は肝臓がよくない人が二日酔いが長引くことが多いと言われています。

一般的にアルコールの9割が肝臓で分解され、残りの1割が呼気、発汗、排泄などで体外へ出ていきます。肝臓のアルコール分解能力は低下してしまうと、体内のアルコールが抜けなくなって、二日酔いが抜けにくく、長引いてしまうというわけです。

残念ですが日本人は欧米人と比べて肝臓が小さく、肝機能障害を起こしやすい体質です。

長引く二日酔いを早く解消するには、最も効果的なのは肝臓機能を高めてあげることです。

肝臓の機能を高めるには様々な方法があります。最も有名なのは肝臓の機能をサポートしてくれるウコンです。漢方にもよく使われています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【秋特価】【送料無料】ウコンの力 1ケース(100ml×60本)
価格:8964円(税込、送料無料) (2017/9/16時点)

 

筆者が飲み会前にお世話になるのはこのハウス食品から販売されているウコンの力です、お酒を飲む前にこのウコンの力飲んでおくと、二日酔いになりにくく、早く解消することができます。ぜひ試してみてください。

二日酔いを予防するには?

まず飲み過ぎないようにする事ですね。

お酒を飲むのを避けられない場合は、水分補給と空腹状態を避けることを心がけておきましょう!

お酒を飲む前には、「ウコンの力」やペットボトル1本分くらいの水を飲むことがおすすめです。肝臓の機能を高めながら、アルコールによる脱水状態になることを防止できます。

ヨーロッパの人々はお酒を飲む前にスプーン一杯のオリーブオイルを飲むという習慣は世界中で有名ですね。これも二日酔いの予防に繋がります。

また、空腹状態でアルコールを摂取すると胃の粘膜へのダメージが大きくなるので、事前に、バターやヨーグルトなどの脂肪分を含んだ食べ物をお腹に入れると、胃の中におけるアルコール吸収が阻害され、血中アルコール濃度が上がりにくくなりますので、二日酔いの予防ができます。

まとめ

二日酔いは、アセトアルデヒドの分解が間に合わないことや、脱水症状、胃酸過多、血管拡張による頭痛などの症状などが絡み合うように引き起こされます。

飲酒前には、ウコンの力や水での水分補給、空腹状態にしないことなどの対策をしましょう。

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。