ルバーブとはどんな野菜?味は?ルバーブジャムの作り方をご紹介!

ルバーブってご存知ですか?

このルバーブは野菜なのに、ジャムやパイなどのスイーツの材料によく使われ、あまり人々に知られていない、変わり種の野菜なんです。

そのルバーブについて、栄養や効能、ルバーブジャムの作り方までお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ルバーブってどんな野菜?

ルバーブの原産地はシベリア南部、寒い地方で生産される事が多い野菜で、ヨーロッパなどではよく食べられています。現在は日本国内でも、北海道や長野県などの気温の低いところで栽培され、5月~9月の間に収穫されます。

見た目はちょっとフキに似ていますが、味も用途も全く違います。

食用になるのはルバーブの茎の部分で、葉の部分はシュウ酸が多く含まれているので食べる事は出来ません。

加熱するとすぐ溶けてしまうという特性を活かして、ジャムなどに使われるようです。サラダとしてはあまり食べられる事がないですね。

茎の色は、赤タイプ、緑タイプ、赤から緑のグラデーションタイプの3種類あり、その茎の色で、出来上がるジャムなどの色も変わってきます。

ルバーブってどんな味がするの?栄養や効能は?

ルバーブの味

ルバーブは、かなり酸味の強い野菜です。そのまま食べると酸っぱくて少し渋みがあり、独特の香りがします

砂糖ととても相性が良いので、海外でも日本でも主にジャムとして使用されています。

ルバーブに含まれている主な栄養素とその効能

食物繊維

ルバーブは、食物繊維がたっぷり含まれています。

食物繊維にはお腹のお掃除、糖やコレステロール値の上昇を抑え、生活習慣病を改善・予防する効果・効能があります。

カリウム

ルバーブには、カリウムが多めに含まれることも特長です。

カリウムは体の中の老廃物を水と一緒に排出する働きがあるので、むくみ改善につながります。

カルシウム

ルバーブには、カルシウムも含まれいます。健康な骨や歯を作るためには欠かせないカルシウムはビタミンDと一緒に摂取すると更に効果が上がる。

ルバーブのカロリー

カロリーは、生のルバーブが100gで19kcalととても低カロリー。

ジャムを作る時なども、カロリーオフの甘味料を使えば、かなりのダイエット効果が期待できます。

ただ、いくつか注意点があります。ルバーブには、子宮の収縮効果があるので、妊娠中または出産後の女性は、ルバーブを食べる時、必ずお医者さんに相談して下さい。

同じ理由で、月経の時にも、なるべく避けたほうがよいそうです。

後は、やはり食べ過ぎるとお腹が下ってしまうので、低カロリーだからといって食べすぎないようにしましょう。

美味しい食べ方は?

ルバーブを食べるには、やはりジャムにしてヨーグルトに入れたり、パイにしたりするのが適しています。

という事で、クックパッドのレシピから、ルバーブのパイの作り方をご紹介します。

超簡単☆ルバーブパイ

材料:

(パイ皿一皿分※カナダ計量カップ250ml使用)

  • ルバーブ:4カップ
  • 砂糖:1と1/3カップ
  • 小麦粉:大さじ6
  • バター:大さじ1
  • パイ生地(出来合いのもの):底用と蓋用の2枚
  • 卵(艶出し用):半分

作り方:

  1. オーブンを230度(450F)に温めておく。ルバーブは洗ってひと口大に切る。パイ生地のうち一枚をパイ皿に敷いておく。
  2. 小麦粉と砂糖を混ぜ合わせ1/4の量をパイ生地の底の部分にまんべんなく振りかけておく。
  3. その上に切ったルバーブを引き詰め、残りの砂糖と小麦粉を混ぜ合わせたものを振りかける。
  4. サイコロ大に切ったバターをその上に散らす。
  5. 残りのパイ生地で蓋をし、底生地とくっつけるように端をフォークで押さえる。パイ皿からはみ出た余分な生地はナイフで取り除く。
  6. 生地の表面に所々フォークなどで穴を開け蒸気が逃げるようにしておく。
  7. 卵を少量の水で溶いたものを刷毛で表面に塗っておく。
  8. オーブンの下段で15分焼き、温度を175度(350F)に下げさらに40~45分焼いて出来上がり。

(参考:クックパッドのちゃあぽおさん作)

ルバーブジャムの作り方について

ルバーブジャムの作り方です。ルバーブの生産者の方から伝授された作り方をご紹介します。

材料(1瓶分):

  • ルバーブ:300g
  • きび砂糖:90~150g
  • レモン汁:大さじ1

※砂糖はルバーブの重さの30~50%を目安にすると良いようです。

作り方:

  1. ルバーブを1cmに切る。
  2. ルバーブを鍋(テフロンやホーロー加工の鍋)に入れ、きび砂糖をまぶして30分置いておく。
  3. 30分置くと水が出てくるので、木べらを使って強火で炒めるように加熱する。
  4. まわりのスジが溶けてきたら、弱火で10~15分混ぜながら煮た後、レモン汁を入れて出来上がり。

(参考:Nao★cafeさん作)

今回は赤いルバーブを使っているので赤いルバーブのジャムが出来上がりましたが、緑色のルバーブを使うと緑色のルバーブジャム、赤から緑のグラデーションのルバーブを使うと、茶色いルバーブジャムが出来上がりますよ。

3色揃えて、スイーツの彩りにしても綺麗で美味しそうですね。

ルバーブジャムはどこで購入できるの?

 

ルバーブのジャムは、酸味はしっかりして爽やかな初夏向きなお味です。近年料理家やマスコミ等でルバーブが頻繁に紹介されており、特に赤いルバーブは人気上昇中です。

ルバーブの産地である北海道や長野県で買ったり、楽天市場でワンクリックで入手したりする事が出来ますので、まだ食べた事のない方は是非食べてみて下さいね。

まとめ

ルバーブについていろいろ紹介しましたが、いかがでしょうか?

ルバーブは豊富な栄養成分を含んでいるので、期待できる効果や効能もたくさんあります。まだな方は是非食べて見てくださいね。

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。