パイナップルアレルギーの症状は?舌の痛みや喉のかゆみもアレルギー?正しい食べ方は?

パイナップルを食べると、美味しいんだけど何だか舌や口の中がヒリヒリ痛くなった、なんて経験のある方、いらっしゃいませんか。

この症状、パイナップルのアレルギーである場合と、そうでない場合があります。その原因や、口の中が痛くならないパイナップルの食べ方などをご紹介していきますね。

スポンサーリンク

パイナップルアレルギーの症状について

パイナップルのアレルギーの主な原因は、口腔アレルギー症候群(こうくうアレルギーしょうこうぐん)です。

口腔アレルギー症候群というのは、未調理の果物、生野菜、スパイス、ナッツ類など食べてから1時間以内に口や唇にかゆみや腫れが引き起こされる植物アレルギーのことです。

主な症状は、

  • 口の周りや内部のかゆみや痛みやイガイガ感
  • 喉のかゆみや傷みやイガイガ感

パイナップルのアレルギーの症状は、他のアレルギーに較べるとそれほど強くないのですが、他のアレルギーも持っている場合、さらに重くなる場合がありますので、アレルギーがあるかどうかを確認しておく事が大切です。

パイナップルを食べると舌の痛みや喉のかゆみの原因は?

パイナップルのアレルギーでなくても、食べた時に舌が痛くなったり喉がかゆくなったりイガイガしたりする場合があります。

その原因は、パイナップルに含まれている「プロメライン」という成分です。

ちょっと怖い話ですが、この成分にはたんぱく質を分解してしまう働きがあり、それによってたんぱく質を溶かされてむき出しになってしまった舌や喉が痛くなったりかゆくなったりするんです。

このプロメライン、熱にとても弱い性質があるので、火を通したパイナップルや、製造時に加熱されている缶詰のパイナップルを食べる場合は、その現象が起こらないので安心です。

アレルギーのある方でも、加熱後のパイナップルなら大丈夫、という場合が多いようですが、やはりアレルギーがあるかどうかを確認してから食べるようにしましょう。

パイナップルを食べると胃痛や腹痛の原因は?

パイナップルを食べてお腹が痛くなっちゃった、なんて経験はありませんか?

パイナップルを食べた時に起こる胃痛・腹痛は以下の原因が考えられます。

プロメラインによるアレルギー反応

アレルギー反応は、口や喉の症状以外の、胃痛という形でもあらわれます。

パイナップル自体が古くなっていた

パイナップルは、収穫後に熟して食べ頃になる、という事がなく、日持ちのしにくい果物です。つい他の果物と同じように食べ頃を待っていて傷んでしまった、という事が起こりやすいのでご注意下さい。

パイナップルの酸味で胃に負担がかかった

パイナップルのアレルギーはないけれど、元々胃腸の弱い方にはよくある症状です。特に空腹時に酸味の強いものを食べると、パイナップルに限らず、胃を傷めてしまう事が多いのです。

胃腸が弱い自覚のある方は、パイナップルを食べるタイミングにも気をつけましょう。

パイナップルの正しい食べ方

ちょっと怖い話が続いてしまいましたが、食べ方やタイミングに気をつければ、パイナップルを美味しく食べる事が出来ます。その方法についていくつかご紹介します。

食前または食間(食事と食事の間)に食べる

果物は、果物に含まれている酵素の影響で、腸の届くのが他の食べ物に較べてとても早いです。

その酵素が、腸の状態を調えた上で、後から入ってくる食べ物を分解吸収するという素晴らしい働きをしてくれます。ダイエット効果だけでなく、新陳代謝を促し、疲労回復にとても効果的なんです。

ただし、前の項で書きました、胃腸の弱い人の場合は、食前に食べる場合は、加熱されているパイナップルを食べるようにしましょう。

パイナップルを加熱する

パイナップルは、ピザのトッピングとしてポピュラーですし、酢豚に入っている場合もありますね。

酢豚のパイナップルは好き嫌いが分かれるようですが、パイナップルに含まれているたんぱく質を分解する酵素は、肉を柔らかくする働きがあり、肉類ととても相性が良いので、一緒に食べる事をお勧めします。

お菓子に使う場合は加熱してから

プロメラインがたんぱく質を分解してしまうので、例えばゼリーには、生のパイナップルは使わない方が良いです。(ゼラチンを溶かしてしまいます)

加熱したものか、すでに加熱処理されている缶詰を使いましょう。

まとめ

パイナップルのアレルギーや、それに似た症状についてお伝えしましたが、食べ方に気をつければ、アレルギーの方以外は安心して食べられる、栄養価も高くダイエット効果も期待できる素晴らしい果物です。

食べると口や喉がイガイガするという方は、念のためにアレルギーのチェックをした上で、加熱するなどの工夫をして、美味しくパイナップルを食べて下さいね。

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。