ルイボスティーってどんな味?カフェイン含有量ゼロって本当?!美味しく飲み方は?

ルイボスティーと言えば、最近女性の間で美容効果が高いと人気が高まってきているお茶です。

まだ飲んだ事がない方には味、そして効果効能が噂通りなのか気になるところではないかと思います。その辺りのいろいろを調べてみました。

スポンサーリンク

ルイボスティーとは?どんな味がするの?

ルイボスティーは、南アフリカ共和国にあるセダルバーク山脈一体にのみ自生する針葉樹ルイボスの葉を乾燥させて作られたお茶です。

このルイボス、特殊な環境下(乾燥した30度以上の温度差の高い場所)でしか生息しないため、他の場所での栽培は現状では出来ていないそうです。

味ですが、味わいの表現として調べてみたところでは、

  • 味が薄くて飲みやすい
  • クセがない
  • ほうじ茶っぽい
  • ほんのり甘みを感じる

など。麦茶に似ている、という意見もありました。

ルイボスティーの効果・効能は?

含まれている栄養素

ルイボスティーには含まれている栄養素は、多くある中、特にすごい働きをするのが、SODという強力な抗酸化作用を持つ酵素です。

このSOD酵素は、サビつきの原因である活性酸素を除去する働きがあり、酸化による様々な病気の予防に効果的です、

このSOD酵素の健康効果を箇条書きにしますと、

  • 免疫力や抵抗力の向上
  • 生理時の痛みや体臭等の原因になる活性酸素を減少させ、新陳代謝を活性化
  • 腸内のお掃除効果と機能の活性化
  • 体内の毒素を排出する効果

などなど。

他にも、ルイボスティーにはミネラル、亜鉛、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄分などが含まれていて、それぞれ体質改善や美容効果をもたらしてくれるんです。

効果・効能

ルイボスティーはアンチエイジング・美肌・妊活・むくみ・ダイエットなど、健康や美容に敏感な女性にとって、嬉しい効果・効能がたくさんあります。

健康面の効果

貧血の予防と改善、むくみ・冷えの改善、腸の不調である便秘・下痢などの改善

辛い体質や疾病の改善

加齢臭・体臭の抑制効果、花粉症の改善、水虫の改善、糖尿病・痛風の予防

婦人科系の不調の改善

生理痛の緩和、不妊の改善、更年期症状の改善

お肌の不調の改善

アンチエイジング・美肌効果、アトピーの改善

ダイエット効果

代謝も良くなり体質を改善してくれるので、痩せやすい体へとダイエット効果も優れています。

その他の緩和したい症状の改善、リラックス効果、ストレスの緩和、安眠効果、二日酔いの症状の緩和、夏場は辛い熱中症の予防や、夏バテの予防効果もあります。

ルイボスティーにはカフェイン含有量はゼロ!

実はルイボスティーには、カフェインが一切含まれておりません。

カフェインは、興奮剤と同様の役割があるため、摂取し過ぎてしまうと、体に負担をかけます。

ルイボスティーにはノンカフェインなので、たくさん飲んでも普通に眠られますし、胃が悪くなることもありません。

そのため、カフェインを摂取してはいけない妊婦や、高齢者の方、胃腸が弱い方は、安心して飲むことができます。

どうして不妊改善に効果的なのか?

効果効能の中に不妊の改善、というものがありましたが、実際どうなのでしょうか。そして何故効果があるのでしょうか。

それは、前の効果効能の章で書きました、SODという酵素が大きな役割を果たしています。

この酵素、体内の不調の原因の多くである活性酸素を除去する働きがあります。それは、婦人科系の症状に対してとても有効。生理痛の緩和や更年期障害の症状の緩和という効能でも表れます。

妊娠に必要な子宮の環境を阻害する活性酸素を除去する事で、妊娠しやすい身体に調えてくれるんです。

妊娠を妨げている理由の一つにストレスも挙げられますが、このストレスも、ルイボスティーを飲む事で緩和される事が証明されていますので、体質には問題ないのになかなか子供が出来ない、という方は、試してみる価値は十分あります。

美味しく飲み方

ルイボスティーの飲み方ですが、他のお茶類と同様、淹れ方によって味わいや美味しさも全然違ってきます。

良い茶葉を選ぶのは勿論前提ではありますが、それほど高くない茶葉でも、淹れ方によってとても美味しくする事が出来ます。

ルイボスティーは、大体ティーバッグタイプまたは粉末タイプまたは茶葉タイプを選べます。

ティーバッグをカップにいれてお湯を注ぐ、というのが一般的ではありますが、より美味しく飲むために、お湯で煮出す事をお勧めします。

それが、一番ルイボスティーの味と栄養を活かす事が出来る淹れ方だからなんです。

ホットでの淹れ方

  1. ヤカンに1.5~2リットルほどのお湯を沸かす。(お茶の濃さの好みで調整)
  2. 沸かしたお湯に、ティーバッグなら1個、茶葉なら5gほどのルイボスティーを入れる。(この量も濃さの好みで調整)
  3. お鍋の蓋はしないまま、5分から30分煮出す。これも好みで調整。
  4. 火を止めた後、10分ほど蒸らして完成。

煮出し時間に幅があるのは、5分でも十分美味しく飲めるためです。

ただ、長めに煮出したほうが、ルイボスティーの味が深まり、栄養成分も十分抽出されるので、長めに煮出した方が良いでしょう。

煮出したルイボスティーを冷やしておいて、食事の時の麦茶感覚で出しても良いですし、ミルクを入れてミルクルイボスティーにするのもお薦めです。

お好みでちょっと生姜を入れると、栄養効果も更に高まりますし、温まりますし、美味しさも引き立ちますよ。

格安で購入する方法

 

楽天市場でルイボスティー(3g×100個)とオーガニックルイボスティー(2g×101個)2種類選べます、しかも送料無料、価格は税込で1,000円だけ!

まとめ

ルイボスティーはカフェインを含んでいないため、カフェインの摂取を控えている方、妊娠している女性や赤ちゃん、小さなお子さんでも安心して飲むことができます。

お茶を飲みたいけど、カフェインが駄目、という方も、是非ルイボスティーでティーブレイクを楽しんで下さいね。

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。