歯を白くしたい!中学生でもできる自宅で歯を白くする方法!

一昔前に比べると、歯を白くするという意識が高まってきています。それは、他人から見られる印象の良くなるばかりだけではなく、自分の笑顔に自信を持てるようになるという理由もあるですね。

今回は、歯を白くしいと考えている人のために、中学生でもできる歯を白くする方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

歯を白くするためにどんな方法があるの?メリットとデメリットは?

では歯を白くするためにどんな方法があるのか?見ていきましょう。

クリーニング

クリーニングは、歯磨きだけでは除去できない歯の付着物を取り除く施術です。施術内容には、保険適応と保険適応外のものがあります。

通常、歯周病の治療を目的とした場合は保険適応となります。歯石の除去から歯磨きの指導までが治療の範囲となります。ですから、歯を白くするための着色汚れの除去は治療ではないため、保険適応外となります。

着色除去目的のクリーニングコース(方法)として、あるデンタルクリニックの例を参考に紹介しておきます。ティースクリーニング、ケミカルクリーニング、PMTCコース、スモーカーズコース、メンテナンスクリーニングなどがあり、料金には幅があります。

着色除去目的のクリーニングでは、歯の表面の汚れを落とすことはできます。もともと歯の色が黄色い場合は、クリーニングで白くすることは難しいようです。

ホワイトニング

着色除去目的のクリーニングが歯の表面の汚れを落とす施術であるのに対して、ホワイトニングは歯の表面と内部の有機着色物を漂泊して無色化する施術になります。

ホワイトニングは、歯医者で行うオフィスホワイトニングと自分で行うホームホワイトニングの2種類に分けられます。

ここでは、オフィスホワイトニングについてお伝えします。

オフィスホワイトニングは、歯の表面にホワイトニング剤を塗ったあと、光を当てることによって、ホワイトニング剤を活性化させて脱色していくという施術が行われます。

ホワイトニング剤を塗った歯に当てる光の種類には、ハロゲンライト、アルゴンレーザー、スピードホワイトニング、FAPホワイトニング、プライトスマイル、ZOOM、ビヨンド、LEDなどがあります。

オフィスホワイトニングの最大のメリットは、短期間で歯を白くすることができることです。デメリットには、定期的に行うには費用がかかることがあげられます。

マニキュア

ここでは、歯科医院で行う方法についてお伝えします。

歯のマニキュアは、歯の表面に専用のコーティング剤を塗るという方法です。ホワイトニングの歯の色素にアプローチするという施術とは違う方法になります。

即効性があること、歯の表面を傷つけない方法であることがメリットとしてあげられます。そして、コーティングなので長続きしないのがデメリットとなるでしょう。

歯科医でのマニキュアの持続期間は1~3か月くらいです。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングは、レジンというプラスチックを歯に盛って、歯の形や色を回復させる施術です。

必要最小限の範囲を削って治療することができるので、部分的に変色がある歯への施術には有効です。また、多種類のレジンの使用により、自然な歯の色調や透明感を再現することができます。

セラミックほどに色は持続しないので、その部分だけを補修したり、メンテナンスを行ったりする必要があります。

セラミック

これまでの治療では、主に金属やプラスチックが使われてきました。しかし、それらの素材には時間の経過とともに劣化してしまうという弱点もありました。特に金属はイオン化して歯茎を変色させたり、金属アレルギーを引き起こしたりする問題点もありました。

最近は、金属のようなアレルギーがなく、歯に色が似ている、セラミックを使うことによって、これまでの治療の欠点を補うことが可能となっています。

デメリットは、保険適応外で自費になることです。オールセラミックの例として、4本分で60万円くらいかかります。

中学生でもできる自宅で歯を白くする方法!

中学生くらいになってから歯の審美性に関心を抱く人が増えていますよね。

中学生だとまだ歯の成長が完了していません、歯科クリニックなどでホワイトニング治療が受けられますが、歯のトラブルが起こる可能性も高いので、やめたほうがよいでしょう。

ここでは中学生でもできる自宅で簡単な歯を白くする方法をご紹介します。

ホワイトニング歯磨き粉を使用

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セッチマはみがき 120g[サンスター settima(セッチマ) 美白歯磨き]
価格:1273円(税込、送料別) (2017/2/11時点)

 

毎日の歯磨き粉を変えるだけでだんだんと歯が白くなる歯磨き粉です。

「セッチマはみがき」は、歯を白くするドイツ生まれのブランド歯磨きです。歯垢を取り除き、お口の臭いも防ぎます。

歯の汚れを落とす効果が高いので、週に2~3回、もしくは汚れが気になる時にお使い下さい。

マニキュア・セルフで行う方法

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

歯のマニキュア【送料無料】胡粉美人歯マニキュアEX
価格:2138円(税込、送料無料) (2017/2/10時点)

 

歯のマニキュアは、市販のものがあります、歯にマニキュアを塗るような感覚なので、自宅で簡単に、歯の汚れや歯のくすみをカバーできます。

さらに、厚く塗ることで、銀歯も白くカバーし、銀歯を隠すことも出来ます。

重曹(食用)で、うがいをする

 

水100ccに小さじ半分の重曹(食用)を混ぜて、30秒くらい口うがいをする。

重曹は歯を白くするだけでなく、虫歯予防に効果的なんです。実際に、重曹入りの歯磨き粉も市販されてます。

ココナッツオイルで口をゆすぐ(オイルプリング)

 

スプーン1杯のココナッツオイルを口に含んで、15分~20分程ゆすぎます。そのあとは、白湯で口の中をサッパリさせてください。

オイルプリングはインドの健康法のひとつで、歯のホワイトニング効果や口臭、歯周病、虫歯、歯肉炎の予防効果が期待できます。

まとめ

歯を白くする方法は色々ありますがご自分の歯の状態によって、方法を選んでください。

どれも気軽に出来るやり方なので、ぜひ試してみてください。

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。