つわり(悪阻)で性別がわかるって本当?気持ち悪い時の解消法は?

赤ちゃんが出来て嬉しいけど、つわりは本当につらい、とよく耳にしますよね。

このつわり、妊娠すると誰にでもあるもの、という訳でもなく、個人差がかなりあります。例えば、妊娠に気づかない位軽い人もいれば、酷すぎて入院する人まで様々です。

そのつわりについてのいろいろをこれからご紹介していきます。

スポンサーリンク

つわり(悪阻)とは?いつからいつまで?

つわり(悪阻)について

つわりは、漢字で悪阻と書きます。妊娠初期に起こる吐き気などの症状の事です。

妊娠5~6週頃から始まり、12~16週頃に治まるのが一般的ですが、大体1ヶ月から2ヶ月吐き気と戦うなんて、考えただけでとても辛そうです。

この辛いつわりですが、何故つわりが起こるのか、実ははっきりとした原因は解明されていません。

つわりが起こる理由として考えられているのは、

  • ホルモンバランスが変わるため
  • 妊娠で体質がアルカリ性から酸性に変わるため
  • 心理的な要因
  • 妊婦が摂取した有毒物から胎児を守るための進化の過程で獲得された形質

現状で一番有力な説は「妊婦が摂取した有毒物から胎児を守るための進化の過程で獲得された形質」となっていますが、まだ確定している訳ではないようです。

つわりの症状

つわりの症状も吐き気が一般的ですが、それ以外の症状もいくつかあり、それぞれ名前があります。

吐きつわり:一番一般的な症状。吐き気が酷い。

食べつわり:空腹時に吐き気が酷くなる。

においつわり:嗅覚が敏感になり、今まで大丈夫だったにおいで吐き気をもよおす事も。

眠りつわり:いくらでも寝られる位眠くなる。

よだれつわり:唾液の分泌が異常に多くなる。

それぞれに対策がありますので、後ほどご紹介します。

つわりで性別がわかるって本当?

つわりの強弱や症状の違いで赤ちゃんが男女どちらか分かる、なんて話も聞きますが、医学的根拠はありません。

ただ、俗説としてよく言われているのを性別に分けてご紹介しますね。

男の子の場合の症状

  • つわり中に揚げ物などのジャンクフードが好きになると男の子
  • 食べつわりだと男の子
  • よだれつわりだと男の子が多い

女の子の場合の症状

  • つわり中に甘いものが好きになると女の子
  • つわりが極端にきつい場合は女の子
  • 吐きつわりだと女の子

などです。どれもあくまで俗説ですので、そこで性別を判断しない方が良いです。

病院で性別が分かるのはいつから?

赤ちゃんの性別が決まるのは受精時です。受精時にX染色体が受精すると女の子、Y染色体が受精すると男の子になります。受精後に性別が変わる事はありません。

婦人科で性別が判定できるのは、早くても16週を過ぎたあたりです。

エコーでみられるようになってからという事になりますが、赤ちゃんの子宮内での動きや向きによって判断がしづらい場合が多く、24週頃にはかなり判別しやすくなっていますが、それでも赤ちゃんの姿勢に左右されるため、女の子だと思っていたら実は男の子だったとか、その逆パターンもあるようです。

つわりで気持ち悪い時の解消法について

つわりで具合が悪い時の対処ですが、5種類のつわりのタイプによって方法が変わってきますので、それぞれに分けてご紹介します。

吐きつわり

吐き気が強く、食欲がない状態ですので、栄養バランスやカロリーなどは気にせず、喉を通るものはなるべく食べるようにするのが良いです。

生姜・ビタミンB6を多く含む食品には吐きつわりを軽減する効果があると言われていますが、個人差もあり、炭酸系のものを摂取すると楽になる、という人も多いです。

あとは、吐き続ける事によって脱水症状が起こりやすいので、水分はこまめに摂るようにしましょう。

食べつわり

食べつわりの場合は、空腹を感じないように、かつ食べ過ぎて逆に具合が悪くならないように、少しずつ食べましょう。

体重増加で妊娠中毒症が起こる場合も多いので、高カロリーのものはなるべく避けたほうが良いですね。

においつわり

においつわりでよく聞くのが、炊きたてご飯のにおいで吐き気をもよおした、という体験です。日常的にかいでいた、今まで良い匂いだと思っていたものまでダメになる場合があるのが厄介です。

ずっと家にいて、苦手なにおいをシャットアウトしていられれば良いですが、外出しなければならない人の場合は、マスクをするか、好きな匂いを染み込ませたハンカチなどを持ち歩いて、苦手なにおいを感じた時にそれでにおいを防ぐようにすると効果的です。

眠りつわり

こちらも、ずっと家にいて好きな時に眠れる人なら眠れば問題ないのですが、仕事をしていたり、外出しなければならない人の場合は、身体を動かしたりして眠気を紛らわすか、仕事の場合は、上司に理解を得て仮眠させてもらうかして対処するのが良いでしょう。

よだれつわり

よだれがどんどん口の中に沸いてきて、都度飲み込むのにも限界がある症状です。たまったら吐き出せれば良いのですが、外出時などはそうもいかない場合が多いです。

ハンカチやティッシュやタオルなどに吐き出したり、紙コップを用意しておいてそこに吐き出すようにするか、口の中のよだれの味をごまかすために飴をなめたりガムを噛んだりするのも効果的です。

まとめ

つわりの諸症状について主にご紹介させていただきましたが、つわりは悪化すると「妊娠悪阻」という病名がつき、入院が必要になる場合があります。

この場合、妊婦の体力は勿論、赤ちゃんの生命に危険が及びますので、あまりにもつわりがきつい場合は我慢せず、かかりつけのお医者さんに相談される事をお勧めします。

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。