グルテン不耐症とは?どんな症状が出るの?グルテンフリーの食事法で改善!

最近ちょいちょい耳にする単語で「グルテン」「グルテン不耐症」というものがあり、ちょっと気になっていました。

また、グルテンフリーのダイエットが効果的!なんて情報も。その辺りのいろいろに、今回は迫ってみます。

スポンサーリンク

グルテンって何?グルテン不耐症とは?

グルテンって何?

グルテンというのは「小麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種」とウィキペディアには書いてあります。つまり穀類の中に蓄えられている栄養素のひとつで、アミノ酸から出来ているタンパク質のこと。

麺類・パンなどの小麦の加工品をふっくらさせる重要な役割を持っています。小麦やライ麦そのもののように書かれているところもあるんですが、少し違うんです。

グルテンを含む食品はパン、パスタ、ケーキ、スコーン、シリアルなどに含まれています。また日本では昔から食べられているものの中に、うどんやお麩、かまぼこなどにグルテンは含まれているのです。

グルテン不耐症

そしてグルテン不耐症というのは、グルテンを消化・分解できない、といった症状を言います。

似た症状を起こすものに「セリアック病」という病気があります。

こちらは、グルテンを摂取する事によってグルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患で、グルテン不耐症と良く並べて語られていますが、別の病気です。

グルテン不耐性の症状について

グルテン不耐症の症状として挙げられるのが、

  • 腹部膨満感、お腹が下りやすい、または便秘しやすいなどの消化器系の不調
  • 二の腕や背中に発疹がある
  • グルテンを含んだものを食べると頭がすっきりしなかったり疲労感がある
  • 自己免疫疾患がある(橋本病・関節リウマチなど)
  • めまいなどの平衡感覚の乱れがある
  • PMS(月経前症候群)などのホルモンバランスの乱れによる症状がある
  • 偏頭痛がある
  • 慢性的に疲労感がある
  • 膝・腰・関節の痛みがある
  • 気分が安定しない(不安や抑うつ状態など)
  • いくら食べても満腹感が得られない

などです。

これらの症状がほとんど思い当たるという方は、グルテン不耐症である可能性がありますね。

グルテンフリーって何?

グルテンフリーと言うのは、肥満大国であるアメリカから流行が始まった、グルテンを使わない食事療法の事です。

グルテン不耐症の人は勿論、胃腸の不調が主な症状であるセリアック病という病気を予防するのにも効果があるとされて編み出された食事療法です。

グルテンフリーの生活を始めてから心身共に快調になった、という人が増えて、日本でも広まりつつあります。

グルテンフリーの食材にはどんなものがある?

グルテンフリーの食材とはグルテンが入っていない食材のこと、以下のような食材・食品が挙げられます。

但し製造過程などでグルテンが混入する可能性もあるので、グルテンへの過敏性が強い人は反応する場合もあります。

  • 穀物(米・とうもろこし・ソルガムキビ・キヌアなど)
  • 穀物や豆、ナッツの粉末(米粉・タピオカ粉・そば粉・大豆粉・ベサン粉・アーモンドプードル・ココナッツフラワーなど
  • 米粉(玄米粉)でつくられたパン・麺・パスタ・マカロニなど
  • 大豆製品(納豆・豆腐・豆乳・油揚げ・凍り豆腐など)
  • 野菜類全般
  • 精肉全般
  • 果物全般
  • 乳製品(ヨーグルト・牛乳・バター・チーズなど)
  • 春雨・しらたき・葛切り・糸こんにゃく
  • 蕎麦(十割そば)
  • ナッツ・種子類(アーモンド・ヘーゼルナッツ・くるみ・栗など)
  • ゼラチン・寒天
  • 鯖などの水煮缶
  • 純ココア・緑茶・紅茶・ハーブティーなど
  • たまり醤油(小麦を少量使用している場合もあるため、小麦不使用のもの)
  • 米味噌・豆味噌
  • 米酢・ワインビネガー・りんご酢
  • 片栗粉・馬鈴薯澱粉・甘藷澱粉
  • ハーブ・スパイス類
  • 良質の油

(参考:グルテンを含む食材とは?

通販でグルテンフリーのスイーツ

 

通販でグルテンフリーのスイーツを探している人は、まずはこの大人気「わらくろーる」「かりんとう饅頭」のお試しセットから試してみるのもいいかもしれません。

米粉を使っているため、糖質も少なくダイエットにもおすすめです。

グルテンフリーで得られる効果

グルテンフリーで期待できる効果は、以下のようなものが挙げられます。

心筋梗塞や動脈硬化の予防

グルテンフリーで糖質制限をする事によって、中性脂肪の摂取を減らせるので、心筋梗塞や動脈硬化のリスクを減らす事が出来ます。

カルシウムの吸収力を高める効果

カルシウムの吸収力を減らす効果のあるグルテンを摂取しない事で、カルシウムの吸収力を高めます。

胃腸の働きを整える効果

小腸の壁を傷つけやすいグルテンの摂取を控える事で、胃腸のトラブルを防ぎます。

食欲抑制効果

グルテンの食欲増進する効果を抑制し、ダイエットを助けます。

代表的なのはこの5点ですが、最後の食欲抑制効果というのがすごいですね。

また、胃腸の働きを整える事で、お肌のトラブルが減り、細胞の動きを活性化させる事で、健康だけでなく美肌効果も期待できるんです。

まとめ

グルテン不耐症の検査は、日本ではまだ保険が効かないため、高額になってしまう事がほとんどです。

自分で検査できる検査キットもAmazonなどで手に入れる事が出来ますが、そちらも3万円近くして、ちょっと割高です。

ただ、自分で症状をチェックしてみて当てはまる点が多かった場合は、それを機会にグルテンフリー生活を始めるというのも1つの手段だと思います。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。