カルパッチョとは?意味や由来は?簡単な作り方や人気レシピも紹介!

レストランにいくとよく前菜で出てくるのはカルパッチョですね。

しかし、ピザやパスタと聞いてすぐに頭に思い浮かぶのに対して「カルパッチョ」と聞いてもイメージが湧かない人もいるかと思います。

ここではカルパッチョってそもそも何でしょうか、意味や由来、さらにカルパッチョソースの簡単な作り方についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

カルパッチョって何ですか?意味や由来は?

カルパッチョとは

カルパッチョ(Carpaccio)は、生の牛肉の薄切りに、チーズもしくはソースなどの調味料を網の目状にかけたイタリア料理です。

現在では牛肉に限らず、肉類や魚介類、時には野菜も含め、薄切りにしてお皿に並べた料理を「カルパッチョ」と呼んでいます。

その場合は「真鯛のカルパッチョ」とか、「きのこのカルパッチョ」のように食材名を前につけたり、あるいは「カルパッチョ風」として呼称することもあります。

カルパッチョの意味や由来

実はこの「カルパッチョ」というネーミングは人の名前が関係しています。

料理のカルパッチョは、1950年頃イタリアにある「ハリーズ・バー」という有名なお店の創業者が作り出したものです。

しかしこの料理は突然ひらめいたもので名前がまだないです、当時のイタリアの画家である「ヴィットーレ・カルパッチョ」の独特の赤色を基調とした作風が、皿に並べられた薄切りの生牛肉の色彩にとても似ています。

お店の創業者は「ヴィットーレ・カルパッチョ」の絵画が頭をよぎって、この新メニューの色合いと似ていることから、「カルパッチョ」と名づけました♪

カルパッチョとマリネとの違いは?

マリネは食材を葡萄酒や酢、レモン汁などを混ぜた汁に漬け込み、柔らかくしたり、風味を良くしたり、保存したりするフランス料理の調理法です。

カルパッチョは生の牛肉の薄切りにソースを網の目状に掛けたイタリア料理の名です。

違いが分かりますよね、マリネが調理方法なのに対して、カルパッチョは料理名ということです。

カルパッチョソースの簡単な作り方

ではカルパッチョソースの作り方をみてみましょう。

材料(二人分):

  • オリーブオイル:大さじ1
  • バルサミコ酢大さじ1
  • レモン汁:小さじ1
  • 砂糖:小さじ1
  • 塩:適量
  • 胡椒:適量

作り方:

  1. ボウルに調味料を全部入れて、泡立て器でかき混ぜます。
  2. 全体に混ざったらできあがりです。

超簡単ですよね!さらにマヨネーズと粉チーズが入ったら、もっと美味しくなります♪

カルパッチョの人気レシピ

作ったカルパッチョソースを使って、おいしい魚介のカルパッチョのレシピをご紹介します。

タコのカルパッチョ

(参考:クックパッドのshokenママさん作

材料 (3~4人前):

  • 茹でダコ150gくらい
  • 紫玉ねぎ(普通の玉ねぎでも)半個
  • パセリの微塵切り(乾燥パセリでも)適宜
  • 先ほど作ったカルパッチョソース

作り方:

  1. 紫玉ねぎは薄切りにし、水にさらしフキン等で良く水気を絞る。タコは2㎜位のそぎ切りにする。
  2. お皿に玉ねぎを敷き、タコをのせ、上から先ほど作ったカルパッチョソースをかけて、パセリをトッピングして完成です♪

冷蔵庫で冷やしてからたべるともっと美味しい♪

人気の市販カルパッチョソース

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルパッチョソース1L【日本食研】【業務用】
価格:885円(税込、送料別) (2017/2/26時点)

 

日本食研のカルパッチョソースは具材がたっぷり入っているのでかけるだけで色鮮やかな仕上がりできます。

さらにオリーブオイルとハーブなどの良い香りのする、すっきりとした味わいで、とても美味しいソースです。

まとめ

今回はカルパッチョについていろいろと紹介しました。

カルパッチョは外国のイメージがあるので、「難しいのかな?」と思えてしまいます、意外と簡単に出来ちゃうんです♪

カルパッチュソースさえ作ってしまえば、タコとか、鯛などいろいろな魚介系に合わせることができますので、せひチャレンジしてみてくださいね~♪

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。