電子タバコとは?健康に害がないの?ニコチンなしって本当?

昔は、みちばたはもちろん、電車でも喫煙している人がいましたが、今や禁煙派が主流で、お店でも分煙や、全席禁煙なんてところも増えてきています。

喫煙者には肩身の狭い世の中ですが、一方で、電子タバコが、欧米を中心に流行していて、日本にもその波が来ています。

電子タバコって実際どういうものなのか、通常のタバコに較べて健康被害があるのかどうか、その辺りについてのいろいろをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

電子タバコとは?日本ではいつから流行し始めているの?

電子タバコは、その名前の通り、利用するには電気が必要なタバコです。

本体にアトマイザーとバッテリーがあり、アトマイザーに、電子タバコ専用のリキッドを入れて、それを加熱した結果出る煙(水蒸気)を吸う、という方法で用います。

欧米ではすでに流行していますが、日本のメディアで紹介されたのは2008年頃。それ以降じわじわと愛用者が広がっているという状況です。

電子タバコは安全ですか?体に害がないの?

気になるのは、電子タバコの安全性です。

通常のタバコで一番問題とされているのは、吸う人だけでなく、周囲の人にも被害のある「副流煙」ですが、電子タバコから出る「煙」は、通常のタバコとは違いますので、いわゆる副流煙による被害は、現状ないと言われています。

ただ、流通するようになってからそれほど時間が経っていないので、電子タバコのもたらす健康面への効果については、医学者の間でも賛否両論で、通常のタバコほどには、これが絶対、というデータが揃っていない、というのが実情です。

現状で判明している範囲では、通常のタバコよりは遥かに健康に害を及ぼす要因が少ないとされています。

絶対に安全で体に害がない、とは言い切れませんが、通常のタバコよりは、吸う人にも周囲の人にも、遥かに安全性が高いという事は確かです。

電子タバコにはニコチンなしって本当?

電子タバコにニコチンが含まれているか否か、ですが、日本ではニコチン入り電子タバコの販売が禁止されているため、日本で販売されている電子タバコのリキッドにはニコチンは含まれていません。

ただ、電子タバコで使うリキッドは何種類もあり、海外から輸入されているものもありますが、その中にはニコチンが含まれているものもあります。

ニコチンが含まれていない物を選びたい場合は、日本国内の製品を選ぶようにするか、輸入物の場合は、成分を必ず確認するようにしましょう。

欧米のものにはほとんどニコチンが含まれていますが、最近はニコチン抜きのものも増えてきているようです。

ただ、ニコチンについては、実は発がん性物質ではないので、ニコチン=毒性が高い、という認識は避けたほうが良いかもしれません。

中毒性があるのは事実なのですが、発がん性物質なのは、通常のタバコでニコチンと一緒に摂取されるタールです。

電子タバコにはそのタールは含まれていないので、そういう点では安全と言えるのではないでしょうか。

電子タバコによる健康被害は?

電子タバコによる健康被害については、最近少しずつ報告されるようになってきています。

特に、電子タバコバーなどが流行している米国では、人気が高まる一方で、健康被害の報告やクレームが増えてきているようです。

欧米で報告されている健康被害を以下に挙げますと、

  • やけどや呼吸器疾患や心血管障害などの症状
  • 頭痛、咳、めまい、喉の痛み、鼻血、アレルギー反応などの症状
  • 発がん性物質が検出された電子タバコが調査した中の過半数を占めた
  • WHO(世界保健機関)で、試験で、ニコチン以外の有毒化学物質が検出されたとして、科学的に安全性が証明されていないと勧告している

など。

ニコチンが含まれていない日本の電子タバコについては、調べてみた限りでは健康被害があったという情報はなかったのですが、日本に来てまだ日数が浅いという要因もあるのではないかと思います。

まとめ

いろいろ調べてみましたが、やはりまだまだ「これが絶対正しい」と言い切れる情報はまだ揃っていないというのが現状ですね。

通常タバコよりは毒性が低いですが、未成年や妊婦が使用するのは控えたほうが良いというのも事実です。

ただ、通常のタバコをやめたいけどなかなかやめられない、という方が、電子タバコに移行して徐々にタバコをやめていくという方法があります、タバコを吸っていないと口さみしいという心情をフォローしつつ、少しずつニコチンを抜いていく、という手段は、ストレスが少なく、なかなかよい方法です。

最終的にはタバコをやめたいという方、電子タバコを試してみる価値は十分あると思いますよ。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。