香典返しのタイミングや金額の目安は?人気ある品物や避けたいものもチェック!

あまり経験したくはないけれど、人生に1度は身内のお葬式を出す経験をするものです。

お葬式に来ていただいた方へ、香典返しという形でお礼をする事も必要になるのですが、しょっちゅうある事ではないので、作法がよくわからない、という人は多いのではないでしょうか。

あまり経験したくはないけれど、いざという時のために知っておきたい香典返しについてのいろいろを、今回はご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

香典返しとは?

香典返しと言うのは、お葬式に際して香典をくださった方へ贈るお返しの事を言います。

宗教や地方によって、香典返しの表書きが違う場合があります。

仏式の場合

「志」または「忌明け志」と表書きをして、白黒または灰色の結び切りの水引きをかけますが、関西地方では「満中陰志」と表書きをして黄白の水引きをかけます。

神式の場合

「偲草」または「志」と表書きし、白黒または双銀の結び切りの水引きをかけます。

キリスト教式の場合

プロテスタントの場合「召天記念」「感謝」「志」と表書きをし、水引きはかけません。

ここでの宗教は、お葬式の方式に則ったもので、送る相手の宗教に合わせた方法ではありません。

また、会葬御礼と忌明けの報告を兼ねた挨拶状を同梱します。

仏式の場合、個人の戒名を記載することもあります。

香典返しの時期やタイミングは?

香典返しの時期とタイミングは、これも宗教によって異なります。

仏式の場合

四十九日法要の後にまとめて発送されるのが一般的です。

神式の場合

神式の忌明けは五十日祭なのですが、香典返しが元々は仏式のしきたりなので、仏式に準じた形で発送されている事が多いです。

キリスト教式の場合

香典返しはキリスト教には本来ない習慣ですが、送る場合は三十日祭の召天記念日に発送されるのが一般的です。

香典返しの金額の目安はどれくらい?

香典返しの金額の目安は、いただいた香典の3割から5割とされています。

香典の金額の目安は、亡くなった方との関係によって違ってきます。

亡くなった方が祖父母、親、兄弟、親戚、勤務先や友人やその家族である場合で違ってきますので、相手に合わせた金額を用意する必要があります。

なので、いただいた金額ごとに3段階位の金額を用意しましょう。品物で送る場合も同様です。

親族や身内から高額な香典をいただいた場合ですが、扶助の気持ちでくださっている場合が多いので、お返しの金額については、3分の1から4分の1位をお返しするのが一般的です。

香典返しに人気ある品物

香典返しの品物は、「不祝儀は残さないほうがよい」という考えから、「すぐ使ってなくなるもの」を選ぶ、というのが最低限のマナーです。

香典返しとしてよく使われているのは「タオル類などの日用品」「お茶」「乾物」「お菓子」などですが、最近は、結婚式の時同様、カタログを渡すというのが多くなってきています。

カタログなら、送る相手にとって必要な物が選べるので、最近ではカタログのほうが評価が高いです。

お年寄り相手の場合は、カタログよりも現物でもらったほうが面倒もないし心がこもっているように感じられる事が多いので、送る相手に合わせて変えても良いでしょう。

香典返しで避けた方がいいもの

香典返しで避けた方が良いものは、

  • 肉魚類
  • お酒などの嗜好品
  • 金券や商品券

です。

贈った金額がはっきり記載されているものは、相手の気分を害してしまう場合があります。

それよりは、カタログで好きなものを選んでもらう形のほうが良いです。

また、前述したタブーな品「肉魚」「お酒などの嗜好品」を相手側が希望して注文する分には問題ありませんので、相手側により必要なものを選んでもらえるという大きなメリットがあります。

まとめ

「香典」「香典返し」は、頻度は少なくても必ず一度は経験するもので、結婚などのおめでたい時よりも、人の生死が関わっているだけに、失礼な態度が相手によりネガティブに伝わってしまう事が多いです。

その辺りに気をつけながら、故人にも故人を一緒に悼んで下さった人達にも失礼がないようにしたいですね。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。