電子レンジの寿命はどのぐらい?ターンテーブルが回らなくなったら買い替えのサイン?

昔の電子レンジって言うと食べ物を温めるだけの機能しかありませんでしたが、今や電子レンジは、温め機能は勿論、料理の下ごしらえから仕上げまで、あるいは調理全てを行なえる、なくてはならない生活必需品になっています。

そんな大切な電子レンジが突然故障したら大変ですよね。

いきなり使えなくなって困る事のないように、電子レンジの寿命や故障サインをチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

電子レンジの寿命はどのくらい?


電子レンジの寿命は、一般的には約10年と言われています。

その根拠は、電子レンジで物を温めるために必要な機能、マイクロ波を放出する事で物を温める、マグネトロンという真空管の寿命にあります。

このマグネトロンが機能しなくなった時が、電子レンジの寿命という事です。

マグネトロンは2000時間作動しますが、それを年数に変えると約10年という事になるのです。

勿論、10年以上動き続ける優秀な電子レンジもありますが、普通は10年で買い替えと考えたほうが良いでしょう。

寿命が近くなるとよくある故障は

電子レンジが寿命を迎える頃には、いくつかのサインを出します。

よくある故障が、

中々温まらなくなった

電子レンジの寿命が近くなると最も起こりやすい故障です。原因はマグネトロンの電磁波が出なくなるからです。

スイッチが機能しなくなった

コンセントに繋いているのに、スイッチを入れても反応がない、またその逆に、いつまでたっても終了しないという故障。これは電源やタイマーに問題があります。

設定時間より早く勝手に停まってしまう

設定時間より、早く切れてしまう故障、これはタイマーを制御する基盤が故障した可能性があります。

ターンテーブルが回らなくなった!買い替えたほうがいい?

電子レンジの中にセットされているターンテーブルが回らなくなる、という現象もよく聞きます。

これは、ターンテーブルがちゃんと収まるべきところに収まっていない時にも発生する事象ですので、よくよく確認して、ちゃんとセットされているのに回らない、という場合は、故障が考えられます。

買ってから10年近く、あるいはそれ以上が経過している電子レンジは、メーカーでも製造されていない上に、修理に使う部品も残っていないので、修理が難しい、あるいはとてもお金と手間がかかってしまいます。

そんな時は買い替えた方が良いですが、買ってからそれほど年数が経過していない電子レンジの、ターンテーブルが回らない程度の故障なら、修理に出すほうが、買い替えるより経済的である事がほとんどです。

メーカーでの保証期間が終わっていても、念のために問い合わせてみて、修理代のほうが買い替えよりも高く付くようなら買い替えましょう。

楽天市場の人気電子レンジ

 

この電子レンジは楽天市場で最も売れている商品です。

シンプルで、簡単でスペースも取りません!一人暮らしの子や老人にピッタリ!大変簡単で使いやすく経費的にも大満足です。

電子レンジの処分方法

買い替える場合、古い方の電子レンジを処分する必要があります。

自治体にもよりますが、基本的には、電子レンジは普通のゴミの日には出せませんし、処分するためにお金が必要になる事のほうが多いです。

新しい電子レンジを買う時に、業者が引き取ってくれる場合もありますが、無料サービスでやってくれるところばかりではありません。

不用品回収業者に頼むという手もありますが、信頼できる業者ばかりではないので、よくよく調べた上で頼む必要があります。

自治体で処分してもらうなら、その手間がかかりません。

安全に処分したい時には、新しい電子レンジを買い替える時、購入したお店に頼むか、お住いの地域の自治体で処分するようにしましょう。

まとめ

電子レンジは10年が大体の寿命ですが、大切に使い続ければそれ以上に動く事もありますし、逆に雑に扱えば、そこまで寿命が持たない事もあります。

日々のお手入れは怠りなく、なるべく汚さないように、汚したら都度綺麗に掃除して、出来るだけ長く安全に使えるように心がける事も大切です。

手入れをきちんとしていれば、安定した状態で動いてくれますし、寿命が近づいた時のサインも見落としにくくなりますよ。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。