水筒(魔法瓶)においしくコーヒーの入れ方!炭酸水を入れてはダメな理由は?

毎日の通勤と通学時に、お弁当と一緒にマイボトルを持ち歩いている人、多いのではないでしょうか。節約にもなりますし、自分の好みの味に調節したマイドリンクを好きな時に飲めるので一石二鳥ですよね。

でも、少しお待ち下さい。持ち歩くマイドリンクの中には、持ち歩くには不適切なものや注意が必要なものがあるんです。

今回は、特にマイドリンクに選びたい人気の飲み物コーヒーを中心に調べてみました。

スポンサーリンク

水筒にホットコーヒーの入れ方と注意点

水筒に入れるマイドリンクにはホットコーヒーが良い、という人も多いと思いますが、これはかなり難しいです。

なぜなら、コーヒーは、実は酸性飲料だからなんです。

酸性飲料なので、時間が経つとどうしても酸化してしまいます。特に、温度が高ければ高いほど酸化も早まるので、ホットコーヒーは時間が経てば経つほど美味しくなくなってしまう、という事になります。

また、酸化したものは、美容と健康にもあまりよくありません。

それでもホットコーヒーを持ち歩きたい場合は、温度を若干低めに設定して入れましょう。そして、ステンレスボトルではなく、携帯用タンブラーやホットコーヒー専用マグボトルなどに入れましょう。

 

保温性はステンレスボトルより若干下がりますが、味の劣化はそれほどひどくありません。

またブラックコーヒーはいいとしても、カフェオレは避けた方が良いと思います。

水筒には乳製品や果汁は長時間入れると、容器に澱が固着しやすいし、長時間入れっぱなしにすることで腐敗や変質の恐れがあるので、短時間の使用であれば問題ないと思いますが、1日使うなら、出来ればミルクは入れない、もしくは少量にした方が良いと思います。

酸化を防止するには?

コーヒーがそもそも酸性飲料なので、酸化を防止する方法というのはありません。ですが、酸化を遅らせる事は出来ます。

それは、前述の通り、温度を低めにする事です。温度が高いほど酸化が早まるので、元々の温度を低く設定する事で、酸化を防ぐ事ができます。

また先ほども言いましたが、水筒に乳製品を入れることは避けたほうがいいです。

やはりどうしても、熱々のコーヒーを水筒に入れて持ち歩いて、美味しく飲む、というのは、とても難しいです。

水筒にアイスコーヒーの入れ方と注意点

酸化は温度が高いほど進みやすいので、アイスコーヒーを持ち歩く、となると、難易度は格段に下がります。

特に、ホットコーヒーを冷ましたものより、元々水出しで作るコーヒーのほうが、酸化しにくく、味の劣化が防げます。

ただ、コーヒーフレッシュを入れたい、という場合は、水筒には入れないで、飲む時に入れるようにしましょう。

コーヒーフレッシュは油なので、酸化を促進してしまうため、水筒に入れるには不適切だからです。

また、カフェオレを持っていきたい、という時には、水筒の材質が適しているものか、あらかじめ調べておく必要があります。

カフェオレOKのマグボトル

 

因みに、砂糖は入れても問題ありませんので、安心して入れて下さい。

炭酸水や炭酸飲料を水筒に入れてはダメな理由は?

コーヒーは、入れ方と温度に注意すれば持ち歩いても大丈夫である事が分かりましたが、これはステンレス型の水筒にはNG!という飲み物があります。

それは、炭酸水や炭酸飲料です。

水筒の代表的なメーカーであるZOJIRUSHI において、ボトルに入れてはいけない飲み物についてのFAQが掲載されています。

そこでは、以下のものが、「絶対入れてはいけないもの」とされています。

ドライアイス、炭酸飲料など

本体内の圧力が上がり、栓が開かなくなったり飲み物が吹き出たり中栓やコップや栓セットなどが破損して飛散したりする危険があるため。

みそ汁、スープ、昆布茶など、塩分を多く含んだもの

塩分によって、本体にほどこされているフッ素樹脂コーティングが錆びたり劣化したりして、保温・保冷性能が低下してしまう事があるため。

牛乳、乳飲料、果汁など

成分が腐敗する事があり、またそれをそのまま放置する事で腐敗によるガスが発生し、本体内の圧力が上がり、栓が開かなくなったり飲み物が吹き出たり中栓やコップや栓セットなどが破損して飛散したりする危険があるため。

果肉、お茶の葉など

詰まる、漏れるなどの故障の原因となるため。

以上はステンレスボトルについての説明ですが、他の材質のものでも、以上に紹介したものは持ち歩きには避けた方が無難です。

特に、古いタイプのステンレスボトルは、内部の金属が酸によって溶けて、飲んだ人が中毒になってしまったという事例もありますので、注意が必要です。

まとめ

普段持ち歩くほかにも、遠足などの行楽に水筒を持っていく場合もありますが、コーヒーならアイスコーヒーを選びましょう。

また、ジュースや炭酸飲料を持っていきたい場合は、水筒に詰めるのではなく、買った時のままペットボトルや紙パック等で持ち歩くのが安全です。

季節によっては食中毒などの危険も出てきますので、持ち歩きには注意しつつ、使った水筒のお手入れは、漂白剤ではなく、人体にも環境にも無害な重曹を使って行なうようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。