サランラップの由来は?電子レンジでも使える?ダイエットに活用する方法とは?

サランラップを見たことも触ったこともないって人はいないと思います。そのくらい、私達には馴染みの深い、台所での消耗品の中では必需品のトップなのがサランラップです。

このサランラップ、ダイエットに活用も出来るんですよ。

今回は、ダイエット情報も絡めた、サランラップのいろいろに迫ってみました。

スポンサーリンク

サランラップとは?由来は?

サランラップというのは、食品用ラップフィルムの商品名です。

サランラップという名称は、アメリカ合衆国のダウ・ケミカル社、及び日本ダウ・ケミカル社と旭化成が共有している登録商標なので、他社から発売されているラップはサランラップとは言いません。

旭化成のホームページによると、サランラップの名前の由来は、ダウ・ケミカル社の職員の奥さん2人、サラとアンから来ています。

元々銃や弾丸を湿気から守るために使われていて、その後チーズ包装にも使われるようになった包装材を、ダウ・ケミカル社の職員の奥さん2人、サラとアンが、ピクニックにレタスを包んで持っていった事が、現在のような形でラップを販売するきっかけになったのです。

電子レンジでも使える?溶ける温度は?

電子レンジで食べ物を温めたり、調理をしたりする場面が多くなりました。

そこでも、サランラップは大活躍しています。電子レンジを使ったレシピでは「ラップをかけたまま」または「ラップをかけないで」というフレーズがよく見られます。

アルミホイルは金属を使っているので電子レンジでは使えませんが、サランラップは問題なく使えます。

ただ、サランラップには耐熱温度と耐冷温度が設定されていて、耐熱温度以上になると溶けてしまいます。

旭化成のホームページ上では、

  • 耐熱温度=140℃
  • 耐冷温度=-60℃

と記載されています。その温度の範囲内なら、安全に使う事が出来ます。

サランラップでダイエット出来るって本当!?効果は?

サランラップはダイエットに良い、という情報をゲットしました。もちろん、サランラップを食べて痩せる、という意味ではありません。

サランラップは部分痩せに効果がある、という事です。

ダイエットやシェイプアップのためにサウナスーツを着て運動をする人も多いかと思いますが、サランラップは、それを気になる部分ごとに行なう事が出来ます。

サランラップダイエットの効果としては、

  • 発汗作用
  • デトックス効果
  • むくみの解消

などが挙げられます。

特に、運動又は半身浴と組み合わせる事で、高い効果が期待できます。

サランラップダイエットはこんな人におすすめ

  • 冷え性で汗をかきにくい
  • 下半身のむくみが気になる
  • 痩せたいけどお金はかけたくない!
  • 気になる部位を引き締めたい
  • ウォーキングや運動の効果を上げたい

サランラップダイエットのやり方は?

サランラップダイエットのやり方は簡単です。

ふくらはぎ、太もも、二の腕、ウエストなど、贅肉の気になる部分にサランラップを巻きます、ふくらはぎの場合は足首から膝下まで巻き、太ももの場合は膝の上から太ももの付け根まで巻きます。ウエストや二の腕は何重も巻き過ぎないようにしましょう。

その状態で運動または半身浴などを行なって、気になる部分に集中的に汗をかかせるようにするのです。

サランラップを巻いた箇所は発汗が多くなる事で、老廃物も洗い流されやすくなり、肌も綺麗になります。

サウナスーツというとお金がかかりますし洗濯の手間もかかりますが、サランラップダイエットなら安価で済ませられるのも、人気が高い理由の1つです。

巻く時は、下から上に向かって、強すぎず弱すぎないようにしましょう。あまりきつく巻くと静脈が圧迫され、血流が悪くなって、逆にむくんだり、逆効果になったりする可能性があるので、ご注意ください。

肌が弱い人はかぶれてしまう場合がありますが、そういう人は、布を巻いた上にサランラップを巻くようにすると大丈夫です。

何度でも繰り返し使えるダイエット用ラップ

 

サランラップは使い捨て、もったいないと思う方は何度でも繰り返し使えるダイエット用ジンジャーデトラップもあります。

この「ジンジャーデトラップ 」は、巻くだけで、ジンジャーエッセンスが発汗を促進して、シェイプアップグッズです。

汗をかきにくい方は是非チャレンジしてみて下さい!

まとめ

サランラップダイエット、薄着になる季節の前に済ませておきたい、簡単で安価でしかも効果が高いダイエットなので、お薦めです。

サランラップの扱い方や意外な活用方法については、旭化成のサイトでも紹介されているので、よろしければチェックしてみて下さいね。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。