重曹と酢でお風呂やトイレの掃除を簡単に!水垢やカビがみるみる落ちる!

梅雨になると、台所やお風呂にカビが大発生しますよね。他の季節と同じ要領で綺麗にしていても、掃除がおっつかなくなってしまうので、梅雨は本当に嫌な季節です。

塩素系洗浄剤は確かによく落ちますが、換気がうまくいかなくて体調が悪くなる事も…。某塩素系洗浄剤に10回挑みましたが、大概その後に具合が悪くなります。良くても相討ちです。なので、なるべく使いたくありません。そんな方、私だけではないかと思います。

でも、重曹と酢、というとても手軽かつ安価で手に入るもので、そのお悩みが解決します。

重曹と酢を使った、エコで体に害のない快適なお掃除術を、これからご紹介していきます。

スポンサーリンク

重曹と酢でピカピカになる理由は?

重曹は、正確には「炭酸水素ナトリウム」または「重炭酸ナトリウム」「重炭酸ソーダ」と言います。重曹というのは重炭酸ソーダの略称です。

物の汚れを落ちるのは、汚れを中和し、分解して浮き上がらせる事で、汚れが落ちやすくなる、という原理によります。

重曹及び酢が全ての汚れに対してオールマイティーという事ではありません。

重曹はアルカリ性、酢は酸性です。アルカリ性の汚れは酸性の溶剤で、酸性の汚れはアルカリ性の溶剤で中和して落とすのが基本です。

汚れの性質は大きく分けると3つに分かれます。

  • 酸性の汚れ:油汚れなど
  • アルカリ性の汚れ:カビ、水垢など
  • 中性の汚れ:埃やチリなど

それぞれの汚れに対抗する形で重曹や酢をぶつけてみましょう。

掃除で使う酢は、必ず「穀物酢」を選んで下さい。リンゴ酢やすし酢のような、調味用の酢はNGです。

重曹と酢で風呂の掃除方法

お風呂はカビや水垢が繁殖しやすいですが、性質上、清潔に保っておきたい場所の1つです。

前述の通り、塩素系漂白剤は、効果は高いですが、健康面での反動も大きいので、なるべく安全な性質のものを使って掃除したいですよね。

重曹と酢を使ってお風呂掃除をする場合は、残り湯がある場合は、残り湯に重曹をキャップ3杯ほど入れて一晩置いてから、排水して、その後、酢を含ませた後に重曹を軽くふりかけたスポンジで、浴槽を洗いましょう。

残り湯を洗濯に使いたい場合は、重曹は洗濯物をふっくらさせる働きもあるので、そのまま使って大丈夫です。

重曹と酢でトイレ掃除の仕方

毎日何回も使うから綺麗にしておきたいトイレも、重曹と酢でバッチリ綺麗になります。

捨てても良い布またはペーパータオルに酢を染み込ませ、トイレ周りの、汚れのゆるい場所からきつい場所の順で、汚れが気になった場合は取り替えながら拭いていきます。

トイレ周り、トイレタンクや水洗ノズル、便座などは酢で、便器の汚れは重曹で落とします。

便器の内側にまんべんなく重曹を振りかけ、便座掃除用のブラシでこすり洗いをします。

汚れが気になるところには酢を少量ふりかけるかスプレーをするとよく落ちます。

それでも落ちにくい頑固な汚れは、重曹ペーストを乗せるような気持ちでかけ、その上からトイレットペーパーを乗せて固定し、2時間ほど放置した後、拭き取りましょう。

一度に全部落ちなくても、繰り返す事で段々薄くなってくるので、気長に落としましょう。

重曹と酢で水垢やカビを取る方法

台所のシンク、お風呂のタイルの隙間やお風呂の蓋やシャワーホース、お風呂の椅子などについてしまって中々落ちない黒いカビは、重曹で簡単に取れます。

重曹が持つアルカリ性が、カビ菌のタンパク質を溶かす性質があるので、カビの力を弱めることができます。

まず重曹と水を2:1の割合で混ぜて重曹ペーストをつくります。作った重曹ペーストを気になる箇所に塗っていき、その上にラップをかけて、30分程放置した後、スポンジで優しくこすって、洗い流しましょう。汚れを綺麗に落とすことができます。

一度には落ちなくても、数回繰り返すごとにカビが薄くなっていくのです。

排水口は、重曹を1カップ振りかけた上から酢を1カップ振りかけ、そのままの状態で2時間置いた後、熱湯で洗い流すと綺麗になります。

あとがき

重曹は粉のまま使っても勿論良いですが、重曹水スプレーがあると更に便利です。

重曹水スプレーだけでなく、酢スプレー、それに重曹と酢の混合スプレーを作っておくと更に便利です。

重曹水の割合は水500mlに対して重曹大さじ1杯位、酢スプレーも同じ位の割合です。混合の場合は、水500mlに対して重曹と酢各1杯位の割合で混ぜるのがお薦めですよ。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。