メガネで鼻に跡がつく対策は?!付いたメガネ跡を消す方法もチェック!

メガネを愛用している女子の2大お悩みは、おそらく「お化粧落ち」と「メガネ跡」ではないでしょうか。

お化粧を直すのも面倒ですが、メガネ跡は、直後跡が残っているだけならいいけど、そのままほっておくとシミになってしまうので、かなり深刻です。

でも、体質的にコンタクトレンズに切り替えできない、メガネと付き合い続けるしかない。という事で、今回は、そのメガネ跡のお悩みの解決方法をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

メガネで鼻に跡が付いてしまう原因は?

そもそも、何故メガネ跡がついてしまうのでしょうか。

メガネ跡が付いてしまう原因については、以下のような事が考えられます。

メガネのフレーム又はレンズ又は両方が重い

度数が強い場合は、レンズに厚みが出てしまうので、重くなってしまいます。またフレームの素材は重い場合も、メガネ自体が重くなって、跡がつきやすくなります。

メガネがちゃんとフィットしていない

メガネ選びときは、サイズがあっているかどうかが大切なポイントになります。メガネフレームのサイズと顔があっていない場合、鼻の上に負担がかかります。

顔がむくみやすい

顔がむくみやすい人はメガネの跡がつきやすいのです。

これらの要因によって、メガネの当たる部分に負担がかかり、その結果跡を残してしまうのです。

そして、それを繰り返しているうちにメラニン色素がメガネ跡の部分に沈着して、シミになってしまうという事態を招いてしまうのです。

顔の目立つところにそんなシミが出来てしまったら本当にショックですよね。なので、作らない方法を考えていきましょう。

メガネ跡が付かないようにする方法

鼻パットをシリコン製のものにする

メガネの鼻あての部分はシリコン製のものにすれば、鼻あての後が残りにくくなります。

通常アフターサービスのしっかりしているメガネ屋では鼻パッドの交換を無料サービスにしてくれます。

ご自身で鼻パットを交換する場合は、シリコン製のものを購入し付け替えると良いでしょう。

 

鼻パッドのないメガネにする

 

鼻パットのないメガネを選ぶのもひとつの手です。鼻パッドの跡や、メイク剥がれに悩まされる方はもう心配ありません。

メガネ全体的に軽くする

プラスチックのレンズ、プラスチックのフレームなら、軽いので肌に負担がかかりにくいです。

こまめにフィッティングしてもらう

量販型の安いメガネ屋さんだとちょっと難しいですが、ちゃんとしたメガネ屋さんであれば、アフターケアもきちんとしてくれます。買ったお店で無料でフィッティングをしてくれるので、2ヶ月に1度程度フィッティングをしてもらいましょう。

むくみのケアをする

顔のマッサージをちゃんとして血行を良くすれば、むくみが取れやすくなり、かつ、その日に付いてしまったメガネ跡のケアにもなります。

また、メガネ跡が付いてしまう箇所を保湿する事もかなり効果的ですよ。

鼻に付いたメガネ跡を消す方法

最後に、メガネ跡がもう付いてしまっている場合のケアについてご紹介します。

その日だけの跡ならマッサージでどうにかなるのですが、シミになってしまった場合は、マッサージだけではどうにもなりません。

ですが、皮膚科で相談して薬を処方してもらう、または美白成分のある化粧水やクリームなどでこまめにケアする事で、シミを薄くする事が可能です。

付いてしまったからと諦めず、まず皮膚科で相談してみましょう。

まとめ

メガネ女子は勿論、メガネ男子にも、やっぱりメガネ跡はありがたくないですよね。しっかり対策すれば大丈夫ですよ。

マッサージなどでケアすることはもちろん、メガネを眼鏡を軽くしたり、フィッティングしてもらったりして、負担を少しでも抑えてあげましょう。

また、鼻パッドのないメガネを選ぶや鼻パットをシリコン製のものにするなど、自分のニーズに会ったものを探してみてくださいね。

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。