炊飯器で炊く白米が酸っぱい!原因はカビ?酸化?!解決策は?

281030k3

最近炊飯器で炊く白米が妙に酸っぱいです。食べれない事はないのですが、あまり美味しいとは言えません。

お米が腐ってはいないと思いますが、ご飯を炊いたら「味」も「におい」もすっぱい!

こんなことは今までなかった!不思議で仕方なく、いろいろと調べて纏めました、 同じ経験をされた方はぜひご参考までに。

スポンサーリンク


白米が酸っぱいの原因

お米の酸化

白米は空気(酸素)に触れていると白米の表面を覆っている糊粉層(こふんそう)が分解され、酸化してしまうのです。もちろん味が劣化したり、酸っぱくなったりします。

温度が高くなるほど酸化は活発になり、逆に保存する温度が10度以下の場合、品質の劣化はほとんど生じません。

酸化の状況を調べるためには、白米が入っている袋や米びつにてを突っ込んでみます。手に白い粉のようなものが付着したら、酸化が進んでいる証拠です。

玄米はこの糊粉層が果皮と呼ばれる層で覆われているため、酸化のペースが遅いです、また無洗米はこの糊粉層が取り除かれているため、玄米同様酸化しづらくなっています。

お米にはカビが発生

281030k1

お米にはカビが発生します。古いお米だと、未開封でも、稀にカビが生えることがあります。特に直接水に触れたり、湿気の多い場所に保管していたりすると、カビが発生しやすくなります。

お米にカビが発生すると、全体的に灰色から黒ずんだような色に変色し、手に取るとなんとなくしっとりとした感じになります。はっきりと見て分かるほどに変色したお米は、カビが発生した可能性が高いです。

カビが発生したお米はやっぱり味がまずくて酸っぱいです、カビの中には発がん性物質を含むので、できるだけ食べない方がよいのです。

におい移り

お米には無数の小さい穴があいていて、においを吸収しやすい食品です、肉や魚、灯油や洗剤など臭気が強いものの近くでお米を保存すると、お米ににおいが移ることがあります。

一度付いてしまったにおいはとることができませんので、容器は密閉のものを選びか、においがきつい物の近くで保存をしないようにしましょう。

お米の賞味期限はどれくらい?

281030k2

お米の袋を見てみると分かりますが、お米には賞味期限や消費期限の記載がありませんよね。

実は、お米には賞味期限を書く義務がありません。なぜかというと、賞味期限は単に美味しく食べられる期限のこと。お米は保管場所の温度や湿度によって変わってきてしまうので、表示が難しいのです。

消費期限は保存場所によって変わりますが、ある程度の目安があります。

常温保存は、春や秋で1カ月ほど、冬で2カ月、夏は暑いので2週間ほど。

冷蔵庫(15度以下)に保存の場合は春や秋で3カ月、冬で6カ月、夏で1カ月〜1カ月半ほど。

常温保存のほうが消費期限が短いので、なるべく冷蔵庫で保存したほうがいいですね。

酸っぱいお米を美味しく食べる方法

冷蔵庫に保管する

酸化したお米を一度精米機に掛けるとにおいが取れて、お米も綺麗になりますが、近くに「精米所」「お米屋さん」が無い場合もあるし、あっても、お金がかかりますよね。

ですので、お米を冷蔵庫に保管するという方法があります、お米の袋のままでもいいし、大きめのタッパーに移してもいいです。冷蔵庫に安置しておくだけで不思議にあの「すっぱさ」がなくなるのです。

サラダ油を入れて炊く

ご飯を炊くとき、サラダ油を入れて炊くとおいしくなるのです。

水を規定量よりも多めに入れて、炊くときに米(3合)に対しサラダ油(小さじ1/2)入れて炊きます。これだけでパサパサ米もかなりのツルピカご飯になります。炊く前の水に浸ける時間も3時間ぐらいにするとベストです。

それでもまずい時は重曹を入れましょう、重曹を入れると、どんな古米も驚きのもっちりご飯になります。お米3合に対して重曹を茶さじ1/4杯。お水もいつも通りにしてあとは炊くだけ!但し重曹の量が多いと、お米は黄色くなるし、逆に不味くなるので、要注意です。

最後に

お米は野菜ですね!保存期間が長くなると品質が落ちます。量が少なければ冷蔵庫での保存が最適です。

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。