プロペトとは?ワセリンとの違いは?副作用があるの?顔や唇に塗っても大丈夫?

プロペトってご存知ですか?

プロペトは知らなくてもワセリンなら知っている、という方が多数なのではないかと思います。

皮膚の弱い方やアトピー性皮膚炎のある方、小さなお子さんがいらっしゃるという方ならおそらくご存知のプロペト。実は美容面でも効果の高いものなんです。

今回は、プロペトについて、プロペトの上手な使い方などを中心にご紹介させていただきます。乾燥肌に悩んでいらっしゃる方、特に必見です。

スポンサーリンク

プロペトとは?ワセリンとの違いは?

 

プロペトと言うのは、ワセリン系の保湿剤です。基本的には皮膚科などで処方される事が多いですが、市販もされています。

ワセリンとの違いですが、プロペトはワセリンの一種です。

ワセリンは、石油を原料としています。石油から、人体に害のないレベルまで不純物を取り除いたものがワセリンで、一般に流通しているのは白色ワセリンが多いですが、色が違うだけの黄色ワセリンというものもあります。

そのワセリンより更に不純物を取り除き、純度を上げたものがプロペトなのです。これらは医療で利用されるので、保険が適用されるのもとても嬉しいところ。

因みに、プロペトより更に純度の上がったサンホワイトという物がありますが、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サンホワイトP-1 チューブ 50g
価格:1296円(税込、送料別) (2017/11/9時点)

 

こちらは保険適用外でもあり、また市販されているものも、同様に市販されているワセリンやプロペトより高価です。

プロペトって副作用があるの?

プロペトの嬉しいポイントの一つは、副作用と言われる症状が滅多に出ない、という事です。ですので、肌の弱い人、赤ちゃんなどに使っても安心とされています。

ただ、極端に肌の弱い人や、体調や条件などによって、かぶれや色素沈着、かゆみなどが生じる場合があります。

この場合は、すぐに使用を中止して、皮膚科などで相談するようにしましょう。

また、プロペトは石油由来の保湿剤なので、主成分は油です。そのため、オイリー肌の人には合わない場合もあります。

また、ニキビや吹き出物が出ている場合、その上から塗ると症状を悪化させてしまいますので、ニキビや吹き出物の上には決して塗らないようにする事も大切です。

顔や唇に塗っても大丈夫?

プロペトの純度はかなり高いので、顔や唇に塗っても問題ありません。むしろ、かさかさになった唇にリップクリーム代わりに塗るのがお薦めです。

赤ちゃんの顔や手足に塗った場合、赤ちゃんが舐めてしまったら、というご心配もあるかと思いますが、そちらも大丈夫です。

ただ、前述の通り、ニキビや吹き出物の上からは塗らないように注意して下さい。

プロペトの効果的な使い方

プロペトは保湿剤ですが、アトピー性皮膚炎などの人が利用する場合は、塗り方に注意点があります。

それは、まず他の保湿剤で保湿してから塗る、という事です。

ニキビや吹き出物の上には塗らないほうが良いですが、かゆみのつらい湿疹の上に塗るのは有効です。

外傷や火傷などを湿潤療法で治療する場合も、プロペトを利用すると治りが早くなります。

また、乾燥肌の人は、化粧クリームの代わりに使うと、肌荒れを防ぎつつ保湿も行なってくれて、更にすべすべになるという、一石二鳥も三鳥もあるという嬉しい結果に。

ただ、いくつか注意点があります。それは、

紫外線に当てない

石油由来の保湿剤なので、サンオイルのような役割をしてしまい、色素沈着を招いてしまうので、プロペトを薄く塗った上から日焼け止めを塗る必要がある。

肌に乗せるように塗る

肌に刷り込むように塗ると刺激が強すぎるため、肌に乗せるように塗る。

他の保湿方法と重ねる

乾燥した肌に塗るより、ある程度保湿してからプロペトを使ったほうが効果が高いです。

まとめ

プロペトについてのいろいろ、いかがだったでしょうか。

乾燥肌は、冬だけではありません。夏、エアコンの空気でも、肌はかなり乾燥してしまいます。清潔にした肌をしっかり保湿して、一年中すべすべのお肌を楽しむために、プロペトをどんどん活用してみて下さいね。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。