デトックスに効果がある白湯(さゆ)の最適な温度は?下痢になるのは好転反応?!

281112n1

 

白湯(さゆ)は、体にデトックス(毒出し)やダイエットに効果があるので、芸能人も飲んでいるようです。女性の中でも人気を集めています。

いろいろ効果がある白湯には何度で飲めば、最高の効果を発揮してくれるでしょうか?また白湯を飲み続けると下痢になってしまう人もいるようで、これはなぜでしょうか?

ここでは効果を発揮してくれる最適な温度や飲み方、デトックスに伴って現れる好転反応についても説明します。ぜひご参考ください。

スポンサーリンク

白湯(さゆ)とは?

白湯(さゆ)は一度沸騰させたお湯を冷ましたものです。

白湯は消化に一番負担がかからない優しい飲み物、白湯をとることによって、内臓から温まって体温が上がるのです。

医師である齋藤真嗣氏の著書「体温を上げると健康になる」の中で、 「体温が1度下がると免疫力は30%低下します。逆に体温が1度上昇すると免疫力は500%~600%、つまり体温がたった1度上がるだけで免疫力は5倍から6倍も高くなる。体温を上げることで、人はストレスに強く、病気になりにくい健康な体を維持することが出来るのです。 」 と述べています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

体温を上げると健康になる [ 齋藤真嗣 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/11/12時点)

 

白湯の最適な温度は?

50度ぐらいが内臓を温めるのに最適な温度

白湯はお湯を沸騰させてから、50ぐらいまで冷まして飲むことが大事です。なぜなら、50度位は内臓を温めるのに最適な温度です。

この温度より高すぎたり低すぎたりすると、かえって体に負担がかかってしまうんです。体温より少し熱めのお湯を飲めば、体にもスムーズに取り入れられ、最高の効果を発揮してくれます。

白湯の正しい作り方

白湯の効果を最大限引き出せるために、正しい作り方をマスターすることが必要です。

  1. やかんや鍋に水を入れ蓋をし、強火にかける。水は水道水・ミネラルウォーターどちらでも構いません。
  2. 沸騰したら、やかんや鍋のフタを取り、弱火で10分ほど沸騰させ続けます。
  3. 時間がきたら火を止めて、50度くらいの温度になるまで冷まして完成 。

作った白湯は、ポットや魔法瓶などに入れておき、できればその日のうちに飲みきるようにしましょう。

白湯の効果的な飲み方と飲むタイミング

一回に飲む量は、150ccから200ccが良いとされています。飲むときは、ゆっくりと10分ほど時間をかけて飲みましょう。一気に飲むのは胃腸にあまりよくないです。

朝起きてすぐ

朝に白湯を飲むと、内臓をゆっくりと目覚めさせ、胃腸をあたためてくれるので、消化力を高めます。また溜まった老廃物を押し流して、腸をキレイにすることもできます。

朝の白湯でお通じがよくなるという口コミもあります。

食事中に白湯を飲む

また食事中に白湯を飲むと、消化吸収を助けて、摂取した食べ物のカロリーも消費しやすくなりますのでおすすめです。

寝る前に白湯を飲む

寝る前に白湯を飲むと体温があがります、体温が高くなることで眠りやすくなり、翌朝にデトックス効果も現れます。

下痢になるのは好転反応?!

白湯を飲むことで下痢になってしまうという人がいるらしい、どうしてでしょうか?

実はそれ、「好転反応」という体のデトックスが進んでいるときに起こる症状なんです。

好転反応とは、体が良い状態になるため起こった一時的な現象です。調整反応とも言います。

白湯を飲むことによって、体に溜まった「毒素」がはがれて、その毒素が体の中を巡ってしまうために、起きる反応です。副作用と違って、体が良くなろうとしている証拠です。

不摂生な生活を送っている人は好転反応が出やすいです。起きる症状も、人それぞれです。皮膚に出やすい人もいれば、便に出やすい人もいます。

ですので、すぐに諦めずに、体の毒素を外へ排出することを意識して頑張って続けましょう。

最後に

白湯は、身体の内側から浄化してくれることができます、さらにお金もかかりません、簡単で誰でもすぐに取り組むことができます。

 

まだ白湯を試していない人は、ぜひ一度試してみてください。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。