たたき台(叩き台)ってどういう意味?言い換えや使い方は?

社会に出て仕事をするようになるとしょっちゅう聞くようになる言葉=ビジネス用語ってありますよね。

その中の一つが「たたき台」という言葉ですが、初めて聞くと意味が分からず戸惑ってしまう事も。

今回は、たたき台という言葉の意味、語源、そしてどういう状況で使うのか、調べた結果をお伝えしていきます。

スポンサーリンク


たたき台(叩き台)ってどういう意味?その語源は?

たたき台と言うのは、簡単に言うと何かを作り上げるための「原案」「試案」「大元のアイディア」を意味します。

例えば、何かの企画を立ち上げる時、最初から完成形が思いついている訳ではない事がほとんどです。

その企画についてふっと良いアイディアが浮かんだ時、

「こういうのを思いついたのですがどうでしょう?」

と提案するのがたたき台=原案=試案です。

そこから他の要素を足して組み立てたり、議論したりして、完成に近づけていくのです。

日常生活ではあまり使わない言葉ではありますが、企画会議などが行なわれる、オフィス系のビジネスのシーンでは必ずと言っていいほど出てくる言葉ですので、覚えておくと役立ちます。

語源は、鍛冶用語です。

鍛冶で何かを作る時は、熱した金属を叩いて成形していくのですが、その作業の際に使う台が、元々の「たたき台」という言葉でした。

物を成形していくために必要な土台」という意味で、原案や試案となるものをたたき台と呼ぶようになりました。

たたき台の言い換えや別の言い方は?

たたき台は、別の漢字では「裁き台」とも書きます。

類義語ですが、よく使われるのは、

  • 下書き
  • 基本的枠組み
  • あらまし
  • 原案
  • 試案
  • アウトライン

などです。

英語では「draft」と言いますが、ビジネスシーンでたたき台を「ドラフト」とはあまり使っていないイメージがありますね。

たたき台の使い方について

次に、たたき台という言葉の使い方ですが、

  • 企画会議の前にたたき台を作っておく
  • たたき台を用意してクライアントに検討してもらう
  • たたき台を練り上げて企画をまとめる
  • 複数のたたき台を作って議論する
  • たたき台として提出します

など。

正しい意味が分かっていれば、あまり考える事はないかと思います。

ざっくりと「アイディア」という意味で使っても間違いではありません。

まとめ

たたき台って、学校生活や普通の家庭ではあまり使わない言葉なので、オフィス系の仕事をした事がない人は初めて聞く言葉かもしれません。

知らなくても別に恥ずかしい事ではありませんが、知っておいて損はありません。

何かの会話の中に「たたき台」という単語が出てきた時、

「ああ、原案とかアイディアって意味だな」

と理解していた方が、会話もスムーズになりますので、なるべく覚えておきましょう。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。