眉毛がかゆい!原因は?脂漏性皮膚炎かも?!幸せになるジンクスかも?

空気が乾燥する季節は、かゆくなる、カサカサする系のお肌トラブルが増えてしまうものです。でも、他のところはそうでもないのに、眉毛周辺だけがとてもかゆい、なんて事はありませんか?

もしかしたら、それ脂漏性皮膚炎かもしれません。

ここでは眉毛だけがかゆい、そんな時に考えられるいろいろな原因をお伝えします。

スポンサーリンク

眉毛がかゆい!考えられる原因は?

乾燥肌になると、顔全体がかゆくなる事が多いですが、眉毛の辺りだけが妙にかゆくて、しかも赤くなっていたり、眉毛が抜けたり、眉毛周辺の皮膚がぽろぽろ落ちたりする場合には、以下のような原因が考えられます。

  • 眉周辺に使う化粧品が肌に合っていない
  • 洗顔料やシャンプーが合っていない
  • アトピー性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎

など。

ただ、アトピー性皮膚炎の場合だと、眉毛だけがかゆいという事はあまり考えられないので、原因は、眉周辺に使う化粧品や洗顔料やシャンプーが肌に合っていない、あるいは体質が変わって合わなくなった、または脂漏性皮膚炎にかかっている、という可能性が強いです。

眉毛にできた脂漏性皮膚炎とは?治し方は?

脂漏性皮膚炎と言うのは、普段から体に住んでいる常在菌の一つである「マラセチア菌」が、生活バランスの乱れや栄養状態の悪化、そして体調不良や心身にかかるストレスなどで体の抵抗力が衰える事によって、活動を活発化した結果、発症する皮膚炎の事です。

頭皮や眉毛周辺、額や頬などに発症する事が多いです。

発症すると、かゆみをともない、赤くなったり皮膚が荒れてカサつき、ぽろぽろとはがれてきます。見た目的にもマイナス要因が多く、女性の場合は化粧もままならなくなってしまうため、少しでも早く治したい病気です。

早く治したいのであれば、まず皮膚科で診察と治療を受ける事をお薦めします。

皮膚科での基本的な治療法は、炎症を抑えるためのステロイド外用薬と、マラセチア菌を抑えるための抗真菌薬が使われるケースが多いようです。

かゆみの強い場合は抗ヒスタミン剤(内服)やビタミン剤(内服)も使用していきます。

また以下のセルフケアや日常の工夫を心掛けましょう!

  • 発症した部分を清潔にする
  • 刺激の弱いシャンプーや洗顔料や化粧品に変える
  • 栄養バランスの整った食事をする(特にビタミンBとCを補給する)
  • 規則正しい生活をする
  • 心身のストレスをためないようにする
  • 紫外線を避ける

脂漏性皮膚炎は食事や生活習慣とも深い関係があるので、日常生活を改善するところからケアしていきましょう。

午前中に右の眉毛がかゆくなると恋愛のジンクスかも?!

と、怖い話から入ってしまいましたが、明らかにおかしいレベルで眉毛がかゆいのではなく、かなり限定的なタイミングで眉毛がかゆい場合、良い事の予兆かもしれません。

と言うのは、午前中に右の眉毛がかゆくなる、と言うのは、好きな人と両思いになる兆候、というジンクスがあるからなんです。

数ある恋愛ジンクスの中でも、とても限定的な場所かつタイミングなので、信憑性があると言われています。

右の眉毛以外もかゆい場合は、勿論症状を良く観察して、早めに皮膚科で相談するのが一番です。

でも、脂漏性皮膚炎が右の眉毛にだけ出来て、しかも午前中だけかゆいという事はありえませんので、そういう時はニコニコ喜んじゃって良いかと思います。

まとめ

眉毛に限らず、かゆい時に本能に任せてばりぼり掻いてしまって良い結果になる事はありません。

特に女性の場合、お化粧をするにも弊害が出ますので、かゆい時は、固く絞ったタオルで冷やすなどして対応すると若干楽になるので、いざという時にはその方法で対応するようにしましょう。

冷やしすぎると後からかゆみが増して逆効果になってしまう場合があるので、その辺りも注意しつつ、早めに皮膚科で治療を受けましょう。

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。