酵母とは?なぜダイエット効果があるの?酵母を含む食品は?

酵母と言うのは何かご存知ですか?イースト菌、あるいはビール酵母、と言うと分かりやすいかも知れません。

最近は健康食品としてもダイエット食品としても人気が高まっていますが、同じく人気の高い酵素と混同されている事も多いですね。

今回は、その酵母について、その効果効能や酵素との違い、そして酵母を体に取り入れるためのいろいろについて調べた結果をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

酵母って何?酵素との違いは?

酵母とは

酵母は、微生物、別の言い方をすると生きている菌類です。直径約5ミクロンの小さな単細胞で、細菌よりかなり大きく、イースト菌とも言います。

真菌類に属している、というとカビや病原菌と同じ?と引いてしまう人もいるかも知れませんが、乳酸菌なども菌の一つで、乳酸菌はご存じの通りとても体に良い菌類です。酵母も同じく、とても体に良い菌類です。

分裂する時や出芽する時に糖分を分解し、炭酸ガスとアルコールに変えてくれる性質があるので、古くは古代エジプトから、主にお酒の醸造などに利用されてきました。

パン酵母やビール酵母、日本酒酵母など、約350種類以上ものがあって、様々な食品をつくる際に役立っています。パン酵母は、乾燥したイーストとしてよく知られています。

酵母と酵素の違い

酵素は、体の中で作られるタンパク質の一種です。人間が健康に生きていくためにはその酵素が必要なのですが、加齢につれて体内で生成できる酵素が減っていくため、足りない酵素を補って健康と美容を保とう、という理由で、酵素を摂取する人が増えてきました。

酵母と酵素の違いは、酵母が生きている菌類であるのに対し、酵素は菌類ではなく栄養素であるという点です。

ただ、酵母は体内に入ると酵素を生成します。

そういう意味で、酵母は酵素の文字通りお母さん的存在と言っても間違いではありません。

酵母の効果・効能は?

酵母は糖質をアルコールと炭酸ガスに分解して成長します。これを「発酵」といいます。お酒やパン、味噌を作るときに主に使用されています。

酵母の成分は、タンパク質や食物繊維のほか、アミノ酸、ビタミンB群、ビタミンD、ミネラル、そして酵素などの豊富な栄養素を含んでいるため、それによる健康効果も期待できます。

酵母は糖質を分解する働きがある他、以下のような効果も期待できます。

  • 美肌効果
  • 新陳代謝の活性化
  • 整腸作用
  • 疲労回復
  • 免疫力の向上
  • 生活習慣病予防
  • 糖尿病予防

酵母でどうして痩せることができるの?

酵母ダイエットが話題になっていますが、その理由は、前述の通り、酵母に糖質を分解する働きがあるため、というのが主な理由ですが、他にも新陳代謝の活性化と整腸作用も大きな役割を担っています。

酵母ダイエットは、他のダイエットと較べて、食事制限が厳しくない点と置き換え食などにしなくて良いという点で、人気が高まっています。

ただ、いくつか注意点もあります。

  1. すでに糖質制限ダイエットで糖質をほとんど摂らない方や便秘知らずの方は、効果を感じにくいかも知れない。
  2. サプリメントで摂る時、サプリメントによって飲むタイミングや量が違う場合があるので注意が必要。
  3. 胃腸で発酵するので、ゲップやおならが普段より多くなる、お腹がゆるくなるなどの作用があるので、差し障りがある場合は服用を控えたほうが良い。

酵母を含む食品は?

サプリメントで摂るのが最も手軽ではありますが、意識して酵母が多く含まれている食品を摂るのも、健康と美容には大切です。

 

酵母が含まれている主な食品は、

  • 酒類:ビール、ワイン、日本酒、酒粕など
  • 野菜:じゃがいも、にんじん、山芋など
  • 発酵食品:納豆、チーズ、ヨーグルトなど
  • 調味料:醤油、酢、みりん、味噌など
  • 漬物:ぬか漬け、キムチなど

です。

ただ、これらを酵母食品として摂る場合覚えておきたいのは、「酵母は熱に弱い」という点です。

酵母は微生物であり、60度で死んでしまうため、人間の体内に直接入れる場合はちゃんと腸まで届くのですが、上記の食品を摂る場合、製造の段階または調理の段階で加熱しすぎていると、酵母がほとんど死滅している、という状態が多いのです。

ですので、生で食べても差し支えのないものは生で食べ、足りない分はサプリメントで補う、という方法が、酵母を効率よく摂るコツであると言えますね。

まとめ

酵母は、健康にも美容にもとても良いものですが、副作用が皆無という訳ではありません。

健康を害する、または生命の安全を脅かすような副作用はありませんが、ゲップやおならが出やすくなってしまう、というのは、女性だけではなく男性にもちょっと困った副作用です。

ただ、これも、服用のタイミングや量によってある程度コントロール出来ますので、サプリメントで摂る場合はサプリメントの用法を必ず守り、自分の予定や体調と相談しながら上手に摂るようにすれば大丈夫ですよ。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。