ヒアルロン酸注射って凄すぎる!鼻や目の下、豊胸も効く!失敗しないためには?

281203p2

ヒアルロン酸注射ってご存じでしょうか?気になるしわやシミにジェル状のヒアルロン酸を注入することで内側からふっくらとシワを伸ばして、目立たなくすることができるのです。

ヒアルロン酸注入によって、たった数分で驚きの若返りができ、その手軽さと安全性、そして効果の高さから人気となっています。

日本では2014年に初めて厚生労働省の承認を受け、美容目的の治療として、顔のしわやシミ、ほうれい線の修正に使用できるようになります。

もちろん失敗のリスクもありますが、失敗しないためにどうすればいいのか、ぜひ知っておいてくださいね。

スポンサーリンク

ヒアルロン酸とは?

281203p1

ヒアルロン酸はもともと人の体内に存在する成分で、ムコ多糖類というねばねばした物質の一つです。主に、皮膚の表皮と真皮、軟骨や目の硝子体に存在しています。水分を保つ力がとても高く、わずか1gあたり6リットルもの水分を蓄えると言われています。

また、温度や湿度などの影響を受けることが少ないため、肌を保湿するためにはとても有効です。目や肌で潤いを保ち、関節では潤滑油のような役割を担っています。

ヒアルロン酸が多く含まれる肌は、みずみずしいうるおいがキープされているため、ハリがあり、若々しい印象を与えます。

ヒアルロン酸は年齢とともに減少し続けます、20代をピークになって、40代からはその減少スピードが速くなり、60代になると体内のヒアルロン酸の量は、20代の半分以下にまで減少してしまうのです。

ヒアルロン酸注射とは?

ヒアルロン酸注射とはヒアルロン酸を直接注入するという治療法です。ヒアルロン酸を外から注入して肌を持ち上げることで、肌のリフトアップ効果が生まれ、若いころのようなボリュームを取り戻すことができます。

たるみが解消されたり、ハリがよみがえたり、肌のキメが細かくなったりといった美肌効果が期待できます。短時間で効果を得ることができるため、人気の高い治療法となっています。

またヒアルロン酸は、体内で自然に作られるため、体への負担がほとんどなく、安全な治療を行うことができます。

持続時間

ヒアルロン酸注射は一度注入したら効果が永遠に続くというわけではありません 。注入部位にもよりますが、注射してから約6ヵ月~1年程度持続し、徐々に消えていきます。

鼻のヒアルロン酸注入

鼻が低いのがコンプレックスという人は少なくありませんね、鼻のヒアルロン酸注入をすることで、自然で美しい鼻のラインを手に入れることができます。

施術時間が短くて、ヒアルロン酸を鼻に注入し終わるまでの時間は、わずか10分ほど。痛みや違和感は3~5日ほどありますが、日常生活への影響はほとんどありません。洗顔やメイクは当日から可能です。シャワーや入浴も、あまり長時間にならなければ問題ありません。

万が一、ヒアルロン酸注入が失敗したとしても、ヒアルロン酸を溶かす注射剤があるため、やり直すこともできます。

気になる持続期間ですが、個人差もありますが、注射してから半年の効果が期待できます、その後徐々に分解・吸収され、元の形に戻っていきます。持続期間を長くするためには、繰り返し注射する必要があります。

鼻のヒアルロン酸注入治療は健康保険適用外です。費用は各クリニックによって違います、大体5~6万円。

ヒアルロン酸注射による目の下のクマを改善

目の下のクマ、たるみに対して、ヒアルロン酸注射を行うことによってその症状を改善することができます。

目の下のクマやたるみは、肌のハリがなくなることによってできています。ヒアルロン酸はもともと人間の体細胞の中に存在している成分ですので、細胞と細胞とを繋ぐ役割を担っています。この繋ぐ力が、ハリや弾力に繋がっているわけです。

そのため、ヒアルロン酸を注入することで、自然な形でたるみを取り除くことができるのです。たるみとくぼみを解消することで、陰になってできていた黒くまも一緒に消えることになります。

ヒアルロン酸注射は保険適用外ですので、費用は結構かかります、1本あたり4~6万円程度を見ておく必要があります。

ヒアルロン酸注射によるほうれい線を消す

多くの人が気にしているほうれい線ですが、最近ではヒアルロン酸注射を行う人も増えてきています。

年齢を重ねると、頬の筋肉が衰え、肌のハリが失われて、脂肪が下に落ちることで、溝が深く目立ってくるのです。

このような加齢によるたるみやシワの部分へ直接ヒアルロン酸を注入することで、シワを皮膚の下からふっくらと持ち上げてボリュームアップし、ほうれい線を目立たなくすることができます。

施術時間が5~10分ほど、料金は両側で2万円~10万円前後。

ほうれい線のシワは少しでもあると結構目立つので、ヒアルロン酸注射後、すぐ効果がわかります。

ヒアルロン酸注射による豊胸

豊胸の手術には、脂肪注入、シリコンバック、そしてヒアルロン酸注入の3種類があります。ヒアルロン酸注入による豊胸は麻酔も局所麻酔のみで行えるので、シリコンや脂肪注入に比べると気軽に受けられるメリットがあります。

100ccの注入で10万円くらいから受けられるクリニックもあります。30万円台~160万円台の脂肪注入やシリコンバックに比べると安く受けられます。

但し、効果は永久に続くわけではありません。効果をずっと得るには定期的に治療を受け続ける必要があります。

ヒアルロン酸注射のデメリット

ヒアルロン酸注射は即効性があり、効果を早く感じることができるのでとても人気があります。

ただし、ヒアルロン酸は元々体内にある成分ですので、すぐに吸収されてしまうのがデメリットです。効果がすぐ感じでも3ヶ月から半年もすると徐々に吸収されていって、元に戻ってしまいます。キープするためには、3ヶ月~半年に1度は繰り返して注射しなければなりません。

失敗しないためには?

ヒアルロン酸注射で失敗すると皮膚の壊死や、皮膚の表面がボコボコしていたり、青っぽく膨らんだりしている状態になってしまいます。

失敗をできるかぎり避けるためには。以下の2つのポイントを抑える必要があります。

知識や経験豊富なドクターを選ぶ

ドクターの知識や技術が治療の成功に大きく左右するので、多少値段は高くとも、経験豊富で技術の高いドクターを選ぶ必要があります。

部位によってヒアルロン酸を選ぶ

ヒアルロン酸には、ジェルの硬さや配合されている成分の違いによって、さまざま種類があります。美しい仕上がりのために、注入部位に合わせた薬剤を選ぶ必要があります。

ドクターにお悩みの部位や希望の仕上がりなど、遠慮せずに何でも相談するのは大切です。

まとめ

ヒアルロン酸注射はあくまで窪みを埋めるだけです、悩む原因を根本的に解決するものではありません。

事前にデメリットを確認して、信頼できる医師に相談する上で、受診してくださいね。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。