指のささくれ(さかむけ)の原因は?親不孝と言われるのはなぜ?治し方は?

冬になると、いつの間にかできてしまうささくれ、このささくれが地味なのに痛みが半端ないです。

水につけると沁みてしまうし、無理に剥いてしまうと涙が出てしまうほど痛いです。

またささくれができると親不孝と言われることもありますね、それはなぜでしょうか?

ここではささくれの原因や親不孝との関係、治し方についてお伝えします。

スポンサーリンク


指のささくれとは?

ささくれはまたさかむけとも言い、主に手の爪の根元部分の皮膚が自然とむけてしまった状態を指します。

これは爪周辺の皮膚組織は、指先の方向に向いており、爪の根元は線維の断面が露出しているため、めくれやすくなっています。なので、傷ついたり、切れたりしていないのに、自然とできてしまうのです。

ささくれができる原因は?

ささくれができる原因は様々です。

皮膚の乾燥

洗剤を使用する水仕事や洗い物・お風呂掃除などの家事で指先の油分も一緒に洗い流してしまうため、乾燥しやすくなり、ささくれになりやすいといえます。

また乾燥した空気もささくれになる原因の一つです。冬になると水分が空気中に逃げやすくなり、肌も乾燥しやすくなっているので、ささくれができやすくなります。

ネイル

ネイルもささくれの原因のひとつです。

ネイルをする時に使うリムーバーはは油分を奪う作用があるため、ささくれを起こしやすくなります。リムーバーは爪以外の皮膚に付着しないよう気をつけましょう。

栄養不足

皮膚の原料となるタンパク質や肌の状態を健康に保つビタミン類、ミネラル類が不足すると、ささくれが出来ることもあります。

運動不足などによる血行不良

最近デスクワークが原因で、ささくれを起こす人が増えています。

それは長時間パソコンをするため、運動不足などによる血行不良になり、保湿成分などを体の末端まで運びにくくなります。

そのため、指先から乾燥する場合が多くあります。

いずれかの原因に当てはまって、もしくは複数個の原因に当てはまっている場合には、よりささくれになりやすくなってしまいます。

ささくれができると親不孝と言われるのはなぜ?

子供の頃、ささくれが出来て、親に見せると「親不孝しているからだ。」と意外な言葉を返ってきた経験があります。これはなぜでしょうか?

調べてみると、「不摂生」か、「手伝いをしない」という2つに大別されるようです。

親の言うことを聞かない子供が食事が適当にしたり、夜遅くまで遊んだり、朝寝坊したりと不摂生をしていると栄養バランスが崩れ、ささくれが出来てしまう。

親の言うことを聞かない親不孝ものだ」と言われる説です、

一方、「手伝いをしない」から親不孝と言われる説はささくれになると、痛くて仕事ができなくなってしまい、親の手伝いが出来なくなってしまうので親不孝と言われています。

昔は、親の手伝いをするのが当然だった時代ですね。

ささくれの治し方は?

ささくれができてしまったらどうすればいいの?ささくれの治し方を見ていきましょう。

自然治癒

大抵のささくれは、正しいハンドケアをすれば、自然に治ります。

ささくれを無理に引っぱってしまうと、皮膚が割けて傷が広がってしまい、ひどい場合は傷口から菌が入り炎症を起こしてしまうこともあります。

ですので、ささくれを無理にひっぱたりしないで、正しく処理することを心掛けましょう。

ささくれができたら、まず眉用のハサミなどで根元からカットする、カット後、傷口がない場合は、ハンドクリームやワセリンなどを塗り、指先を保湿する。

傷がある場合は、消毒をし、軟膏などを塗って絆創膏で保護しておきましょう。

最近は、ささくれ専用の液体絆創膏が市販されています、ささくれができたら、まずはその市販薬を使ってみるのがお勧めです。

 

また栄養バランスの良い食生活やちゃんと睡眠時間を取るのも大切です。

化膿してしまい場合皮膚科で治療

細菌が侵入して炎症を起こし、腫れたり、化膿してしまい場合、自力で治すのが困難なので、皮膚科に行って専門家に診てもらう方が早く治ります。

まとめ

ささくれができてしまうと、なかなか治らなくて、痛くて仕方がないですね。

ささくれが広がらないように、液状絆創膏でカバーすれば、自然に治すことが可能です。

また睡眠や栄養素も効果的なので、早寝早起きの規則正しい生活リズムを心がけるようにしましょう。

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。