男女別のウエストの測り方!ウエストの正しい位置や理想サイズとは?

皆さん、自分のウエストを測ったことがありますか?

通販でボトムスを買うとき、ウエストサイズを基準にして選ぶ事が多いですね、でもウエストを測る時、正しいウエストの位置がどこかというと意外とあいまいな人が多いですね。

測る位置によってサイズが違ったりしますよね。また男女でもウエストの測り方は違うんです。

そこで今回は男女別の正しいウエストの測り方や理想のウエストサイズについてご紹介します。ぜひご参考になさってください。

スポンサーリンク

ウエストとは?正しい位置は?

ウエストとはヘソより少し上で、お腹の一番細いところ(くびれているところ)のことを指します。

よくウエストを腹囲と勘違いする人がいますが、腹囲とはおへその周り、おなかの最も太い部分、メタボ健診などで測られることが多いです。

正しいウエストの位置は、肘を軽く曲げたあたりです。また自分の体を傾けてみてください、ちょうど折れ目になるところがウエストです。ほとんどの場合は、おへそより2cmくらい上の位置になります。

女性のウエストの正しい測り方や平均値

女性のウエストの測り方

用意するもの

メジャー

 

測り方

  1. まず、立った状態で一番くびれている細い部分を探します。くびれがわかりづらい場合は立った状態で上半身を横に傾けてみて、折れ目になる部分がウエストです。
  2. メジャーを背中側から一周させて、おへその上あたりで交差させてください。メジャーが地面と水平になるようにしましょう。
  3. 通常の呼吸で息を軽く吐いた状態で、交差した目盛りを確認しましょう。これがウエストの数値です

正確に測るためには、メジャーが地面と水平になることが重要です。鏡の前でメジャーが平行になっているかを確認しながら測ると良いです。

またメジャーを強く締め付けたり、緩めすぎたりすると計測結果に誤差が出てしまうので、気をつけて下さい。

女性のウエストの平均値

日本人女性のウエストの平均値は63~66cmだと言われています。もちろん年齢や身長によって変わります。

身長別:

  • 145~155cm :63~65cm
  • 155~165cm:65~67cm
  • 165~175cm :67~71cm

年代別:

  • 20代 :63~66cm
  • 30代: 67~69cm
  • 40代 :69~72cm
  • 50代: 73.5~75cm

となります、この数字をみると、年齢が上がるにつれウエストも大きくなるということが分かりました。

男性のウエストの正しい測り方や平均値

男性のウエストの測り方

女性のウエストは一番くびれている位置で測りますが、男性の場合はおへその位置と決まっています、ウエストと腹囲はほぼ同じサイズになるのです。

測り方:

  1. 立っている状態で両足を肩幅程度に開き両腕を自然に垂らします。
  2. リラックスした自然な状態でメジャーをぐるっと一周させて、おへその周りを計ります。

男性の場合はウエストの一番細い部分ではなくおへその位置を測定しましょう。

男性のウエストの平均値

日本人男性の平均ウエストは:70~90cmだと言われています。

男性のウエストサイズは内臓脂肪の蓄積の目安にもなるので、メタボが気になる方は普段から意識して引き締めておいた方が良いでしょう。

理想のウエストサイズは?

平均と自分のサイズが分かりますが、では理想のウエストサイズは?

女性の理想のウエストサイズ

大手下着メーカーのワコールが長年の研究結果をもとに導き出した「ゴールデンカノン」ってご存知でしょうか?

実はこのゴールデンカノンは、女性の理想サイズを計算するための指標です。

身長に対してバストは0.54、ウエストは0.38、ヒップは0.54、太ももは0.31 を乗じて求めた数値(cm)が理想とされています。

つまり理想のウエストサイズ=身長×0.38

例えば身長170cmの女性の場合、理想のウエストサイズは170×0.38=64.6cmとなります。

理想サイズは先ほどの平均値よりもだいぶ低い数字となることが分かりますね。

男性の理想のウエストサイズ

男性の場合は、理想のウエストサイズ=身長×0.43

例えば身長170cmの男性の場合、理想のウエストサイズは170×0.43=73.1cmとなります。

数字を参考にして、理想の体型を目指してみてください。

あとがき

いかがでしたか?

自分のウエストのサイズを正しく測れることは、体にフィットしたお洋服を選ぶためにとても重要になります。

また理想のサイズを知ることで、自分のサイズがどうなのか判断できるようになります。

男性の場合、自分のウエストサイズは内臓脂肪の蓄積の目安にもなるので、ぜひ自分のウエストサイズを把握して、服の選びにも、健康にもお役に立ちましょう!

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。