さつまいもの旬の時期はいつ?1本のカロリーや糖質は?ダイエットに効果あるって本当?

さつまいもはお好きですか?焼いても、蒸しても、揚げても美味しいですよね!特に女性の方は大好き!

  • さつまいも1本のカロリーや糖質はどれぐらい?
  • 旬の時期はいつ?
  • 食べすぎたら、太るの?
  • さつまいもダイエットは良く耳にしますが、本当効果がある?

等など、気になりませんか?今回はさつまいもに関する知識やさつまいもダイエットの正しいやり方、失敗しないための注意点についてご紹介したいと思います。

もっと健康で幸せな生活を送ることができるように、しっかりと把握しておきましょう。

スポンサーリンク

さつまいもの旬はいつ?

さつまいもの旬は9月~11月です。

新ものはこの時期に出回りますが、、収穫の後2ヶ月ほど貯蔵して、水分を蒸発させたほうが甘味が増してもっと美味しくなります。

というわけで 1月~3月 も旬!

実は、さつまいもには旬が2回あります。主な産地は 鹿児島県・千葉県・宮崎県・徳島県。

さつまいも1本のカロリーや糖質

大まかに言うと

さつまいもMサイズ(1本/200g)のカロリー: 264kcal

さつまいもMサイズ(1本/200g)の糖質ー:63.0g

もちろんさつまいもの種類と調理次第でカロリーが変わります、それぞれ見てみましょう:

種類別でカロリー比較(生1本200g)

鳴門金時 264kcal
紅あずま 264kcal
紅はるか 284kcal
安納芋 326kcal

調理別カロリー比較(1本200g)

焼き芋 264kcal
蒸し芋 264kcal
大学イモ 582kcal
天ぷら 498kcal

さつまいもを焼いた場合は、水分が蒸発してでんぷん質が糖質に変化しますので、カロリーも若干上がります。注意したいのは食べ過ぎるとカロリーオーバーになりますので、太ってしまうリスクがあります、基本的には1日1本以下に抑えましょう。

さつまいもの主な栄養素

さつまいもには、銅、食物繊維総量、ビタミンC、パントテン酸、ビタミンB6、葉酸、ビタミンE、カリウムが多く含まれます。

特に非常に多くの食物繊維が含まれています。排泄する働きがある食物繊維が腸内環境を整えて、便秘によく効きます

さらに糖分をエネルギーに変えるビタミンB群や、抗酸化作用を持つビタミンE、コラーゲンの生成を促進するビタミンCなど、様々な栄養素がバランスよく含まれるので、シワやたるみ、シミやそばかすなど抑える美肌効果も期待できます

さつまいもはダイエットに効果ある理由は?

「さつまいも」って太るイメージがありませんか?実は信じられないかもしれないが、さつまいもはみなさんが思っているよりヘルシーな食材なのです。

主食として考えたとき、さつまいもは他の食品よりカロリーが低いです。100gあたりのカロリーで比較すると

  • 白米: 356.1kcal
  • 食パン: 246kcal
  • さつまいも: 132kcal

なんと白いご飯の半分以下なんですね。

さらにさつまいもは食物繊維が豊富で便秘を解消する効果が期待できます。便秘を解消することで代謝が上がり、痩せやすい体になるのです。

そして、さつまいもには「ヤラピン」という成分が豊富に含まれています。聞きなれない栄養素ですね。これはさつまいもを切った時に溢れ出てくる白い液体です。

このヤラピンは腸が正常に働くのを促進し、便を柔らかくする作用があります。便秘解消に効果的だとよく言われますがそれは、食物繊維とヤラピンが豊富に含まれているからなのです。

また、さつまいもにはビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEも含まれています。

  • ビタミンB2は、脂肪燃焼を助ける働きがあり、
  • ビタミンCは、美肌成分として有名!
  • ビタミンEは、血液の流れを良くする働きがあるので、代謝が良くなり痩せやすい体になれることが期待できるのです。

最後にさつまいもは満腹感を感じやすく腹持ちが良いので、簡単にダイエットを実践でき、ダイエット効果は期待大ですね!

さつまいもはダイエットに効果ある理由をまとめますと

  • 低カロリーで腹持ちが良い。
  • 食物繊維やヤラピンが豊富で便秘解消に効果的。
  • 脂肪の吸収を抑え、脂肪燃焼を助ける成分が多い。
  • 満腹感がある食材。

さつまいもダイエットの正しいやり方

テレビでも紹介されましたが、さつまいもダイエットは、主食をさつまいもに置き換えるダイエットです。

方法としては昼か夜の食事の主食を、蒸したさつまいも150グラムに置き換えて食べるだけです。

失敗しないための注意点:

  • さつまいもの皮にはポリフェノールが豊富に含まれているので、皮ごと食べた方が効果的です、
  • 蒸して食べるのがおすすめです。
  • さつまいもダイエットは、食事制限やカロリー制限はありません。栄養バランスのとれた食事、腹八分目を心がけることが大切です。

さつまいもの1日の適量を守り、それ以外ではバランスの取れた食事を3食きちんと食べるのが、さつまいもダイエットの正しい方法です。

まとめ

さつまいも1本のカロリーは大体264kcal!糖質は63.0g、ダイエットに適している食材であることは間違いないです。

ただし、正しいやり方をしないと逆に太ってしまうので、正しいやり方で実践してみてくださいね。

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。