グレープフルーツの簡単な切り方や剥き方は?美味しい食べ方もチェック!

すっぱくて、甘くて、さわやかなグレープフルーツですが、健康に役立つ成分がたくさん含まれております。特にお肌に良いということで、多くの女性に好まれている食材です。

しかしそんなグレープフルーツですが皮が固いし、手で皮をむくとベタベタになって、食べにくいですね。

せっかく栄養たっぷりのグレープフルーツなのに、食べにくいことで敬遠する人も少なくないようです。本当に損ですね。

そこで今回は簡単なグレープフルーツの切り方や、剥き方、美味しい食べ方もをご紹介します。ぜひご参考になさってください。

スポンサーリンク

グレープフルーツの簡単な切り方・剥き方

グレープフルーツの簡単な切り方

1、皮つき状態で縦に包丁を入れ、半分の半分の半分。8等分に切ります。

2、ワタのところが苦みがあるので、切り落とします。

3、外皮と実の間に包丁を入れて、実に沿って切ります。薄皮が実に残らないように気をつけましょう。

画像出典:https://smoothie-book.com

4、果肉を盛り付けてできあがりです。

グレープフルーツの薄皮には食物繊維が豊富に含まれており、腸内環境を整える効果があるので、一緒に食べるのもおすすめですよ♪

包丁いらず!グレープフルーツのむき方

包丁でグレープフルーツの皮をむくと、どうしても身が削れますね、包丁なしで剥く方法をご紹介します。

この方法は身を1欠片も無駄にしないですよ。これはクックパットの小さなめぐみんさんの作です。

1、鍋に水を入れ、沸騰させ、グレープフルーツを入れて転がしながら3分ゆでます。

2、3分経ったら、すぐに氷水につけます。

3、冷めたら、普通のミカンを剥くように、面白いくらい簡単に剥けます。

グレープフルーツの美味しい食べ方

グレープフルーツは、苦味があるため、ハチミツをかけて食べるととても美味しいです。

またグレープフルーツの実をタッパーに入れ、はちみつをいれて漬け込んで一晩置いてから、食べると、蜂蜜がグレープフルーツに浸透し、もっと美味しいです。

ヨーグルトにグレープフルーツを混ぜて食べると苦味がマイルドになって食べやすくなります。

調べているうちに、グレープフルーツの意外な食べ方も発見しました、それはグレープフルーツの上の部分を包丁で切って、ヘタをくり抜き、穴を開けます。後はギュッとしぼって、果汁を飲むのです。簡単ですね。

またグレープフルーツのサラダという食べ方もあります。

ベビーリーフとグレープフルーツを混ぜてお皿に盛り、ドレッシングをかけて食べます。夏にピッタリです。

あとがき

アメリカの実験によると、グレープフルーツのにおいをかぐと若返るそうです。これは凄いですね。

またグレープフルーツは薬に影響するらしい、グレープフルーツと薬を一緒にとると、グレープフルーツに含まれるフラボノイドが、薬を代謝する酵素の働きを弱めるので、薬の作用が強く出てしまい、薬が効きすぎることがあるということです。

グレープフルーツジュースと薬を一緒に飲まないで下さいね。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。