カルパスのカロリーや糖質は?ダイエットに向いている?太りにくい食べ方をご紹介!

お酒のおつまみとして人気の「カルパス」!美味しくて手軽で、ついつい食べ過ぎてしまうことってありませんか?

カルパスでダイエットを成功する人もいれば、逆に太ってしまう人もいます。

そんなカルパスですが、

  • カロリーや糖質はどれくらいあるの?
  • ダイエットに向き、それとも不向き?
  • 太りにくい食べ方は?

などについて、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カルパスとは?カロリーや糖質は?

カルパスとは?サラミとの違いは?

カルパス

サラミ

カルパスはセミドライ・ソーセージの一種です、原産国はロシアで、ロシア語でカルバーサ(ソーセージ)からきたそうです。

よく似たものに「サラミ」がありますが、その違いは「主原料」です。サラミを作る際には、牛や豚肉しか使いませんが、カルパスを作る際には鶏肉を入れる場合があります。

肉を腸に詰めた後に茹でるか蒸すかによって加熱し、乾燥させて、水分量が55%以下となっているのがカルパス

一方、サラミの場合は肉を腸に詰めた後に、加熱をしないで乾燥したもので水分量が35%以下にしたもの。

「サラミ」は「ドライソーセージ」に分類されますが、「カルパス」は「セミドライソーセージ」に分類されることがほとんどです。

カルパスのカロリーや糖質

最も定番的な一口サイズのおやつカルパスのカロリーは1本(3.4g)あたり約16kcal

商品や大きさによってカロリーが違いますが、おやつカルパスの約2倍の大きさの「ペンシルカルパス」のカロリーは、約30kcal

100gで換算すると、約470kcal、加工食品の中でも高カロリーですね。

カルパスの糖質は一口サイズのカルパスなら1本あたり約0.3g。

カルパスは低糖質なため、カロリーに気を付ければ、糖質制限ダイエットなどに向いているかもしれません。

カルパスはダイエットに向いている?

ネットで調べると、カルパスを利用して10kg減量に成功した人がいるし、逆にカルパスで太った人もいます。

カルパスはダイエットに向いているのでしょうか?

カルパスでダイエットに成功出来た人によると、カルパスは腹持ちが良いです、おやつとしてちょっとだけ食べれば、それでずっとお腹が減らずに済むので、空腹感をまぎらわすために最適な食品となっています。

腹持ちの良いものというのはダイエットにとって、とても良いものですね。

またカルパスは肉の塊であり、タンパク質がとても豊富に含まれています。ダイエットをしている方は、タンパク質が不足しやすいですので、そのような場合にカルパスはとてもありがたいものです。

さらにカルパスは低糖質なため、糖質ダイエットに向いているかと注目を浴びているようです。

一方、カルパスはダイエットに向いていない理由としては、カルパスの塩分が多くて、代謝が悪くなったり、食欲の増進を促すことにもつながるので、太りやすくなってしまう恐れがあると考えております。

やっはりカルパスの食べ方はダイエット成功の鍵となっていますね。

カルパスの太りにくい食べ方

いくらカルパスが低糖質や腹持ち良くても、普通の食事のデザートの食べ方をしていれば太るんですよね。

ではカルパスの太りにくい食べ方をご紹介します。

食べる前にメタバリアSを飲む

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メタバリアS<袋タイプ> 約30日分 240粒
価格:5651円(税込、送料無料) (2018/2/14時点)

 

食べる前にメタバリアSを飲むと、カルパス1本分でも腹持ちを上がるので、なかなかおなかが減らなくなります。

このサプリは植物由来の成分サラシアが糖質の吸収をブロックするので、急な血糖値の上昇を抑えられていつもの食事の腹持ちが良くなるのです。

カリウムを積極的に摂取する

カルパスは塩分を多く含むため、塩分を体外へしっかりと排出してあげる必要があります。

カリウムには塩分の元であるナトリウムの排出を促す作用があるので、「カリウム」と一緒に摂取することが有効です。

カリウムはトマトジュースや野菜ジュースで摂取してもいいし、サプリで摂取しても効果的です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リアルサプリ 徳用 カリウム 約180日分 1440粒【送料無料】
価格:3229円(税込、送料無料) (2018/2/14時点)

最後に

結論から言うと、カルパスの正しい食べ方をすれば、ダイエットに向いている食品と言えます。

カルパスを食べると痩せる!ということではないのです、血糖値を上げる炭水化物、糖質の量が少ないことで空腹感を和らげ、インスリンを出ないようにということですね。

もちろん食べ過ぎたら太ってしまう恐れがあるので、注意してください。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。