甘酒のカロリーは?太るの?疲労回復や肌荒れに効果があるって本当?!

甘酒と言えば、お酒じゃないの?子供が飲んでもいいの?と言いたくなる飲み物でした。

ところが、甘酒のイメージが変わってきましたよね。よく飲まれるドリンクの一つのように、コンビニや自動販売機でも売っています。夏バテ予防として甘酒を飲む人も増えてきています。

今回は、甘酒の魅力に迫ります。

スポンサーリンク

甘酒とは?カロリーはどれくらい?太るの?

甘酒とは?

甘酒(あまざけ)は日本の伝統的な甘味飲料の一種で、メーカーさんのサイトで、「甘酒は清涼飲料水」と書いてあります。

米麹を発酵させた甘酒は、アルコール分は1%以下なので、ソフトドリンク(アルコール度数1%未満)に分類されています、子供でも安心して飲めちゃうんです。

夏の風物詩として人気が高く、暑さで疲労した体のケアとして、昔から飲まれていたのは有名です。

カロリーはどれくらい?太るの?

甘酒のカロリーは:81kcal/100g;糖質は:17.9g/100g

ご飯100gのカロリーは168kcal

米麹100gのカロリーは286kcalとなっています。

カロリーを見れば、そんなに高いわけじゃないですが、ダイエット向きの食材なのかと思いますね。

また甘酒のブドウ糖は速やかに吸収されて、疲労回復に繋げる一方、満腹になりやすいという点もあるので、甘酒ダイエットに挑戦している人がいるようです。

但し甘酒ダイエットは置き換えにしないと、ダイエットへと結びつけません、余計に太ってしまった場合もあります。

さらに甘酒の糖質は高いので、糖質ダイエットをしている方には甘酒はあまりお勧めできません。

甘酒の効果効能について

甘酒は、飲む点滴、発酵ミルクと呼ばれて、健康と美容を意識する女性からの支持が高まっています。それでは、甘酒には、どのような効果効能があるのかを見ていきましょう。

肌荒れ・美肌効果におすすめの米麹の甘酒

肌荒れ・美肌効果に良いと言われているのは、米麹の甘酒です。発酵食品で、善玉菌が含まれているからです。

腸内環境が悪化すると、お肌にも悪い影響が出ます。シミや大人ニキビ、肌荒れに悩まされることになります。それで、腸内環境を整えるには、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らす必要があります。

ドクターさんたちの解説では、善玉菌を増やせば、次第に悪玉菌は減っていくんだそうです。

米麹の甘酒で、便秘の改善

というわけで、善玉菌が含まれている甘酒、米麹の甘酒を飲むと腸内環境が整うので、便秘の改善にもつながるということです。

また、甘酒に含まれるブドウ糖とオリゴ糖が腸内の善玉菌の栄養になって、効果は倍増!するそうです。そのあたりをドクターさんたちも、美容研究家さんたちも注目している様子が見受けられます。

疲労回復効果

米麹の甘酒はが「飲む点滴」とまで言われるのは、甘酒に含まれている栄養素のバランスの良さです。

甘酒に含まれているのは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、システイン、アルギニン、9種類のアミノ酸、そして豊富なブドウ糖などです。

発酵食品が健康に良いということから、甘酒も注目されたようですが、やはり情報番組の後押しは大きかったのではないでしょうか。

酒粕の甘酒では、疲労回復効果につながる理由として、睡眠の質のアップがあげられています。テレビ番組では、統計データを取っている先生もいらっしゃいました。

酒粕の甘酒に含まれる清酒酵母が脳に働きかけて、睡眠の質を良くしてくれるそうです。

ただし、酒粕の甘酒はルコールに弱い人は注意が必要です。

美髪効果

腸内環境にも良い、肌にも良いとなると、美髪効果も期待できますよね。豊富な栄養からも頷けます。

プラスワンの情報としては、ビオチンが含まれていることです。ヘアケアのシャンプーやリンスに配合されていることもある「ビオチン」です。

どれくらいの量が含まれているかは今のところ定かではないので、こちらはプラスワンの情報というくらいに思っていた方が良いかもしれません。

効果的な飲み方とは?

健康のためには、寝る前に100cc飲むのが理想のタイミング。ダイエットで、朝食の置き換えにするなら、量の目安は200cc

情報番組で、おすすめしていたのは、「甘酒に、しょうがを入れる」というものでした。血管が開いて血流が良くなるんだそうです。この場合は、朝に飲むと良いそうです。

それと、もう一つ、健康という観点では、常温で飲むのが良いとされています。

甘酒を楽しむ分には、ホットもアイスも美味しいですよね。

レシピとしては、「甘酒+豆乳」「甘酒+抹茶」「甘酒+きなこ」が人気ですよ。

最後に

甘酒にはさまざまな栄養素が含まれていて、美容や健康にうれしい効果がたくさんあります。最近では甘酒の商品も増えてきており、スーパーやコンビニで手軽に購入することができるようになっています。

健康のために今すぐにでも甘酒生活を始めましょう!

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。