アボカドの果肉が黒い点や筋があったら食べられるの?簡単な切り方と見分け方をご紹介!

アボカドはお好きですか?サラダに入れたりそのまま食べたり、またお醤油をかけるとトロの味になり、とても美味しいです。

でも、日本の食卓の常連というほど、日本人の食生活には浸透していないのではないでしょうか。

カロリーなんだかとても高そうだし、あまり食べた事がないから扱い方もよくわからなくてハードルちょっと高い、選び方もよくわからない、という方にも、アボカドの栄養価やカロリー、それに黒い点や筋ができたアボカドについて、わかりやすく解説していこうと思います。

スポンサーリンク

アボカドとは?栄養価は?

アボカドとは

アボカドとは、メキシコと中央アメリカ原産の常緑高木、またはその木に実る果実の事を指します。アボカドの皮がワニの背中に似ていることから別名「鰐梨(ワニナシ)」とも呼ばれているようです。

古代アステカ時代の記録によると、アボカドが「生命の源」と呼ばれて珍重されているそうです。19世紀末にアメリカに持ちこまれ、栽培されるようになってから大きく広がっていったのです。

現在、日本では流通しているアボカドはほとんどメキシコ、ニュージーランド、アメリカなどからの輸入品です。

アボカドの栄養価と効能

アボカドの栄養価はとても高く、『ギネス世界記録』には、世界一栄養価の高い果物と記録されています。森のバターとも言われています。

栄養素は非常にバランスがよく、たんぱく質や食物繊維やビタミン類を豊富に含んでいます。

アボカドにはコレステロールを下げる不飽和脂肪酸のオレイン酸を含めるので、皮下脂肪にはならず、血液中の悪玉コレステロール値を減らし、血液をサラサラにしてくれるのです。

ビタミンEやビタミンA,C、カリウム,マグネシウム,リンなどのミネラルも多く含んでいるので、老化防止に効果のある食材と言えます。

アボガド半個で1日の所要のリノール酸、リノレン酸など不飽和脂肪酸が充分に摂取でき、お肌を乾燥から守ってくれるセラミドを作り、ツルツルなお肌を手に入れることができるのです。

その他、利尿作用、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、がん予防、便秘改善などに効果があるといわれています。

アボカドのカロリーについて

アボカドの気になるカロリーをご紹介します。

①100gのカロリー:187kcal

②1個のカロリー:約262kcal(可食部140gとした場合)

③1切れのカロリー:約50kcal(切った時の形状でも異なります)

アボカドは、確かに高カロリーです。

高カロリーの原因は脂肪分をたっぷりと含んでおり、その量はなんと果肉の20%近くもあります。

しかしこの脂肪の種類は不和脂肪酸なので、コレステロールを上げるのではなくむしろ逆に減少させる効果があります。

食べ過ぎには勿論注意が必要ですが、カロリーの数値にとらわれず、摂取できる栄養素に注目して、是非ダイエット生活にも取り入れていただきたいと思います。

黒い点や筋ができたアボカドが食べられるの?

外見は大丈夫なものと変わりがないですが、切ってみると黒い点や筋ができてしまっていることが何度もありますね。

「あの黒いスジ状のものって何?食べても大丈夫なの?」と思われる方も多いかもしれませんが、これは傷んでいるのではありません。

実はあの黒いスジがアボカドの種子にミネラルなどの栄養素や水分を運ぶ維管束です、酸化しやすい特徴があるため、筋だけが黒く変色してしまうのです。

黒く変色した部分はポリフェノール類が空気に触れることで、反応してメラニン色素が生成されたのが原因です。メラニン色素は人間の肌も自然に作り出す成分なので、食べても問題はありません。

ですので、スジが入っていても、果肉自体が黄緑色をしていれば問題なく食べることができます。

またアボカドは、5度以下の温度では、「低温障害」が発生し、果肉が黒くなる恐れがあるので、黒ずんでいる部分や、果肉が変色していたりする部分は、取り除くことをお勧めします。

アボカドの簡単な切り方

アボカドの簡単な切り方を、クックパッを参考にして紹介します。

  1. 縦に包丁でぐるっと一周切込みを入れる、まっすぐずれないようにすると、切り口がきれいになります。
  2. 両手で実を持ち、ねじるように回して2つに割る
  3. 種に包丁の根元を刺し、ぐるっと回すようにして種を摂る
  4. 用途に応じて皮をむくか切る

皮を手でむきとってから切ったり、皮を残したまま実をスプーンですくって取るという方法があります。切った後はレモン汁をふって変色を防ぎましょう。

おいしいアボカドの見分け方

最後に、おいしいアボカドの見分け方ですが、こちらもクックパッドにある方法をご紹介します。

  • 全体的にきれいな長球形
  • 皮にツヤとハリがある
  • さわると弾力がある
  • ヘタと果皮の間に隙間がない

この条件を満たしているものが良品です。

選ぶ時には、ヘタの部分もチェックしてみて下さい。ヘタの部分が過度にやわらかいものは、酸化してしまっている事が多いためです。

果皮が緑色、かためのアボカドを買った場合は、家でやわらかく熟させてから食べましょう。

まとめ

アボカドのいろいろについてご紹介させていただきました。昔は入手しづらかったですが、今はスーパーで簡単に手に入れることが出来ます。

果実としての旬ですが、アボカドは年間を通して流通しています。比較的多く出回るのは秋頃です。

ご紹介しました良品の見分け方や切り方を参考にしていただき、是非ご家庭で美味しいアボカドを召し上がっていただきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。