キムチのカロリーと糖質は?驚きの効果とは?キムチの臭いを消す方法も紹介!

キムチは、朝鮮半島発祥の、白菜などの野菜を、塩・唐辛子・魚介塩辛・ニンニクなどに漬け込んだ漬け物ですが、今や日本でもすっかりポピュラーな、スーパーでもコンビニでもお手軽に手に入れられ、焼肉屋さんは勿論、定食系のファーストフード店のメニューにも取り入れられている、人気食品ですよね。

このキムチ、美味しいんだけど辛すぎる、臭いが気になって食べるのをためらってしまう、という方、特に後者は、女性の方に多いのではないでしょうか。

でも、キムチには、素晴らしい健康効果、更にダイエット効果もあるんです。食べないでいるのはもったいない。そんなキムチのいろいろに迫ってみました。

スポンサーリンク

キムチのカロリーと糖質について

キムチのカロリーと糖質ですが、キムチの種類にもよるのですが、ここは一番一般的な白菜のキムチの、一般的な作り方をした場合のカロリーをご紹介します。

キムチは100gあたり

  • カロリーは約46kcal
  • 糖質は約15.6g

日本の白菜の浅漬けが同じ量で16kcal なので、それに較べると若干高めではあるのですが、キムチに含まれている栄養分は、ダイエットにとても効果的なものが多いのです。

例えば、新陳代謝を活発にし、脂肪を効率よく燃焼させる効果のあるカプサイシンや、胃酸に強く腸内まで楽々届き、腸内で善玉菌を増やしてくれるラクトパチルス乳酸菌という菌が含まれています。

キムチは体にどんな効果があるの?

キムチを食べるダイエットについて一部の効果をご紹介しましたが、他にも多くの健康効果が期待できます。

キムチの効果効能としてよく挙げられているのは、

  • ダイエット効果
  • 便秘の解消
  • 美肌効果
  • 免疫力向上

などですが、特に、カプサイシンとラクトパチルス乳酸菌以外にも、ニンニクに含まれるアリシンやしょうがに含まれるジンゲロールが、それぞれ、新陳代謝を高めたり、抵抗力を高めたり、血行を良くしたりなど、とても良いお仕事をしてくれるのです。

勿論、キムチに使われる野菜も、それぞれ身体に良い働きかけをします。特に白菜独自にも美肌効果がありますので、キムチの調味料との相乗効果もあって、お肌つるつるにしてくれるのです。

便秘もお肌の不調の原因の一つですから、その便秘が解消される事で、追加効果も。これは、健康と美容のために、食生活に取り入れない手はありませんね。

キムチの賞味期限はどれぐらい?

キムチの賞味期限ですが、漬物だから長持ちであまり気にしなくて良いのでは?と思いがちですが、実は意外と短いんです。

日本の梅干しや味噌漬けのような長期保存できる漬物よりは、浅漬けに近いと考えたほうが良さそうです。ただ、浅漬けよりは若干長めになっています。

状態別のキムチの保存期間ですが、

未開封の賞味期限

未開封のキムチ賞味期限の目安は大体1ヶ月前後。

未開封だと長持ち?と思いがちですが、これは間違いです。

未開封や完全に密閉しているキムチは、特に常温で保存している場合、発酵が進んで膨張し、最悪の場合爆発してしまいます。

未開封でも必ず10℃以下で冷蔵保存が基本です。

賞味期限は製法やキムチの種類によっても異なり、未開封のままなら何年か持つようなものもありますので、未開封のキムチは、必ずパッケージの賞味期限を確認し、それを守るようにして食べましょう。

開封後の賞味期限

開封後のキムチ賞味期限の目安は大体1ヶ月前後

開封後のキムチも、10℃以下の冷蔵保存が必須です。冬場でも冷蔵保存のほうが安心です。

こちらも、パッケージ入りのものはその賞味期限、量り売りで買った場合はお店の人に賞味期限を確認し、なるべく早く食べきりましょう。

未開封も開封後も、大体1ヶ月以内を目安にしたほうが良いようです。

気になるキムチの臭いを消す方法

キムチを安心して食べるために、気になる臭い対策について何点かご紹介します。

キムチは、ニンニクに含まれるアリシンが体内で分解される事によって出来るアリルメチルスルフィドという成分によって、口臭だけではなく、体臭としても残ってしまいます。

臭いの出ないキムチなら問題ないのですが、そうではない場合のほうが多いです。そのためには、丁寧に歯磨きをしたり、外出時で歯磨きができない場合は良く口をすすいだりした上で、

  • 牛乳を飲む(たんぱく質が有効)
  • リンゴを食べる又はリンゴジュースを飲む(ポリフェノールが有効)
  • 緑茶を飲む(カテキンが有効)
  • 口臭サプリメントを使う
  • スポーツやお風呂でいっぱい汗をかく

などが効果的です。

 

特に口臭サプリメントは効果的な方法として活用されています、キムチをたくさん食べても口臭サプリメントを飲めば、次の日の口臭もしっかりと抑えることができます。

飲み物やサプリメントは、キムチの食後1時間以内に摂るのが良いです。

また「スポーツ又はお風呂」については、キムチが汗をかきやすくしてくれているので簡単に大量に汗をかくことが出来るので、一石二鳥です。

まとめ

キムチについてのいろいろをご紹介しましたが、美味しくキムチを食べた後は、エチケット対策も大切です。

また、カロリーを気にする必要はありませんが、糖分は高めですので、ダイエットに良いからと言って食べすぎると逆効果になりかねないので、一日50g~80g位を目安にして、食べすぎないようにしましょう。

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。