アナフィラキシーショックとは?原因や症状は? 起こったときの応急処置について!

アナフィラキシーショックで思い浮かべるのは、命の危険性ではないでしょうか?テレビの医療系のドラマや事件もののドラマの題材になることも多いですよね。

今回は、アナフィラキシーショックについて、症状や治療までの応急処置を調べましたので、心配のある方は参考にしてください。

スポンサーリンク

アナフィラキシーショックとはどんな病?

急激に、全身にアレルギー症状が出る反応をアナフィラキシーと言います。

そして、アナフィラキシーによって、血圧の低下や意識障害などが起こって、脱力したようなショック状態になることをアナフィラキシーショックと言います。

また、アナフィラキシーショックは、命を落とす危険なケースもあり、症状が出てから心停止までの時間は15分と言われています、速やかな治療が必要です。

どんな症状が現れるの?

アナフィラキシーの主な症状は、次の通りです。

  • 皮膚の症状:じんましん、赤み、かゆみなど。
  • 呼吸器の症状:くしゃみ、せき、ぜいぜい、息苦しさなど。
  • 粘膜の症状:目のかゆみ、目のむくみ、くちびるの腫れなど。
  • 消化器の症状:腹痛、嘔吐など。
  • 循環器の症状:血圧低下など。
  • ショック症状:急激な血圧低下で意識を失うなど。

ショック症状(アナフィラキシーショック)は、命の危険を伴います。

アナフィラキシーの原因は?

アナフィラキシーの原因には、食品、医薬品、天然ゴム(ラテックス)、昆虫や動物が挙げられます。

食品

食品を食べて、アナフィラキシーの症状が現れるケースがあります。

そのアレルゲンとなるものには、次のような食品:

鶏卵、牛乳、小麦、ピーナッツ、そば、大豆、えび、かに、いくら、魚卵など挙げられます。個人によって、反応が出るものは異なります。

また、「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」というケースもあり、食品を口にしただけでは症状が現れないのに、食べた後の2時間以内に運動をして、アナフィラキシーの症状が起きる場合があるんです。

医薬品

医薬品の投与によって起こるケースがあります。

造影剤、抗がん剤、解熱消炎鎮痛剤、抗菌薬、血液製剤、生物由来製品が原因となって、アナフィラキシーの症状が出るケースです。

また、子供に起こるケースでは、塩化リゾチーム、タンニン酸アルブミン、乳酸菌製剤、結腸栄養剤、インフルエンザワクチン、卵由来の成分や牛乳由来のたんぱくを含む医薬品などが心配されます。

天然ゴム(ラテックス)

天然ゴム(ラテックス)に触れたり、その粉末を吸ったりしてアナフィラキシーの症状が表れるケースがあります。

医療用手袋、カテーテル、炊事用手袋、避妊具、風船、ゴム靴、ゴム草履などによって症状が出ることがあります。

昆虫や動物

蜂に刺される、クラゲに刺される、ダニ、アリ、ハムスターなどに噛まれることによって、アナフィラキシーの症状が現れるケースがあります。

特に危険なのは、スズメバチ、アシナガバチなどの蜂の毒液によるアナフィラキシーショックです。命を落とすケースも少なくありません。

起こったときの応急処置はについて

ショック症状(アナフィラキシーショック)に陥った場合は緊急医療の対象となります。

ぐったりしている、意識障害を起こしている、失禁している、のどが締め付けられる様子がある、声が出ない、強い喘鳴、呼吸困難などが見られる場合は、すぐに、救急車を呼びましょう。

応急処置

急に動かさずに、安静な体位を取るのが基本です。

アナフィラキシーの原因となる食物が口の中に残っている場合は、吐き出して水でゆすぎます。

嘔吐が見られる場合は、顔を横に向けて、吐いたものが喉や口に残らないようにします。

原因となる食物に手で触れた場合や、その食物が付着している場合は、水で洗い流してください。

蜂に刺されて毒針が残っている場合は、無理をして取り除いたり、毒を出すためにつまんだりすると危険です。毒や毒針、細菌を体の中に押し込んでしまう恐れがあります。早急に、医師による適切な処置を受けるようにしましょう。

アナフィラキシーショックが起きる体質だとわかっている場合の対処

応急処置として、ショック症状を一時的に緩和するために、アドレナリン自己注射薬を太もも前外側の筋肉に注射をします。

アナフィラキシーショックが起きる体質だとわかっている場合は、普段からアドレナリン自己注射薬の使用方法を主治医から指導を受けておくことも必要です。

まとめ

アナフィラキシーショックの症状には、皮膚の症状、呼吸器の症状、粘膜の症状、消化器の症状、循環器の症状などがあります。そして、命を落とすリスクが高いので、速やかな対策が必要です。

好き嫌いはダメと、何でも子供に無理に食べさせることが危険なことがありますので、唇が赤く腫れていたり、まぶたがむくんでいたりする場合は注意を払ってあげてくださいね。

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。