複数のURLを一気に開くChromeの拡張機能「Pasty」とは?使い方もチェック!

社内メンバーからたくさんのURLが送られてきた!URLをひとつひとつ開いていくのが面倒だと思いませんか?

そうなときにURLを一気に開ける拡張機能「Pasty」がおススメです。

そこで今回はたくさんのURLを一気に開けるChrome拡張機能「Pasty」を紹介していきます。

スポンサーリンク

「Pasty」とは?

Pastyとはコピーしたテキストにある複数のURLを一気に開いてくれるGoogle Chrome拡張機能です。

エクセルの表に、大量のサイト・ページのURLを管理している場合、URLを開いて、サイトをチェックする際に、エクセルのハイパーリンクを使って1つずつクリックすると、とても面倒ですよね。

また社内メンバーがメールでたくさんのURLが送られてきたときもそうです。

そんな時に、Pastyを使えば、コピーしたURLをまとめてタブで開くことができます。面倒な作業が一気に解消してくれますよ。

「Pasty」の導入方法

Chromeウェブストアの「Pasty」のページへアクセスし、画面右上にある「+無料」をクリックする。

⇒ChromeウェブストアのPastyのページへ行く

インストール確認のポップアップが表示されるので「拡張機能追加」をクリックする。

拡張機能がインストールできていると、ブラウザの右上に緑色のアイコンが表示されるようになります。

これで、インストールは完了です!

Pastyの使い方

「Pasty」の使い方もとても簡単です!

エクセルやメモ帳などで、一括表示したいWEBサイトのURLをすべて選択して「右クリックでコピー」しましょう。

PastyはURLだけを開いてくれるので、普通のテキストが混ざっていても問題ありません。

URLがコピーされている状態で、ブラウザ右上の「Pastyボタン」をクリックすると、タブが一気に開きます。

最後に

Google Chromeの拡張機能「Pasty」をご紹介しました、いかがでしょうか。

この拡張機能は、大量のウェブページを一気に確認したいときに、とても便利なツールです。時間節約のために、ぜひPastyを使ってみてみてください。