咳が止まらない!この症状はハウスダストアレルギーかも!対策方法とは?

風邪でもないし花粉症でもないのにくしゃみや咳が止まらなくなった事がありませんか?そんな場合、もしかしたらハウスダストアレルギーかもしれません。

ハウスダストアレルギーと言うのはどんな病気なのか。どう対策すれば予防、改善できるのかについて、いろいろ調べてみました。

スポンサーリンク

ハウスダストって何?

ハウスダストと言うのは、ハウス(House)→「家・室内」のダスト(dust)→「ホコリ・ゴミ」の事で、つまり室内にたまるホコリのことです。

花粉、カビ、家具や布団から出るホコリ、ペットや人間の毛やフケ、ダニやダニの死骸、それに細菌などが混じったものを言います。

アレルギーを引き起こすいくつかのアレルゲンが混合したものです。

ハウスダストアレルギーとは?

ハウスダストアレルギーと言うのは、上記のハウスダストによって引き起こされるアレルギー症状の事です。

多くはダニの死骸や糞などのアレルギーである場合が多いので、ダニアレルギーとほぼ同義とされています。

ダニが大量発生するのは初夏、そしてダニが死滅するのは秋頃なので、そのどちらもハウスダストアレルギーが発症しやすい時期とされています。

特に初夏はカビについても注意が必要です。

ハウスダストアレルギーの症状は?

ハウスダストは、くっつく場所によって引き起こされる症状が違います。

  • 結膜にくっつくと結膜炎
  • 鼻の粘膜にくっつくと鼻炎
  • 吸い込むと気管支喘息

といったぐあいです。

外から家に入った時、急に咳やくしゃみ、喉の痛み、目のかゆみなどが生じる場合は、ほぼ確実にハウスダストアレルギーと言っていいでしょう。

就寝時に急に咳やくしゃみが止まらなくなる場合も、布団に付着しているダニの死骸や綿ぼこりからハウスダストアレルギーの症状が出ている事も考えられます。

ハウスダストでなぜ咳がでるの?その原因は?

ハウスダストで咳が出るのは、アレルゲンを吸い込む事により、気管支が詰まってしまうためです。

特に、喘息を元々持っている場合は、激しい咳から呼吸困難を起こす場合もあるので、特にハウスダストに対する対策が必要になります。

咳が出て止まらなくなった場合は、体を起こして前かがみに座ると発作がやや治まりますが、就寝時には辛いので、やはりちゃんとした対策と治療が必要になります。

ハウスダストが原因の咳の対策方法とは?

ハウスダストアレルギーによる咳の対策としては、一番には、ハウスダスト自体を減らす事です。

方法としては、

空気清浄機を導入する

 

ハウスダスト対策に効果があるのはやはり空気清浄機ですね。

ハウスダストはもちろん、ペットの毛やフケ、ダニのフンや花粉まで素早く吸い取ってくれます。常に室内の空気を綺麗に保つことができます。

布団乾燥機を使う

ハウスダストアレルギーの一番大きな要因であるダニとカビに対する対策です。

ハウスダストアレルギーは花粉によって引き起こされる事もあるので、外に干すより週に1~2度布団乾燥機を使うほうが良いです。

布製の家具を特に念入りに掃除する

布団は勿論ですが、絨毯やソファもダニをはじめとしたハウスダストの温床になります。

フローリングに切り替えるのも1つの手段ですが、それが難しい場合は、こまめに掃除機をかけるようにしましょう。

布に除菌消臭スプレーをかける

ソファやカーテン、布団に除菌消臭スプレーをかけるのもとても有効です。

掃除をする時は拭き掃除から

掃除をする時はどうしてもほこりが舞い上がってしまい、中途半端な掃除だと逆効果になってしまう事もあるので、棚の上などのほこりをあらかじめ拭いて取り除いた後に掃除機をかけるようにしましょう。

掃除などの対策以外では、勿論耳鼻科で、適切な診療を受ける事も重要です。

まとめ

たかがハウスダスト、と言っても、咳や喘息が悪化した場合、命に関わる事態になります。

症状が出ていなくても、アレルギーは体に溜まった毒素が限界値を超えた時に発症するものなので、油断できません。

常日頃からこまめに掃除をする習慣をつけて、ご自分や家族の健康を守りましょう。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。