塩サウナの正しい入り方!顔や頭皮に塩でマッサージしても大丈夫?

塩サウナ、最近話題になっています。

健康と美容に効果が高いだけじゃなく、ニキビ治療にも推奨されているとか。実際のところはどうなのでしょうか。そんな塩サウナの実態に迫ってみました。

スポンサーリンク

塩サウナとは?

まず、塩サウナというのがどういうものなのかをご紹介します。

塩サウナというのは、サウナに入った後に、皮膚に塩を塗り込んで体を温める入浴法です。

スクラブ洗顔、というのが、肌にとても良いと言う事で、洗顔料もスクラブタイプのものが増えましたが、その要領で塩を肌に刷り込む感じです。

また、通常のサウナの室内設定温度が80度から100度であるのに対し、塩サウナは40度から50度設定とやや低め。

時間をかけて汗を流すようになっています。

ゆっくりと汗をかいてじっくりと体の老廃物を出しながら、更に塩を塗布する事で、より高い効果を上げる事が出来るんです。

塩サウナの効果は?ニキビに効くって本当?

塩サウナの最も大きな効果は、肌荒れやニキビに対する効果です。

サウナは、大量の汗をかく事で、老廃物の排出を促し、新陳代謝を活発にする事が目的です。

塩サウナの場合、何故その効果が更に高まるかというと、塩が殺菌効果や血行の促進効果、肌の汚れや脂を落とすというさまざまな効果があります。

塩サウナに入ることで強力な発汗作用で新陳代謝が良くなって、にきびの原因となりやすい皮脂を抑え、すっきりサラサラの肌にする効果が期待できます。

さらにダイエットや老廃物を排出するデトックス効果、胃腸の働きを促進する効果もあるので、ニキビだけではなく、シミやそばかす、しわにも効果を発揮します、特に女性たちに人気です。

塩サウナの正しい入り方

そんな嬉しい効果のある塩サウナですが、間違った方法で入ると逆効果になってしまう事もありますので、ここは正しい手順を覚えておきましょう。

  1. サウナに入る前にシャワーや入浴で体を温めておく。
  2. 水(500ml位が望ましい)を飲んでおく。
  3. 顔や頭皮や体に塩を塗り込む。まだ汗をかいていない状態で塩を刷り込むと逆に肌を傷めてしまうので注意。最初はただ優しく塗り込むだけにしておく。
  4. 汗が出てきたら、首の後ろを4本の指でぐっと押し込む。そうすると発汗が更に促される。
  5. 汗で塩が溶けてきたら、頭皮や顔、体に塩を塗り込むようにマッサージをする。
  6. 20分ほどで塩が溶け切るので、最後にシャワーなどで洗い流す。

その後に湯船に入る場合は特に、しっかりと塩を落としておくのがマナーです。

顔や頭皮に塩でマッサージしても大丈夫?

塩で顔や頭皮などのデリケートな部分をマッサージする場合ですが、塩が半分くらい溶けてからするようにしましょう。

前述しましたが、入ってすぐ塩を体にかけたタイミングでマッサージすると、肌を傷めてしまい、肌荒れやかぶれの原因となることがあります。

体が温まり、汗が少しずつ出始めたタイミングで、優しく刷り込むようにマッサージをすれば問題ありません。

お肌はぷるぷるになりますし、頭皮もフケなどの老廃物が取れてサラサラつやつやになります。

まとめ

通常のサウナですと設定温度が高いため難しいですが、塩サウナの場合、浴室を40度から50度設定にすれば良いので、自宅でも似たような感じで入る事が出来ます。

使う塩は、自宅で料理に使う塩でも大丈夫ですが、マッサージ用の塩も売っていますので、そちらを試してみるのも良いかと思います。

 

これから肌の露出が増える季節です。是非、塩サウナで体をつるつるにおきたいですね。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。