唇の乾燥が治らないのはなぜ?いますぐ治す方法は?おすすめリップをチェック!

281216k1

唇が荒れていると、何度も指で触れたり、手鏡で確かめたりして落ちつかないですよね。

でも、ちょっとリップを塗り忘れたとか、一時的にケアをしなかったからではなく、なかなか治らないまま、ずっと荒れているということもあります。

今回は、唇の荒れが治らない原因や対策法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

唇の荒れがなかなか治らないのは、どうして?

唇が荒れる原因で、最初に思い当たるのは空気の乾燥ですよね。寒くなってくる秋や冬は特に心配です。でも、唇の荒れがなかなか治らない原因は空気の乾燥以外にも、考えられることがあるんです。

野菜不足の食生活

一つは食生活です。内臓の中でも腸の影響が大きいようです。

陰陽五行論には口は胃腸の入り口です。その口にある唇は胃腸(脾)と関係があると考えられています。

野菜不足の食生活では、便秘になりやすく、腸に負担がかかっていると唇が荒れてきます。

また、内臓を冷やすのも避けたいところです。冷たいものを摂り過ぎると、唇が赤くなったり、ガサガサに荒れたりしてしまう人がいます。甘いものも同じですね。何しろ、食べ過ぎもよくありません。

アトピー性の口唇炎

また唇の荒れがなかなか治らない原因としては、接触性皮膚炎やアトピー性の口唇炎などの病気が考えられます。

アトピー性口唇炎が発症すると、慢性的に唇が荒れ、皮膚が非常にガサガサになり、時には色素沈着を引き起こす場合もあるんです。

不安な方は、皮膚科で診断を受けてくださいね。

唇の乾燥対策!すぐ治る対策法

乾燥が原因で唇が荒れているなら、その対策としては唇パックという方法があります。

ここでは、「はちみつとワセリンを使う唇パック」と「はちみつとオリーブオイルの唇パック」を紹介します。

はちみつとワセリンを使う唇パック

はちみつとワセリンは混ぜて、パックします。STEPの順番にお試しください。

STEP1:蒸しタオルで、3分~5分(目安)くらい唇を温めます。

STEP2:1:1の割り合いで、はちみつとワセリンを混ぜて、盛るような感じで唇に塗ります。

STEP3:その上からラップで唇を覆います。

STEP4:5~10分ほどパックしたら、ラップを外して拭き取って終わりです。

はちみつとオリーブオイルの唇パック

こちらは、オリーブオイルを塗ってから、はちみつを唇に塗ります。

STEP1:蒸しタオルなどで唇を少しあたためて柔らかくしておきます。

STEP2:オリーブオイルを唇に塗り、その上からさらにはちみつを塗ります。

STEP3:ラップで覆って約10分間待つ。

STEP4:温かくなってきたら、ラップをはずして優しく拭き取ります。それで終了です!

ただし、どちらの対策方法も肌に違和感を覚える場合は、すぐにやめてくださいね。

乾燥した唇に、おすすめのリップ!

最後に、乾燥した唇に、おすすめのリップを紹介します。

花王のキュレル リップケアクリーム

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キュレル リップケアクリーム ほんのり色づくタイプ 4.2g
価格:918円(税込、送料別) (2017/11/10時点)

 

花王のキュレル リップケアクリームは、やさしく密着して、潤いが続く薬用リップクリームです。

900円(税込)前後で購入できます。唇内部の潤いをしっかり閉じこめて、乾燥を防ぎ、表面を外部刺激からも保護する2つの効果がおすすめポイントです。

ニベアのモイスチャーリップ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花王 ニベア モイスチャーリップ UV 3.9g ニベアリップUV
価格:308円(税込、送料別) (2017/7/26時点)

 

もっと、安いのが欲しいという方には、ニベアのモイスチャーリップはおすすめです。こちらは、386円(税込)です。

特長は、自然由来の保湿成分(シアバター・ホホバオイル)配合されていることですね。通販サイトの口コミでも高評価!

モイスキューブリップ オーガニック

 

モイスキューブリップ オーガニックの主な潤い成分はオーガニックオリーブ油やオーガニックセサミ油などです。

他にも、バランス良く、 グレープシード油、マカデミアナッツ油、シア脂、ホホバ油、コメヌカ油、植物性スクワランが配合されています。価格は、500円前後です。

まとめ

唇の荒れの原因と乾燥対策を中心にお伝えしました。

乾燥以外で、唇が荒れている場合は、まずは食生活に気を配ってください。偏食、食べ過ぎ、飲み過ぎ、冷えには特に気をつけましょう。

また、病気が心配な方は、皮膚科に相談してくださいね。

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。