ピーナッツバターの栄養と効能は?カロリーは高くて太るの?美味しい食べ方も紹介!

ピーナッツバターというと、アメリカの食卓では定番なのですが、日本ではそれほどではないって印象です。

子供の頃、健康にいいからと親に毎日のように食べさせられすぎて、最初は大好きだったんですが、最終的には飽きてしまって、もう何年も食べていません。

でも、ピーナッツバターには素晴らしい効能が隠されているんです。今回は、そんなピーナッツバターのいろいろをお届けします。

スポンサーリンク

ピーナッツバターとは?カロリーは高くて太る?

ピーナッツバターは、ピーナッツを細かくすりつぶし、ペースト状にしたところに、食塩や砂糖や油分やバターを足したスプレッド類です。

ピーナッツバターという名称ですが、バターを使わないピーナッツバターもあります。

前述の通り、アメリカで最もポピュラーと言えるスプレッド類で、アメリカ以外の国ではタレの材料やスープの材料などに使われる事も多いです。

カロリーは、100gで640kcalとやや高め。大さじ1で大体80kcal近くになります。勿論製法によってカロリーは上下します。

ピーナッツバターのカロリーは高いですが、その中に含まれるビタミンEは、末梢血管を拡張して血行をよくする働きがあるので、代謝がアップして、ダイエット効果が期待できます。

もちろん食べすぎると太りますが、1日大体大さじ2杯位までにしておいたら、ダイエットのサポート効果があります!

ピーナッツバターの栄養と効能は?

ピーナッツバターは確かにカロリー高めなのですが、含まれている栄養素が良質で、更に血糖値の上昇が低い食品なので、上手に使えばダイエットの味方にする事も出来るんですよ。

ピーナッツバターに含まれている油は良質の油脂なので、それによってカロリーは高くなっていますが、脂肪燃焼効果があります。

また、ビタミン類、特に美容効果の高いビタミンEやビタミンB群が豊富に含まれています

それによって期待できる健康効果は、

  • 抗酸化作用(アンチエイジング)
  • 美肌効果
  • 新陳代謝と糖質代謝の促進効果
  • 貧血の予防と改善

更に、カルシウム、リン、マグネシウム、カリウムなどの必須ミネラルも豊富に含まれています。それによって期待できる健康効果は、

  • 高血圧の予防と改善
  • 免疫力の向上
  • 骨粗鬆症予防
  • 疲労回復効果

などです。

ピーナッツバターの美味しい食べ方

ただ、日本人はやはりピーナッツバターに今ひとつ馴染みがないので、パンに塗る以外のアレンジが思いつきにくいかもしれません。

パンに塗る場合でも、他のジャムと組み合わせて塗る他、バナナやりんごなどのフルーツに塗っても良いですし、セロリやピクルスなどのクセの強い野菜に塗って、お子様の苦手意識を改善するのに役立てたりも出来ます。相性はかなり良いですよ。

また、スープやシチューの隠し味(特にカレー)にしたり、ドレッシングにしたりしても美味しいです。

今回は、ピーナッツバターのドレッシングを、Rakutenレシピの人気のものをご紹介させていただきます。

ピーナツバターでドレッシング

材料(2人分):

  • ピーナッツバター:大さじ3
  • すりごま(白):大さじ1
  • 醤油:大さじ3
  • 酢:大さじ3~4
  • みりん:大さじ3
  • おろしにんにく:小さじ2
  • おろし生姜:小さじ2
  • ラー油:小さじ1
  • ごま油:小さじ2~3

作り方:

すべての材料をボウルの中で混ぜて出来上がり♪

甘さの中にぴりりとした辛味があって、サラダに使うだけではもったいないようなドレッシングです。

朝のトーストと相性抜群なピーナッツバター

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピーナッツバタークランチ 454g
価格:1458円(税込、送料別) (2018/6/29時点)

このピーナッツバターは砂糖不使用なのにすごく美味しい、朝のトーストとの相性は抜群!

ピーナッツ本来の風味がしっかりあって、濃厚で、コクがあって、食べ始めたら止まらないほどおいしいです。これならピーナッツバターに飽きてしまった私でも食べられます。

まとめ

ピーナッツバターは病中病後の滋養にもとても良いので、夏場なんだか元気が出ない、という場合、でもパンに塗るのはちょっと喉を通らない、という場合には、今回ご紹介したレシピのようなドレッシングなどで、ピーナッツバターの栄養を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ただ、ピーナッツのアレルギーがある方は当然アレルギー反応が出てしまうのでご注意下さい。

あと、体に良くてもやはり高カロリーではありますので、食べる量は1日大体大さじ2杯位までにしておくのをお薦めします。