「ゆうパケット」とは?配達日数が何日かかる?送り方や追跡する方法は?

もともとは事業者向け、大口契約でしか使えなかったゆうパケットですが、2016年10月から個人でも使えるようになりました。メルカリやヤフオクなどで出品している方に非常に役立つ郵送サービスです。

但しゆうパケットを利用したことがない、わからないという方がまだまだ多いようです。

そこで今回は、ゆうパケットについて詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


ゆうパケットとは?

「ゆうパケット」とは、日本郵便が提供する、小さな荷物を郵便受けに投函する、追跡可能な配送サービスです。

以前あらかじめ契約が必要な事業者向けサービスだったが、2016年10月1日からサービス拡充に伴い、事前契約は不要となり、法人、個人事業主のみならず、個人でも利用できるようになりました。

ゆうパケットの特徴

1、ゆうパケットの配送料金

荷物の厚さによって料金が異なります。

  • 1cmまで 250円
  • 2cmまで 300円
  • 3cmまで 350円

2、ゆうパケットのサイズと重さ

ゆうパケットのサイズは3辺の長さが60cm以内で長辺は34㎝、厚さは3㎝以内となっています。重さは1㎏以内。

3、ポスト投函もでき、郵便受けに配達される

ゆうパケットを出すときは、郵便局の窓口だけでなく、郵便ポストへの投函もできます。

またお届け先の郵便受けに配達されるので、留守の場合も届けることが可能です。ただし、郵便受けにお届けすることができない場合は配達員による手渡しの配達を行います。

4、指定の専用封筒は無い

「ゆうパケット」には指定の専用封筒は無いので、市販のケースや封筒で送ることができます。

 

5、追跡サービスあり

追跡サービスがありますので、送ってからの状況を確認することもできます。

6、集荷に対応している

ゆうパケットは集荷に対応しています。郵便局に行けない場合でも、荷物が送れます。

集荷専用電話番号 0800-0800-111(固定電話・携帯電話ともに無料)

ゆうパケットの配達日数について

ゆうパケットで送られた荷物は日曜、祝日、休日を含めて毎日配達してもらえます。そのため配達日数は北海道や沖縄などの遠方・離島などでない限り、送ってから翌日・翌々日に届くようになっています。

但し、お盆や台風の時期など、高速道路が混雑している期間や、天候が悪い場合には時間がかかる可能性があります。

ゆうパケットの送り方

1、専用のあて名シールを用意する。専用のシールは郵便局の窓口に行けば貰えます、また、複数枚のシールをあらかじめもらっておくこともできます。

2、お届け先とご依頼主のところにお互いの住所と名前を記入する。

3、送りたい荷物を梱包する、ゆうパケットでは、特に専用の袋などはないので、自分で適当な梱包資材を用意して梱包すれば大丈夫です。

4、先ほど、記入した専用のシールを郵便物が入った封筒に貼りましょう。

5、後はポスト投函するか、郵便局の窓口に持って行くかです。ポスト投函する場合、運賃分の切手を貼って出しください。郵便局の窓口で出した場合は、領収書がもらえます。

ゆうパケットの追跡する方法

ゆうパケットは郵便局のホームページ内にある「個別番号検索」よって、追跡することが出来ます。

やり方は、ゆうパケットのシールの追跡番号(お問い合わせ番号)を入力して、「追跡スタート」ボタンをクリックするだけです。

この追跡サービスを利用すれば、その都度配達状況を確認できるので、安心して荷物が届くのを待つことができるのです。

個人間でやり取りしている場合には、しっかりと相手に追跡番号を伝えておきましょう。

ゆうパケットとクリックポストの比較

ゆうパケット クリックポスト
料金 250円~ 一律164円
サイズ 長辺34㎝以下
厚さ3cm以下
3辺合計60㎝以下
長辺34㎝以下
厚さ3cm以下
短辺25㎝以下
重さ 1㎏以下 1㎏以下
追跡サービス あり あり
集荷サービス あり なし
配達日数 1~2日 1~2日
プリンター 不要 必要
支払い 現金 Yahoo!ウォレット

ゆうパケットは最安でも250円ですが、クリックポストなら厚さが3㎝以内なら一律164円です。この料金の安さは驚きですね。但しお支払いはYahoo!ウォレットしか対応しません。

集荷についてはゆうパケットのみ対応しています。家の近くで郵便局やポストがあれば、クリックポストをオススメしますが、ない場合はゆうパケットのほうが便利ですね。

最後に

ゆうパケットについてご紹介しました、専用のシールを貼るだけで追跡にも対応できるのはうれしいですね。

送料はクリックポストより少し高めではありますが、集荷ができるので、郵便局やポストが自宅から遠い場合、とても便利なサービスです。

オークションやフリマアプリを利用している方は上手に活用してみましょう。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。