オキシクリーンの成分とは?オキシ漬けでお風呂の床を簡単掃除!

インスタグラムで話題になった「オキシクリーン」ですが、「万能洗剤」として注目されています。

オキシクリーンってどんな洗剤?なぜこんなに人気なのでしょうか?成分や使い方は?初心者にはよくわかりませんよね。

そこで今回は「オキシクリーン」について分かりやすくお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

オキシクリーンって何?

オキシクリーンとは?

オキシクリーン(OXI CLEAN)は粉末の酸素系漂白剤のこと、アメリカをはじめ、海外で大人気の洗剤ブランドです。

塩素系漂白剤とは違って、ツンとした刺激臭がなく、頑固な汚れをよく落とせます。衣類のシミや汚れを強力に洗浄・消臭できるところが人気だそうです。

オキシクリーンの特徴

「万能クリーナー」として大人気なオキシクリーンは次のような特徴があります。

  • 毎日の衣類の洗濯から、キッチン掃除まで広範囲に使用可能
  • 汗ジミ、黄ばみ、泥、血液、調味料など、どんな汚れもキレイに落とす
  • 酸素の力で汚れを落とすので安全性が高い
  • 汚れを落とすだけではなく、除菌・消臭効果も持っている

オキシクリーンの成分とは?

実はオキシクリーンには日本製とコストコで売っているアメリカ製の2種類存在します。

コストコで販売されているアメリカ製のオキシクリーンの成分は以下の通りです。

 

  • 過炭酸ナトリウム(酸素系)
  • 炭酸ナトリウム(洗浄補助剤)
  • 界面活性剤(エトキシレート・アルコール)
  • 柔軟剤

コストコで売っているアメリカ製のオキシクリーンには界面活性剤(石けん成分)と漂白剤成分がダブルで入っていて、汚れが落ちやすいんです!泡立つのも特徴です。

日本製では、「界面活性剤」を含まない、漂白剤成分のみが入っています。

 

日本製のオキシクリーンは界面活性剤が含まれていないので、手肌や環境への負荷が少ないです、より気軽に利用できます。

また、泡立ちが少ない分、すすぎで気をつかう必要もありません。

おススメの使い方

オキシクリーンのおススメ使い方はオキシ漬けですね。「オキシ漬け」とはつけおき洗いすること。

オキシクリーンを溶かした水に「汚れたものをつけ置きするだけ」です。一番簡単な掃除方法として注目を集めています。

ポイントはこちら

  • 40~60度くらいのお湯に完全に溶かして、汚れたものを入れ、1~2時間ほど放置する
  • 使用する分量は、汚れの度合いによって調整する
  • 効力は最大で6時間くらい、それ以上おいても効果がない
  • 前日夜に浸けおきして、夜中に放置したほうが効率的

お風呂の床を簡単掃除する方法

お風呂の床にオキシ漬けすれば、床の黒ずみも漂白でき、きれいになりますよ。

やり方はとても簡単:

  1. まずは、お風呂の排水溝の受け皿を外して、ビニール袋にいれて蓋をします。これでビニール袋を使った即席の栓が完成!
  2. ビニール袋を使って栓をしたら、オキシクリーンを撒いておきます。
  3. シャワーの温度を40~60℃にセットして、オキシクリーンを溶かしながらお湯を入れます。お湯を入れ過ぎると脱衣所の方にお湯が流れてしまうので注意して下さい。
  4. タイルがまんべんなく液に浸ったら数時間待ち、一度すすいでブラシなどでこすれば床の黒ずみがどんどん白さを取り戻しますよ。

最後に

簡単だけど絶大な効果があるオキシクリーンに驚いた人が多いかもしれませんね。

特に「オキシ漬け」はお湯を張ったところに洗剤と汚れ物を放り込んで放置するだけなので、とても簡単!

掃除が苦手な方でもこの方法なら掃除好きになるかもしれません、ぜひ一度お試しくださいね。