ビーツとはどんな野菜?味や食べ方は?栄養価がスゴイって本当?!

皆さん、ビーツという野菜を食べたことがありますか?食べるどころか聞いたこともないという方が多いのではないでしょうか。

しかしロシアの伝統料理であるボルシチはよく知ってますよね!このボルシチに欠かせない野菜がビーツなのです。

日本ではまだ馴染みがないですが、このビーツは「奇跡の野菜」とも呼ばれるほど栄養が豊富で、イギリスでは体によい野菜として常識になっている野菜だそうです。

今回はビーツの栄養価や食べ方などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ビーツとはどんな野菜?味は?

ビーツとは地中海沿岸地方の原産で、アカザ科フダンソウ属の根菜です。ビートルート、レッドビートとも呼ばれています。

日本には江戸時代に持ち込まれて、あの鮮やかな赤色で、まるで燃えているような野菜ということで、火焔菜(かえんさい)という名前も付いていたそうです。

見た目は赤カブのようですが、カブの仲間ではなく、なんと日本の甜菜と同じ仲間です。イギリスをはじめ海外では、健康にいいと人気があり、幅広く食されています。

ビーツの旬は年2回があります、1回目は6~7月、2回目は11~12月ごろ

主に海外からの輸入にたよっているんですが、日本では長野県や茨城県でも赤ビーツを栽培されています。

寒さには強くて、ショ糖を多く含んでいるため、かなり甘みがあって、芋っぽい味がします。

ビーツの栄養価や期待できる効果は?

ビーツには「食べる輸血」と言われるほど、栄養価が豊富なんです。

リン、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分など多くのミネラルが豊富で、さらにビタミンA、B、C、E、ナイアシン、ビオチン、葉酸、そして食物繊維も豊富に含まれています。栄養の宝庫ともいえる食材です。

特筆すべきなのは、ビーツには NO(エヌオー)という一酸化窒素が豊富に含まれていること。

NO(エヌオー)は筋肉を柔らかくして血流をスムーズにするという働きがあります。血流がよくなることにより、むくみ予防、美肌効果、エイジングケア効果が期待できるのです。

さらに「NO(エヌオー)」には、血流量を増やして効率よく酸素を全身の臓器に送り出す働きがあるため、疲労回復や持久力のアップも期待できます。

全身の血行がよくなることで、基礎代謝率も高まり、ダイエットの効果もあるんです。

またビタミンB群や、ビタミンC、ビタミンE、葉酸が含まれている事から、お肌のターンオーバーを正常化させ、ツヤのあるお肌をキープすることが可能です。

他には腸内環境を整える、便秘、がんの予防など様々な健康効果が期待できますよ。

ビーツの食べ方や調理法は?

ロシア伝統料理のボルシチをご存知の方がいらっしゃるかと思います。ボルシチの赤色は、このビーツを使っているからです。

ビーツはボルシチのような煮込み料理のほか、サラダやピクルス、スムージーなど、様々な料理に使われています。

ここではビーツを使ったおすすめの料理を紹介していきます。

ロシアの煮込み料理ボルシチ

材料:

  • 牛肉200g:一口大に切る
  • 玉ねぎ1/2個:縦にスライスする
  • ニンジン1/2本:拍子切り
  • ジャガイモ(メークイン)4個:一口大に切る
  • キャベツ1/4個:ざく切り
  • ビーツ1個:皮を剥き、輪切りに
  • にんにく: 1/2片
  • サワークリーム :大さじ1/2

作り方:

  1. 牛肉に塩コショウをし、煮込み鍋で焼き色が付くまで焼きます。焼き色がついたら、一旦取り出しておきます。
  2. 鍋にに油をひいて熱し、玉ねぎとニンニクを入れて、玉ねぎが透き通るまで炒める
  3. 牛肉、にんじん、キャベツ、じゃがい、ビーツもを投入して水をひたひたになるまで加えて煮ていきます。
  4. 食材が柔らかくなるまで煮込み、最後にサワークリームを添えれば出来上がりです。

ビーツのマヨネーズサラダ

作り方:

  1. ビーツの皮をむき、輪切りにし、細切りにする。15分を程茹でて冷ます。
  2. ハムやきゅうりを細切りにする。
  3. ボールにビーツ、ハム、きゅうりを入れて、マヨネーズと塩をかけ、よく和えて出来上がり!

お好みでコーン、ゆで卵などを入れても美味しいですよ。

国内産ビーツ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[有機JAS認証]有機ビーツ(2kg)【送料無料】
価格:2680円(税込、送料無料) (2017/10/26時点)

 

最近スーパーの食材コーナーにビーツを並ぶ事がたまにありますが、気軽に買って日常のお料理に取り入れる、という感じではありません。

ビーツを食べたいと思うとき、通販で取り寄せることが可能です。

まとめ

ビーツは「奇跡の野菜」と評価されるほど栄養満点ですが、日本ではなかなか馴染みのない野菜。

近所のスーパーではなかなか見かけることはないかもしれませんが、見かけたら、ぜひとも手にとって、ビーツの魅力に触れて、効果を感じてみてください。

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。