大根の旬の時期はいつ?栄養と健康効果は?大根おろしは薬効があるって本当?

私たちの生活には欠かせない大根には、実は凄い栄養価が高いのです。昔から「大根食べれば医者いらず」という言葉があるぐらい認識されています。

  • 大根は健康に対して一体どんな効能・効果がある?
  • 生大根が便秘に効くのはなぜ?
  • 大根はなぜ消化を助けるの?
  • 大根おろしって薬効があるって本当?

等々の大根の豆知識について紹介したいと思います♪大根の栄養や効能を把握して、正しい食べ方でもっと健康な毎日を送りましょう。

スポンサーリンク

大根の旬の時期はいつ?カロリーは?

大根の旬

大根の旬は11月~2月ごろです。

大根は品種がとても多いですが、現在、国内に出回っている大根のほとんどは「青首大根」です。青首大根は首が緑色で甘みが強いのが特徴です。11~2月ごろに旬を迎えます。主な産地は千葉、北海道、青森、宮崎など。

大根のカロリー

大根のカロリーは100g当たり約17.9kcal含まれています。

同じ根野菜(100gあたり)比較をすると

  • にんじん:44 kcal
  • ごぼう: 65 kcal
  • れんこん:66 kcal

大根の方が遥かにカロリーが低いことがわかります。大根のカロリーが低い理由としては、水分が多く含まれてるからです。大根の水分はなんと約94%も含まれています。

大根(だいこん)に含まれる栄養素は?

大根の根部や葉にはビタミンB群やビタミンC、カルシウム・カリウム・鉄分などのミネラルを幅広く含んでいます。

また消化を助けるアミラーゼ(ジアスターゼ)、プロテアーゼ、オキシターゼなどの消化酵素やアブラナ科野菜に共通する有効成分「イソチアネート」なども含んでいます。では代表的なものを見ていきましょう。

ビタミンC

大根のビタミンCの分布は中心部より表面の皮のほうが多く含んでいます。ですのでなるべく皮はむかずにきれいに洗って皮ごと食べることをおススメします。

アリルイソチオシアネート(芥子油)

大根の辛味の元となる成分です、この物質はそのままの大根の中には存在していない。おろして細胞が壊れ、酸素に触れると初めて化学反応により生成されます。

アリルイソチオシアネートは抗がん作用や抗菌作用、抗酸化作用があると言われています。

消化酵素

大根にはアミラーゼ(デンプン分解酵素)、プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)、リパーゼ(脂肪分解酵素)などの消化酵素が豊富に含まれています。

これらの酵素は、消化を助ける力を発揮し、また胃酸過多、胃もたれ、胸やけの防止にも良く効きます。但しこれらの酵素は熱に弱く、50℃前後の温度で失活してしまうので、加熱をせず生で食べるほうが効果的です。

食物繊維

大根は食物繊維も豊富に含まれています、100g当たりの食物繊維の含有量は1.3g、乾物にした切干大根の食物繊維の含有量はなんと20.7g!成人男子一日の目標量20gより多いです!

食物繊維は腸の蠕動運動を促すとともに、便のかさを増やしてお通じをスムーズにしてくれる効果があるので、大根はまさにダイエットに打って付けのお野菜ですね。

大根(だいこん)の健康効果

腸内環境をよくする

大根に含まれた豊富な消化酵素が、炭水化物、タンパク質、脂質の分解を助けて、腸内環境をよくしてくれます。

また胃液の分泌を促進するアリル化合物なども含まれているので、大根はまるで「天然の消化剤」のように、胃もたれや胸焼けの緩和・胃炎や胃潰瘍の予防などに役立つと言われています。

免疫力をアップ

大根の辛味成分であるアリルイソチオシアネートは、白血球を活性化して抗菌作用や消炎鎮痛作用を向上させてくれます。

また、ビタミンCなどのミネラルを幅広く含んでいて、体の免疫力や抵抗力がアップし、風邪や生活習慣病やがんを防ぐ効果が高いと言われています。

美肌作り効果

大根には抗酸化作用のあるビタミンCも含まれているので、コラーゲン生成やメラニン色素の生成抑制など美肌作りに役立ちます。

ビタミンCは大根の皮に大量に含んでいるので、皮付きのまま食べましょう。そうすると、肌の新陳代謝向上やくすみの改善、肌荒れの解消も期待出来ます。

ダイエット効果

イソチオシアネートは代謝を活発にする燃焼効果、活性酸素を体外に除去するデトックス効果があります、また、血液をサラサラにして血栓などの血行障害を防ぐ働きもあります。

さらに大根自体も水分含有量が高く、低カロリーなので、ダイエット効果にも期待できますね。

大根おろしの薬効

大根おろしは様々な面から体に良く薬効があると言われています。

なぜ大根おろしなのか?

実は、大根に含まれる「酵素」や「ビタミンC」は熱に弱いです、加熱すると破壊され、失活してしまいます。

また「イソチオシアネート」は組織が壊れるときに生成される成分なので、おろせばおろすほど大量に生成するわけ、それにビタミンCは皮に多く含まれるから、皮ごとおろすとなおさら良いです。

では大根おろしの薬効を見てみましょう。

  • 消化を助ける。
  • 胸やけ・胃酸過多・胃もたれ・二日酔いにも効果的。
  • 風邪・気管支炎の咳止め(粘膜の病気を癒す作用)
  • 食物繊維が多いので、便秘に効果的。
  • 脂肪が蓄積されにくい。
  • 大根の辛味成分が血液をサラサラに。
  • 抗菌作用・抗炎症作用がある。(歯周病を予防)
  • 糖尿病・高血圧・メニエール病に効果がある。
  • 新陳代謝が活性化してアンチエイジング。

大根をおろすときの注意点

  • 皮付きのままが良いです。
  • おろし器と大根の切った面が直角になるようにおろすと、繊維が細かくなり口当たりがよく仕上がります。
  • 時間がたつとイソチオシアネートは揮発し、効かなくなるので、食べる直前におろし、すぐに食べきるようにしましょう。

大根の選び方・保存方法

選ぶポイント

真っ直ぐで色が白く、硬く張りがありみずみずしい物を選びましょう、また、持った時にずしりと重い物が良いです。

二股三股になっている変形した物は避けましょう。これは堆肥や土の状態が万全でない時に生じやすいものだから。

保存ポイント

大根は葉を付けたまま保存すると、葉の部分から水分が失われていくので、葉を切り落とし、根の部分と分けて保存しましょう。

根の部分は、濡れた新聞紙でくるんでからポリ袋に入れ、冷蔵庫に入れてください。立てて保存すると、より鮮度を保てます。難しいという場合は横に保存しても問題ありません。

最後に

大根は体の調子を整えるパワーがすごいですね。

意識して大根を食生活に取り入れることで、体の中から綺麗にし、身体の内側も外側も、すっきりさっぱり健康な美人になれます!

ぜひ試してみてね。

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。