スポンサーリンク

キャベツの消費期限はどれぐらい?腐ったキャベツの見分け方は?千切りの保存方法もチェック!

キャベツを一玉購入して、余らせてしまった経験はありませんか?一度に使いきれないキャベツですが、消費期限ってどれくらいなのか?腐ったキャベツの見分け方は?

またトンカツや生姜焼きなどに、欠かせないキャベツの千切りの保存はどうしたらいいでしょうか?これらについて詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

キャベツの消費期限は保存方法によって違います

常温保存の場合

キャベツの保存に適した温度は5℃以下です。

常温でも保存出来ますが、そのまま放っておいたら、夏だと1~3日、冬だと1週間程は保存が出来ます。

冷蔵保存の場合

キャベツは寒い所が好きな野菜なので、冷蔵庫での保存がお勧めです。

冷蔵庫での保存コツは丸ごとのキャベツを新聞紙にくるんでからビニール袋へ入れます。

キャベツは生きていますので、呼吸をしています。ビニール袋にそのまま入れると、汗をかいて、傷んでしまうので、新聞紙にくるんでからビニール袋へ入れると完璧です。

そうすると2~3週間程度は保存出来ます。

冷凍保存の場合

すぐに使わないキャベツは好みの大きさに切って冷凍保存しておくと、さらに消費期限を伸ばすこともできます。

使い切れないキャベツを1㎝幅ぐらいに切って、ジップロックなどに入れて冷凍庫の中に入れておきます。また一度熱湯でゆでたものを冷凍するとコンパクトに保存できます。

冷凍したキャベツの消費期限は1ヶ月程伸びます。

腐ったキャベツの見分け方

切り口の変色

キャベツの切り口が空気に触れる事によって、茶色くなっていることがあります。これは腐った訳ではなく、変色部分を切り落としたら食べられます。

広い範囲が黒く変色している場合、食べないほうが良いです。

汁がでてきている

キャベツは汁がでてきていてぬめりが発生している場合は捨てておいてください。

その場合はカビなどの菌が繁殖してしまうから、その部分を切り落としたとしても周りにもカビが付着している可能性が高いです。

異臭がする

キャベツを切っておくと、独特のニオイがありますね、それはキャベツの成分と空気が反応して、ニオイ成分に変わったためです。

酸っぱいような異臭がする場合、キャベツが腐ったので、捨てておいてください。

千切りキャベツの保存方法

キャベツを切っておくと、切り口が空気に触れて、変色してしまいます。ですので、千切りキャベツをシャキシャキ感が落ちることなく保存するには、なるべく空気に触れないようにする。

用意する物:ポリ袋とストロー

保存方法:

1、千切りにしたキャベツを水にさらしてザルに上げよく水気を切る。

2、ポリ袋に入れ、ストローで吸い込みながら空気を抜く。

3、そのままストローを抜いて空気が入らないようにポリ袋を結ぶ。

4、冷蔵庫にいれて、三日間はシャキシャキのままの状態で食べれます。

最後に

日々の食事をお助けしてくれるキャベツですが、いつも冷蔵庫にストックしておきたいですね、長持ちさせる保存方法が分かれば、いつでも美味しく食べられます。

今回紹介した方法を活用して、いつでも栄養豊富なキャベツを余すことなくいただきましょう。