スポンサーリンク

PayPal(ペイパル)とは?安全なの?コンビニ決済で使える?!登録方法や支払い方法もチェック!

海外のものを注文しようと思ったのですが支払い方法がPayPalかクレジットカードしかありません。

PayPalってなんなの?安全なの?

どうやって支払うんですか?

コンビニで利用できるって本当?

世界中で使われているオンライン決済サービスPayPal(ペイパル)に対して、よく分からないという人も少なくないと思います。

今回はPayPal(ペイパル)の基礎知識について、登録方法や使い方など、分かりやすくお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

PayPal(ペイパル)とはどういうサービス?

PayPal(ペイパル)とは、オンラインショップ等で商品を購入する際に、支払い情報を店に伝えずに、メールアドレスとパスワードだけで取引が可能になる決済サービスです。

通常、オンラインショップにてクレジットカード決済で支払う場合、クレジットカード情報をオンラインショップに伝える必要があります。

PayPalを利用してクレジットカード決済で支払う場合は、クレジットカード情報をオンラインショップに伝えなくて済むのです。

PayPalに対してクレジットカード決済で支払い、オンラインショップへの支払いはPayPal がやってくれます。

つまり、PayPalアカウントを作成すれば、アカウントに紐付いたメールアドレスでお金のやり取りや管理が可能になります。

PayPal(ペイパル)の安全性

PayPalは米決済大手企業

PayPalの運営会社である米国のpaypal社が1998年12月に設立され、2002年から有名なオークションサイト「eBay」に買収され同社の子会社となっていましたが、2015年7月に独立しました。

現在paypalペイパルは、世界203カ国で利用されており、1億5000万人以上に使われています。世界中の人々に米決済大手企業として知られています。 

海外だけでなく、日本国内では楽天市場、ユニクロ、マルイ、ニッセン、東急ハンズ、ベクターPCショップなど日本の大手オンラインショッピングサイトでもPayPalが採用されています。

24時間365日監視の万全のセキュリティ体制

インターネット上でクレジットカードを使うときに一番心配なのが、クレジットカードや個人情報の流出ですね。

PayPalはクレジットカード情報を守るために、以下のような万全のセキュリティ体制を整えています。

  • すべてのお取引を24時間365日体制で監視し、不正、フィッシングメール、なりすましなどによる被害を未然に防止
  • 個人情報は最高水準の暗号化キーで保護
  • 不正取引防止のために、最高レベルの行動リスク管理システムを構築
  • クレジットカード情報保護のための国際セキュリティ基準であるPCI DSSに準拠し、安全なお取引を実現

引用:PayPal公式サイト

アカウント開設費、年会費、利用手数料はすべて無料

PayPalはアカウント開設費、年会費、そして利用手数料はすべて無料です。

但し、海外へお支払いの時のみ、為替手数料がかかる場合があります。

買い手保護制度

買い手保護制度とはPayPalを通して商品を購入した場合に何かトラブルが起きた時、PayPalが間に入って解決までのサポートをしてくれるという制度です。

 

PayPalは知名度や運営歴も十分で、セキュリティも充実しています、買い手保護制度によって、より安心感が生まれるのは間違いありません。

PayPal(ペイパル)を使用するために、アカウントが必要!

PayPalで商品を決済するためには、アカウントが必要になります。

PayPal(ペイパル)の登録方法

1、PayPalにアクセスして、「新規登録」をクリック。

 

2、開設したいアカウントを選択後、「続行」をクリック。

アカウントはパーソナルアカウントビジネスアカウント2種類あります。

商品・サービスを購入するだけであれば、パーソナルアカウントを選択しましょう。自分のサービスを販売したりする際にビジネスアカウントが必要になるのです。

 

3、名前を入力し、メールアドレス、パスワードを設定した後、「次へ」をクリック。

4、フォームに従って必要事項を入力し、一番下の「同意してアカウントを作成」をクリックし、アカウント作成は完了です。

5、最後に「クレジットカード登録」をするか、後回しで登録しましょう。以上でペイパル登録が完了します。

6、しばらくすると、登録したメールアドレスに「確認」メールが送られます。後は、クレジットカードと銀行登録を済ませれば、利用をする事が出来ます。

 

PayPalは、VISA、MasterCard、AmericanExpress、JCBの4ブランドのクレジットカードに対応しております。また国際ブランドがついたデビットカードも利用可能です。

PayPal(ペイパル)の使い方・支払い方法

PayPal(ペイパル)の使い方はとても簡単!

1、いつもどおりオンラインでお買い物する。

2、決済画面でペイパルを選択します、ペイパルを選択すると、ペイパルのログイン画面にとびますので、アカウント開設時に登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

3、住所と支払い金額を確認して支払いを完了します。

住所やクレジットカードを変更または追加するのも、この画面で行えます。

PayPalをコンビニ決済で利用する方法

コンビニ決済でPayPalを利用すれば、お店側にクレジットカード情報が渡る必要がありませんし、ワンタッチ決済で、支払いがとても楽です。

PayPalのコンビニ決済のため、コンビニでVプリカのカードを購入する必要があります。Vプリカを使って支払うことが可能です。

 

Vプリカはインターネット専用のVisaプリペイドカードです。ネット上のVisa加盟店であればクレジットカードと同じように使用することができます。

Vプリカアカウント作成

Vプリカを使用するためにはアカウント作成が必要です。

1、Vプリカのホームページにアクセスして、右上のアカウント開設(無料)をクリックします。

2、内容を確認し4つのボックスにチェックをつけて次へ進みます。

3、事前登録画面に移ります。メールアドレスを入力して、画像認証を確認・入力し、全て入力が済んだら、『確認』をクリックします。入力したメールアドレスに問題がないかを再度確認し、
『登録』をクリックします。これで事前登録が完了しました。

4、登録したメールアドレスにメールが届いているので、メールで送られてくる事前登録完了メールのURLをクリックして本登録へと進みます。

5、本登録の必要事項をすべて入力して、間違いがないか確認したうえで「登録」ボタンを押せばアカウント作成が完了です。

6、Vプリカのアカウント作成完了しましたら、ログインして、MYページで購入したVプリカのカード番号を入力し、使える状態にしましょう!

Vプリカを使用するためにクレジットカードの認証が必要

Vプリカを使いたい場合は、事前にPayPalでクレジットカードの認証をしておく必要があります。

PayPalの「マイアカウント」の「ウォレット」の中の「クレジットカードの確認」を選択します。

すると、クレジットカードから200円が引き落とされ、4桁のコードが表示されますので、「認証を実行する」を選択して、コードを入力し、「カードの確認」を押せば、クレジットカードが認証されます。

ちなみに、引き落とされた200円は返金されます。

PayPalにVプリカの情報を登録

PayPalにVプリカの情報を登録することも必要です。

クレジットカードの認証が完了したら、PayPalのマイアカウントの「ウォレット」をクリックし、「カードまたは銀行を登録する」をクリックして、Vプリカ情報の追加を行います。

すると、Vプリカが登録され、決済で使用できるようになります。

最後に

PayPalは非常に便利なオンライン決済サービスですね、特に海外インターネットショッピングすれば、PayPal(ペイパル)での決済がおススメです。

無料、安心、簡単なオンライン支払い方法なので、ぜひこの機会にPayPalを使ってみてください。