スポンサーリンク

リクルートカードの特徴やメリットは?Kyashと併用で2.2%還元へ!

クレジットカード界でトップクラスのポイント還元率を誇るのはリクルートカードですね。

年会費無料にも関わらず、還元率は1.2%。楽天カード(1.0%)よりも還元率が高くて、ポイントの貯まりやすさや使いやすさに評価されています。

スポンサーリンク

リクルートカードとは?

「リクルートカード」は、株式会社リクルートが提供した年会費無料、還元率1.2%のお得な高還元クレジットカードです。

貯またポイントはリクルートポイントですが、「Ponta Web」に登録すると、1ポイント単位で「1リクルートポイント=1 Pontaポイント」に交換できます。

Pontaポイントはいろんな店舗で利用できるので、ポイントの有効期限切れや失効など、心配することはありません。

選べるカードブランドはJCB、VISA、Mastercardで、三大国際ブランドから選ぶことができます。

リクルートカードの特徴・メリット

リクルートカードの特徴やメリットについて大別すると次の6個に集約できます。

  1. ポイント還元率1.2%
  2. 年会費無料で審査基準が優しい
  3. リクルートカードを利用してnanacoや楽天Edyといった電子マネーにチャージするだけで、チャージ金額の1.2%ポイントが貯まります。ただし月間利用金額は30,000円まで。
  4. ホットペッパーやじゃらんで最大還元率4.2%
  5. 違う国際ブランドで2枚作れる
  6. 家族カードのポイントを合算できる

リクルートカードはホットペッパーやじゃらんなど、リクルート関連のサービスで還元率アップします。

  • ホットペッパービューティ +2.0%
  • ホットペッパーグルメ 予約1名につき50ポイント
  • じゃらんnet +2.0%
  • じゃらんゴルフ +2.0%
  • ポンパレモール +3.0%

例えばじゃらんnetでホテルを予約した場合には料金の2%が還元。さらにリクルートカードで決済することで、3.2%まで上がります。

またリクルートカードは1枚のカードで電子マネーへのチャージで月に30,000円までと制限がありますが、2枚のカードを作れば、合計で60,000円までのチャージが可能となりお得ですね。

リクルートカードの付帯保険について

リクルートカードに付帯する保険の内容は以下の通りです。

  • 海外旅行保険:保障額は最高2,000万円。旅行中の事故や病気・怪我の治療、携行品の破損などを保障します(利用付帯)
  • 国内旅行保険:保障額は最高1,000万円。旅行中の事故や病気・怪我の治療、携行品の破損などを保障します(利用付帯)
  • ショッピング保険: 保障額は年間200万円。リクルートカードで購入した品物の破損・盗難などの損害を保障します(購入日より90日間)

その中に海外旅行保険の場合:

  • 死亡後遺障害 2,000万円
  • 傷害治療 100万円
  • 疾病治療 100万円
  • 携行品損害 20万円
  • 賠償責任 2,000万円
  • 救援者費用 100万円

最も使う可能性が高い「傷害・疾病治療費用(病気や怪我の治療費)」は100万円とやや少なめですね。不安なら、他のカードと一緒に持っておくといいですよ。

Kyashと併用で2.2%還元!

Kyashを利用した場合、リクルートカードでチャージすれば、合計の還元率は2.2%とパワフルです。

Kyashに登録できるクレジットカードはVISAかマスターカードです、リクルートカードはVISA、JCB、マスターカードの国際ブランドがありますので、問題なくKyashに登録することができます。

Kyashにリクルートカードを登録する方法:

  1. Kyashアプリを開いたまた「ウォレット」タブの「チャージする – カード)(Visa / MasterCard)」をタップします。
  2. 「クレジットカード / デビットカードを追加」という項目で、リクルートカードの「カード番号」「カード名義人」「有効期限」「セキュリティコード」を登録して完了です。

最後に

リクルートカードはポイント還元率が高いので、普段の買い物などで利用する人におすすめです。

またポンパレモールやリクルートがサービス提供するじゃらんやホットペッパーをよく使う人にも、このリクルートカードを使うとたくさんのポイントが貰えるので、お勧めです。

こちらの記事も人気です!
キャッシュレス決済
スポンサーリンク
スポンサーリンク
xiaoxueをフォローする
気になるいろいろ
タイトルとURLをコピーしました