スポンサーリンク

【どこで売ってる?】発煙筒とは?使い方は?どこで買える?

車に必ず積まなくてはいけないもののひとつに、発炎筒があります。

発炎筒の使い方は?どこで買える?

そこで今回は発炎筒の使い方や売ってる場所を調べてみました。

スポンサーリンク

発煙筒とは?

発煙筒(はつえんとう)は、火薬を用いて点火することにより、大量の煙を吹き上げ狼煙(のろし)を上げる器具。

正式名称は「自動車用緊急保安炎筒」といいます。

主に自動車や船舶等に装備され、緊急時に本線車道や路肩に停車した場合において、後続車に対し前方に危険・障害物があることを知らせるために用いられます。

周囲に危険を知らせるための重要なアイテムなので、 法令上、車への装備が義務付けられています。必ず車に搭載するようにしましょう。

発炎筒の使用方法

1,発炎筒を助手席や運転席の足元から取り出して、本体をケースから取り出し、外したケースは本体の反対側に取り付けします。

2,本体の先端には、キャップが付いているので、キャップを外すと本体側に、マッチの頭のような部分が出てきます。

3,キャップの先端に付いている擦る部分を本体の先端部をマッチのように擦ることで、赤い炎と光が放たれます。

4,点火したら筒先を自分自身や他人に向けないように気をつけ、手に持ったり道路に置いたりして後続車に危険を知らせます。

火薬式の発炎筒は有効期限が4年です、普段使用しないものであるため、うっかり期限切れにしないように注意しましょう。

発炎筒はどこで買える?

発炎筒は主にオートバックスなどのカー用品店ホームセンターガソリンスタンドで購入できます。

LED発炎筒(LED非常信号灯)がおすすめ

通常の発炎筒には以下のようなデメリットがあります:

  1. 一度しか使用できない
  2. 燃焼時間が約5分しかない
  3. 使用期限がくると交換しないといけない
  4. 使い方を誤ると車両火災の危険がある

LED発炎筒であれば、

  1. 何度でも使用できるし、長時間使用できる
  2. 火や煙が出ないので二次災害の危険性がない
  3. スイッチを入れるだけで使えるので操作が簡単

といったメリットがあるので、おすすめです。

法律で義務づけられているのは「非常信号用具の装備」なので、必ずしも発炎筒である必要はないんです。国土交通省保安基準適合品の非常信号灯があれば、車検は通るので心配しなくていいです。

LED発炎筒(LED非常信号灯)は、ホームセンターやカー用品店でも購入できますが、店舗によっては取り扱いがない可能性があるかもしれない。

Amazonや楽天などの通販だと、確実取り扱いがあるので、送料無料もあるので、Amazonや楽天などの通販を利用するのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました