スポンサーリンク

【2024最新】藤井聡太(9段)の年収は?3億超え?!収入の内訳も!

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。


藤井聡太さんは「日本将棋界の至宝」と言えますね。

2023年、彼は8冠制覇という前人未到の偉業を成し遂げることができました!

藤井聡太(9段)の年収は?

彼はどれくらいの収入を得ているのでしょうか。調査しました。

スポンサーリンク

藤井聡太プロフィール

  • 生年月日:2002年7月19日(21歳)
  • 段位:九段
  • 出身地:愛知県瀬戸市
  • プロ入り:2016年10月1日(14歳)

 

藤井聡太の年収は3億円を超える?

2023年11月現在、藤井聡太さんは将棋の8大タイトル

  • 「竜王」
  • 「王位」
  • 「叡王」
  • 「王将」
  • 「棋聖」
  • 「棋王」
  • 「名人」
  • 「王座戦」

すべてを獲得し、史上初の八冠独占となります。

日本将棋連盟によると、2022年獲得賞金・対局料ベスト10で藤井聡太さんが1億2205万円で1位に輝きました。

今年は藤井さんが「8冠」になって記録を更新して、獲得賞金・対局料など3億円を超える可能性があります。

 

藤井聡太の収入の内訳

対局料

プロ棋士にとって最も収入が得られるのは対局料です。タイトル戦はさらに高額な対局料が支払われます。

対局料はそれぞれ次のとおりです。

  • 「王将」:約200万円(勝利すると約500万円のプラス)
  • 「棋王」:約400万円(勝利すると約500万円のプラス)
  • 「名人」:約400万円(勝利すると約1200万円のプラス)
  • 「竜王」:約460万円(勝利すると約4320万円のプラス)
  • 「王位」:約500万円(勝利すると約700万円のプラス)
  • 「棋聖」:約700万円
  • 「叡王」:約700万円
  • 「王座」:約700万円

タイトル戦以外にもAbemaトーナメントや朝日杯などがあり、藤井聡太さんは朝日杯で優勝し、750万円を獲得しています。

2023年藤井聡太さんが永瀬拓矢王座に勝って、将棋の全8タイトルを初めて制覇した。

藤井王将は今年、5冠を守り、3冠を追加した。朝日杯やNHK杯などの一般棋戦の優勝賞金も含めると、今年の獲得賞金・対局料は2億円に近づくかもしれません。

順位戦の基本給

順位戦は棋士の順位を決めるための棋戦で、藤井聡太さんは現在最上位のA級に所属しており、基本給は約800万円です。

日本の会社員の平均年収が460万円程度なので、彼の基本給はそれを大きく超えています。

ただし、藤井聡太さんのようにタイトルを獲得したり、人気が出てテレビに出演するとさらに収入が上がっていきます。

広告収入:YouTubeやCMなど

スポンサー契約によるCM料は1億以上といわれています。

2023年、藤井聡太さんは「サントリー」と「不二家」「日本AMD」の3社とスポンサー契約を結んでいます。

1社あたり3000万円と予想される場合、3社合計で1億近くということになります。彼の人気と影響力がそれだけ大きいということです。

印税収入

藤井聡太さんは何冊もの本を出版したり、Nintendo Switchのゲームソフトにも出演しており、これらも印税収入に加わります。

特に、『第34期竜王戦七番勝負(フォトドキュメント)』はベストセラーを記録しています。

これらを合わせると、2023年彼の収入はおおよそ3億以上となると考えられます。

20代で年収3億円を超える藤井聡太さんは、アスリートでも珍しい存在と言えるでしょう。

藤井聡太の年収一覧表

引用:日本将棋連盟

年度 年度成績 段位 対局料&賞金 イベント&CM 推定年収
2016 10勝0敗 四段
2017 61勝12敗 六段 1000万(推定) 500万程度 1500万
2018 45勝8敗 七段 2031万 1000万程度 3000万
2019 53勝12敗 七段 2108万 1000万程度 3000万
2020 44勝8敗 二冠 4554万 1000~2000万程度 6000~7000万
2021 52勝12敗 竜王(五冠) 6996万 3000~5000万程度 1億1000万
2022 35勝7敗 竜王(五冠) 1億2205万 1億~ 2億3000万
2023 八冠 2億~ 1億~ 3億超え

藤井さんの年収は2021年から1億円を超えました!2023年3億を超える!20代の収入とは思えない額です。

 

話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
xiaoxueをフォローする
気になるいろいろ
タイトルとURLをコピーしました