スポンサーリンク

イニシャルとは?正しい書き方は?名前と苗字どちらが先?ピリオドの位置はどこ?

結婚指輪やプレゼントなど、ちょっと高価な買い物をした時に、そこにイニシャルを含め自分の名前を彫ってくれるというサービスがありますね。

  • イニシャルって、苗字と名前のどっちを先に書けばいいの?
  • イニシャルの正式な書き方は?

などよくわからないという方が案外多いのではないでしょうか?

そこで今回は、正しいイニシャルの書き方や、ピリオドの付け方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

イニシャルとは?

イニシャルとは名前などをローマ字や欧文で書いた場合の最初の文字のこと。つまり苗字と名前の頭文字を書いたものです。

日本人がイニシャルで名前を書く場合、まずは名前をローマ字に変換しなければなりません。

通常は苗字も名前も頭文字一文字だけを書きますが、物への名いれや、簡単なサインをするときなどには、片方だけをイニシャルにして書くこともあります。

例えば 田中花子さんなら

  • H.Tanaka.
  • Hanako.T.

などの書き方があります。どちらを略すかは自分の好みでOKです。

イニシャルの正しい書き方

イニシャルを書く際、名前が先か苗字が先かで迷いますね、海外では名前が先、苗字が後となるのが一般的です。

日本人がイニシャルで署名するときは

  • 名前⇒苗字の順となる
  • どちらも略して、2つのアルファベットを使う

というのが基本的な書き方です。

例えば 田中花子さんなら、「H.T.」になります。

イニシャルのピリオドの位置について

イニシャルのピリオドについては、ピリオドを使ったものと使わないものがあります。

ピリオドの有無は、国や文化によっても異なるようです。アメリカではピリオドを一切付けずにイニシャルを記入することもあります。

日本では名前と苗字の間に1つだけピリオドを打つという書き方はよく見られますが、間違った書き方だそうです。

例えば:田中花子さんを例に出すと

  • H.T.(ピリオドを使う場合は名前と苗字どちらの後にも入れるということ)
  • HT(ピリオドを使わない場合)
  • H.T(日本流)

結論から言うと「AA」のように、一切付けない場合や、「A.A.」のようにピリオドを2回付ける書き方、「A.A」のように、名と姓の間にピリオドを付ける書き方は、文化や人によって異なっているだけです。

もし、海外でイニシャルでのサインなどをする機会が訪れた場合は、その国の文化や考え方を調べた上でイニシャルを記入した方が良いと思います。

小文字も使える

イニシャルは普通大文字で書かれますが、小文字でも良いです、例えばどちらかにイニシャルを使い、もう一方をフルネームにするという書き方も多く使われます。

例えば 田中花子さんなら、以下のような書き方もあります。

  • H.Tanaka.
  • Hanako.T.

最後に

日本では、他人に贈るプレゼントなどにイニシャルを入れたときは、「名のイニシャル.苗字のフルネームのローマ字」という形式で記入するケースが多いとされています。

また指輪やネックレスなどのアクセサリーのように、身に着けるものの場合は、「名のフルネームのローマ字.姓のイニシャル」となるケースが多いようです。

以上イニシャルの書き方をマスターして、正しく使いこなせましょう。