叔母や叔父の意味とは?何親等?伯母と伯父の違いや使い分けについて!

結婚式やお葬式の席次表に、親戚の肩書きが書かれていますね、その中に叔母(伯母)や叔父(伯父)などがあります。

「叔母」と「伯母」はどっちも「おば」と読みますね、そして「叔父」と「伯父」はどちらも「おじ」と読むことができます。

読み方が分かりますが、使い分けは知らない!という方が多くのではないでしょうか?

そこで今回は「叔母」と「伯母」、「叔父」と「伯父」の正しい使い分けと、その違いについて解説していきます!

スポンサーリンク


叔母の意味とは?伯母との違いは?

叔母とは「自分の父または母の妹」という意味です、つまり父または母の年齢を基準にして、父母より若い親戚女性のことを指します。

伯母の意味は「自分の父または母の姉」という意味で、父または母の年齢より年上の親戚女性のことを指します。

その違いが分かりますね。「叔母」と「伯母」とも両親の姉妹を指します。

  • お姉さんなら「伯母」
  • 妹さんなら「叔母」

となります。

叔父の意味とは?伯父との違いは?

叔父とは「自分の父または母の弟」という意味になります、つまり父または母の年齢を基準にして、父母より若い親戚男性のことを指します。

伯父の意味は「自分の父または母の兄」という意味で、父または母の年齢より上の親戚男性のことを指します。

「叔父」と「伯父」とも両親の兄弟を指します。

  • お兄さんなら「伯父」
  • 弟さんなら「叔父」

となります。

また伯母の夫は伯父となり、叔母の夫は叔父となります。

使い分けについて

つまり父方と母方との関係なく、父または母の年齢よりも年上の場合には「伯」がつき、年下の場合には「叔」が付くということです。

例えば、あなたのお父さんが4人兄弟の末っ子だった場合は、お父さんのご兄弟は皆「伯父さん」に当たります。

そしてお父さんは、どのご兄弟のお子さんからも「叔父さん」です。

あなたのお母さんが4人姉妹の長女だった場合は、お母さんの妹は皆「叔母さん」に当たります。

そしてお母さんは、どの妹のお子さんからも「伯母さん」です。

結論から言うと、「伯」が付くか、「叔」が付くかはご両親より「年上か年下か?」のみが判断基準とされています。

叔母(伯母)と叔父(伯父)は何親等?

叔母(伯母)と叔父(伯父)は何親等になるでしょう?

親族の親等の図によると

出典:http://www.mitsubishielectric.co.jp/kenpo/shiori/fuyousha_hani/nintei.html

自分から見ると、両親は1親等、兄弟姉妹は2親等、親の兄弟姉妹は3親等です。

叔母(伯母)と叔父(伯父)は親の兄弟に当たりますので、3親等になります。

そのため、叔母(伯母)と叔父(伯父)は法律用語では3親等の傍系血族とも呼ばれています。

まとめ

この叔母(伯母)や叔父(伯父)の呼び方や使い分けの違いは古く中国から渡ってきたそうです。

まとめてみると

  • 叔母は「自分の父または母の妹」
  • 叔父は「自分の父または母の弟」
  • 伯母は「自分の父または母の姉」
  • 伯父は「自分の父または母の兄」
  • 「伯」が付くか、「叔」が付くかはご両親より「年上か年下か?」のみが判断基準
  • 叔母(伯母)と叔父(伯父)は3親等になる

これを機にぜひ覚えて、結婚式やお葬式など、正しい使い方を心がけましょう!

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。