忌引きの意味とは?忌引き休暇の日数はどれくらい?取れるは何親等まで?

「忌引き休暇」という言葉を耳にしたことがある方は少なくないと思います。家族や親族など、身近な方が亡くなったときに、葬儀に参列するため、会社や学校を休む必要になります。

忌引き休暇は、学校や会社によって異なり、申請方法も様々だそうです。

そこで今回は「忌引き」の意味や、忌引き休暇の日数などについて調べてみました。

スポンサーリンク


忌引きの意味とは?

忌引きとは、家族や親族など、身近な方が亡くなったら、喪に服すという意味です。

喪に服すという慣習は「忌服(きぶく)」とも呼ばれています。昔、親族が亡くなった際に、一定期間自宅にこもって身を慎み、故人を悼む慣わしがありました。

「忌中(きちゅう)」や「喪中(もちゅう)」は忌服(きぶく)の期間を指します。仏式では忌中は49日、喪中は1年とされています。

現在では、配偶者が亡くなった場合で10日、両親の場合で1週間程度、喪に服したあと、通常の生活に戻るのが一般的です。

忌引き休暇とは?日数は?

忌引き休暇とは

忌引き休暇は身近な方が亡くなったときに、葬儀を行うため、取得する休暇のことです。

忌引き休暇は法律で決められた休暇ではなく、就業規則によって会社それぞれが独自のルールを定めています。

会社では、労働者に対する福利厚生の一環として忌引き休暇が設けられていることが多いようですが、基本的に無給にしている会社がほとんどです。

学校の場合は、忌引き休暇は「欠席」したものとして扱わないですが、必要な出席日数にも算入せず、必要出席日数から減算していくが一般的です。

忌引き休暇の日数

忌引き休暇の日数は、会社によって設定が異なりますが、血縁関係が濃いほど日数が長くなる傾向があります。会社や学校の規則で確認しておくことがおススメです。

一般的な忌引きの日数は以下の通りです。

  • 配偶者:10日間
  • 両親:7日間(喪主の場合は10日間)
  • 子ども:5日間
  • 兄弟姉妹:3日間
  • 祖父母:3日間
  • おじ、おば、孫:1日間
  • 配偶者の父母:3日間
  • 配偶者の祖父母、兄弟姉妹:1日間

忌引きで休むときに注意すべきこと

  • 自分の会社や学校に忌引き休暇の制度があるか、ある場合何日なのかを確認する
  • 上司などに早急に連絡を入れるようにしましょう
  • 電話など口頭で伝えるのがマナー

会社の上司に伝えるべき内容:

  • 亡くなった方と自分との続柄
  • いつ亡くなったのか
  • 通夜や葬儀の日程
  • 休暇中の連絡先
  • 休む予定日数

などをきちんと伝え、休む間に対応が必要なことがあればお願いしましょう。

忌引き休暇がとれるのは何親等まで?

会社や学校によって忌引き休暇制度が異なりますが基本的には3親等までが忌引扱いになります。

先ほど述べたように忌引き休暇が取れるのが

  • 1親等:自分の親、配偶者の親、自分の子(子の配偶者も含む)
  • 2親等:祖父母、自分の兄弟姉妹、配偶者の兄弟姉妹、孫(孫の配偶者も含む)
  • 3親等:甥姪、おじ、おば、曾祖父母、配偶者の曾祖父母

です。

それより遠い血縁関係の親族は一般的に忌引扱いされません。

法事・法要は忌引きになりません

四十九日や一周忌などの法要は忌引きとして休むことがほとんどできません。

忌引き扱いになるのは、葬儀の際だけです。それ以外の法要は忌引きにならないことを覚えましょう。

法事・法要で会社を休む場合には、有給休暇を申請しましょう。

最後に

忌引き休暇明けに会社に出勤する際に、まずは直属の上司に葬儀が無事に終わった旨と急な休みを取らせてもらった事へのお礼の挨拶をしましょう。

また迷惑をかけた同僚にもお礼を伝えましょう。

会社から香典や弔電をもらった場合は香典返しとして菓子折りを持参すると良いです。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。