らっきょうとは?栄養や効果・効能は?便秘解消にいいけど食べ過ぎ注意!

みなさんはカレーライスの付け合わせは何にしていますか?わが家はカレーを食べるとき、らっきょうはなくてはならない存在です。

実はこのらっきょうは漢方薬にも使われるほど多く栄養や効能を持っているのです。その効能の高さから「畑の薬」とも呼ばれています。

そこで今回はらっきょうの魅力をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


らっきょうとは?旬はいつ?

らっきょうはネギ属の多年草の野菜です、ラッキョウのふくらんだ鱗茎(りんけい)は白くて、ニンニクやニラと同じような強い香りがします。この部分を主に食用とします。

漢字では「辣韭」と書き、「オオニラ」「サトニラ」などの別名で呼ばれることもあります。

中国が原産で日本の平安時代以前に薬用植物として中国から渡ってきました。その後、江戸時代頃には食用として使用されています。

らっきょうの旬は5月頃から7月頃まで6月頃が出荷の最盛期です。

最も多いのは鳥取県産で全体の約45%を占めているようです。

らっきょうの栄養成分

らっきょうには体に良い栄養分が沢山入っているのです。

らっきょうにはごぼうの3.5倍の食物繊維が含まれています。その食物繊維の中でも特に水溶性食物繊維が豊富で、「生の全食品の中でトップ」を誇ります。

また疲労回復や免疫力を高めるアリシン、アミノ酸、サポニン、ポリフェノールといった栄養素も豊富に含まれています。

らっきょうの持つ効果効能

便秘解消効果

先ほど述べたように、らっきょうにはごぼうの3.5倍の食物繊維が含まれています。

さらにその食物繊維の中で「水溶性食物繊維」が豊富で、硬い便を柔らかくする効能があるため、お腹の調子を整えてくれて、便秘解消効果が期待できます。

抗がん作用

らっきょうには、「フルクタン」と呼ばれる食物繊維が含まれています。

そのフルクタンが血中のコレステロール値、特にLDLコレステロールを下げる効果があることが日本栄養改善学会で発表されました。

さらにらっきょうには硫化アリルが多く含まれます、その硫化アリルはがんの活性酸素が引き起こす病害を防ぐ作用があるため、さらに強い抗がん作用があります。

疲労回復作用

らっきょうの特有な匂いの元は、硫化アリルの一種であるアリシンという物質です。

そのアリシンは疲労回復に欠かせないビタミンB1の吸収を高めるや、炭水化物の代謝を促してエネルギーの生成をサポートする効能があるため、疲労回復作用を持続させることができます。

またアリシンは食欲の増進や、油分の消化を助ける効果があるので、夏バテの予防におすすめです。

血液サラサラ効果

硫化アリルは血栓やコレステロールの代謝を促進し、血栓ができにくく、血液をサラサラにする働きがあります。

血液サラサラで、動脈硬化、脳血栓、脳梗塞などの予防に効果が期待できます。

食べ過ぎるとどうなる?1日の目安量は?

栄養や効果効能に優れたらっきょうですが、たくさん食べればいいというわけではありません。

過剰に摂取しすぎると消化液の分泌を促進するアリシンが胃の粘膜を過剰に刺激して、胃を荒らしてしまい、胸やけや胃もたれなどの原因になります。

体質によって違いますが、一般的には、大きいものなら、1日3粒程度、小さければ6粒程度が適量と言われています。

国産の無添加らっきょう

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国産らっきょう大粒1kg 無添加
価格:2376円(税込、送料別) (2018/7/14時点)

 

らっきょうはやっぱり国産で安心ですね。

こちらのらっきょうは化学物質無添加で、コスパが良い、食感も良く、まだの人絶対裏切らない味です。是非食べてみてください。

最後に

生らっきょうは成長が早く、すぐに芽が出てきてしまうので、買ってきたらすぐに加工したほうが良いです。

根付きらっきょうは、芽があまり伸びていないものが新鮮で、芽が伸びているものは避けましょう。

らっきょうの食物繊維のフルクタンは、水溶性であるため、漬けたりすると汁に溶け込んでいることになります。

なので、らっきょう漬けはらっきょうを食べた後、その汁を捨ててしまうのではなく、醤油に混ぜたり、ドレッシングにしたり、ポテトサラダに混ぜ込んだりといった工夫をして、らっきょうの栄養を効果的に摂取しましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。