スポンサーリンク

【本物?偽物?】Amazonセキュリティ警告メールの見分け方!

先日、「Amazonセキュリティ警告:サインインが検出されました」というメールが届きました!

最近自分がAmazonへアクセスしたことがないのに、何か怪しいなと思っていろいろと調べました。

分かったことをまとめましたので、ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

Amazonを装った詐欺メールが増えた

2022年2月現在、Amazonを装った詐欺メール「Amazonセキュリティ警告:サインインが検出されました」を受信するユーザーが増えているようです。

Amazon公式からの同じ件名のメールのフォーマットと酷似しているため、見分けにくいので、要注意です。

Amazonを装った迷惑メールの目的は、偽のサイトに誘導してログインIDやパスワード、クレジットカード番号、住所などの個人情報を抜き取ることです。

Amazonのなりすまし、詐欺メールと判断したら、URLのクリックやフォームへの入力などは決して行わず、即刻メールを削除して無視しましょう。

本物のAmazonセキュリティ警告メールの特徴


本物のAmazonセキュリティ警告メールは以下の特徴があります。

  • 送信元メールアドレスがAmazonのドメインでは無い
  • 警告メール本文にユーザーと紐付ける個人情報(氏名)が記載されていない
  • 本物には「自身の操作である場合は無視してください」と記載があるものの、偽物には「無視してください」の旨は一切記載されていない

但し、これだけでメールの真偽を判断するのは不十分です、次に解説する見分け方を使った判断方法が一番安全です。

Amazonを装った迷惑メールを見分ける方法

Amazonのアカウントサービスをチェック

そのメールが本物かどうか確実に見抜く方法はAmazonアカウントのメッセージセンターを確認すること。
Amazon公式サイトでは、Amazonから送られたメールを確認できる「メッセージセンター」が用意されております。Amazonセキュリティ警告を含む、Amazonから届く全てのメールはメッセージセンターで確認することができます。

  1. スマホでもパソコンでも、まずはAmazonにアクセスしログイン。
  2. メニューから【アカウントサービス】→【メッセージセンター】を開く。
  3. Amazon公式から届くメールはここの「すべてのメッセージ」で確認できます。

なので、ここに表示されないものは公式から送られたものではなく、全てフィッシング詐欺メールです!

なお本当に送られてきたメールで、しかも覚えのないサインイン履歴であったなら、パスワードをすぐに変更するなど、きちんと対応しましょう。

メールの送信元を確認する

そのメールが本物かどうか見分けるもう一つの方法は、メールの送信元のアドレスを確認しましょう。

Amazon.co.jpが使用する差出人Eメールアドレス:

  • amazon.co.jp
  • amazon.jp
  • amazon.com
  • business.amazon.co.jp
  • email.amazon.com
  • marketplace.amazon.co.jp
  • m.marketplace.amazon.co.jp
  • gc.email.amazon.co.jp
  • gc.amazon.co.jp
  • payments.amazon.co.jp

Amazonでは、主に以上の送信情報を使用してお客様に連絡しています。

差出人メールアドレスはいずれかが含まれていない場合は、フィッシングメールやなりすましメール可能性があります。

押してしまった場合の対処方法

もし万が一、詐欺メールに騙され、押してしまった場合は、迅速な対応が必要です。

押してしまってどこかのサイトに飛ばされた

この場合は、求められた入力項目などは一切無視してページを離脱しましょう。

個人情報などを入力しなければ問題ありませんが、気になる方はウイルススキャンをかけておきましょう。

何かのダウンロードが始まった

何かのダウンロードが始まった!その時はまずはネット接続を遮断しましょう。

有線接続ならケーブルを引き抜く、スマホならモバイル通信・Wi-Fi接続をOFFにしましょう。

解決するまでネットには接続せずに購入元のサポート等に相談して対応しましょう。

ログインID・パスワードを入力してしまった

不正ログインやアカウントが悪用されないように、アカウントを削除するか、パスワードをすぐに変更しましょう。

個人情報やクレジットカード情報などを入力してしまった

クレジットカードの場合、すぐにカード会社へ連絡し、カードの使用を停止しましょう。

個人情報が悪用される可能性があるので、もしなにかトラブルや気になる点があれば警察や消費者センターなどに相談しましょう。

最後に

今回はAmazonセキュリティ警告メールの本物と偽物の見分け方についてご紹介しました。

詐欺メールと判断したら、即刻メールを削除して無視しましょう。不正ログインの可能性がある場合に直ちにパスワードを変更すること。

どうしてもわからない場合、国民生活センターに相談しましょう。

国民生活センターは、国民生活の安定及び向上に寄与するため、生活に関する情報が集まる消費者庁所管の組織です。わからないことや困ったことがあれば相談してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました